「エコ宣言」に参加してください!!

只今の宣言登録数は

  • 0
  • 0
  • 1
  • 6
  • 3
  • 8

人です

(旧エコ宣言登録者数は1,914人)※2012/3/31時点

今すぐ登録!!

  • ログイン
  • 結果の閲覧
くすちゃんスペシャルウォールステッカープレゼント!!
くすちゃん

Twitter くすちゃん

京都大学環境エネルギー管理情報サイト公式Facebookページ

ゴーヤ育て日記ブログ

今日のいちにちいちエコ

トップページ  »  問う!

未分類

問う!

100人会議での議論を受けた具体的展開の一つとして、地域と連携した取り組みを本格スタートしました。モデルとするフィールドは、福井県鯖江市の河田地区。今回は教員・学生12人が2017年1月7~9日の3日間、現地に入り、調査や議論を重ねました。今回は偶然、地元の伝統行事「おこない」があり、厄払いのための餅まきに大興奮する一幕も。今後につながる滞在になったと思います。

 

鯖江市河和田地区をフィールドとしたのは、関係者と長い付き合いがあり、100人会議にも参加してくださっており、様々な取り組みが既に進められていることから。最初に取り組んでみることになりました。この地区は、眼鏡や漆器の産地として有名でユニークな地域です。

今年度の目標は、現在行われている関連する取り組みを全て洗い出し、現状把握すること。

 

【ステップ1】そこでまず、地域の様々な関係者の方とお話したり、主要な拠点を回ったりして、取り組み名や実施主体、内容等のデータベース化を進めました。

 

【ステップ2】それを、俯瞰的に認識できるようにと、横軸に対象者(地区外⇔地区内)、縦軸に日常/イベント(ケ⇔ハレ)をとり、一つの紙にまとめました。

 

【ステップ3】議論を深めていくため、それそれ確認しながら、現状や将来性の評価を、それぞれの視点で行いました。

 

【ステップ4】今後、これをまとめた上で、現地における環境・サステイナビリティ計画につなげるようなWSなどを展開する予定です。

福井新聞でも取り上げられました!

福井新聞でも取り上げられました!

聞き取りしながらマッピングする様子

聞き取りしながらマッピングする様子

「おこない」への参加前「おこない」への参加前

「おこない」に参加している様子「おこない」に参加している様子

「おこない」の餅の入ったお鍋を囲み、河和田地区の方の熱い議論に入る「おこない」の餅の入ったお鍋を囲み、河和田地区の方の熱い議論に入る


touhukuzi

非公開のお部屋で贅沢な討議の時間を

6/18(土)10:00~17:00

※入退場自由(概ね1時間ごとに内容を変える予定です)

◆どなたでも参加可能(先着108人)

◆新規参加者も募集!:ecocheck@eprc.kyoto-u.ac.jpにご連絡を 。本文にお名前と所属(学年/肩書き)をお書きください。

 

学生・教職員入り混じっての交流・討議の場が、なんと東福寺にて実現!まずは約1時間の座禅から・・・心身ともにリフレッシュしてスタートします。そして、普段入ることのできない空間で、深いもみじの緑に包まれながら特別な討議の時間を。

今回は、京都大学の環境・サステイナビリティに関するアクアションプランの実行計画を立案します。また、前回までにそれぞれの班で議論をしてきたプロジェクトを実行に移せる段階まで検討します。新たにプロジェクトを起こしたい学生・教職員の議題の持ち込みも歓迎です。【議題の持ち込み歓迎!】

 

◆プログラム予定

10:00~12:00 100人座禅&東福寺特別見学

12:00~13:00 参加者全員を知る(知らない人に一対一自己紹介タイム)

13:00~13:30 議題紹介

13:30~16:30 議題ごとの議論&企画書作成

16:30~17:00 成果紹介

 

◆議題(予定)【その他の議題の持ち込みも歓迎します】

○京都大学が考えるサステイナビリティやアクションプランのコンセプト

○アウトプットの形(冊子/書籍/レシピ本/アプリなど)

○今世紀末CO2排出量実質ゼロ化や国連SDGs達成のための研究や教育の在り方

○2030年CO2排出量26%削減に向けた省エネ対策の在り方(特に見える化、行動改善)

○学内食品ロス削減&循環プロジェクト

○北部食堂を畑にするプロジェクト(上記と一緒?)

○環境・サステイナビリティ教育の在り方(プロジェクト?)

○環境・サステイナビリティを目指す地域連携の在り方(プロジェクト?)

 

◆備考:なぜ、東福寺なのか? ≪文責:エコ~るど京大・後藤翔太(文学部)≫

今回は、ご縁があって、東福寺さんのご協力を得て、特別に場などを提供頂くことになりました。

 

東福寺は、1236年に創建された臨済宗東福寺派の大本山。その中には現代につながるエコな思想がたくさんあります。皆さんがご存じないと思われるわかりやすい例(看板より抜粋)をご紹介しておきます。他にも直接いろいろ伺える可能性がありますので、是非お楽しみにお越しください。

 

・東司(重要文化財)

東司とはトイレのことで、俗に百人便所(百雪隠)といわれる。禅宗叢林の便所では日本最古最大で、現存する唯一の遺構。当時の排出物は貴重な堆肥肥料であり、京野菜には欠かせない存在となっていた。京都の公家、武家、庶民の台所をおいしい野菜で潤していたのである。

 

・浴室(重要文化財)

禅宗伽藍の現存最古の浴室であり、現在でも使用できる程現代的なシステムが採用されている。所謂「サウナ風呂」である。当時は100人単位の僧侶が修行しており、沐浴に「お湯」を使用すると膨大な量となる。貴重な水はもとよりお湯を沸かすための薪の量も多く、東山三十六峰の山々が禿山になる可能性もあった。そのためお湯ではなく「蒸気」で体の垢をふやかし擦り落とすことで、お湯の使用量を格段に節約し、自然を大切にしてきた。

自然の中に人間は生かされ、自然に感謝して生きる。禅は人間のみのエゴを捨て去り、地球規模での輪廻を詠っているのである。

 

東福寺で禅を学び、環境について考え語り合いましょう。


約60人の学生・教員・職員、そして学外の専門家の皆様にご参加頂き、活発な議論を行って頂きました。これからビジョンやプランの仕上げを進めると同時に、2016年度からの具体的な活動に向けて準備を進めたいと考えております。引き続きよろしくお願いいたします!

【議論・結論の一例】

◆京都大学の環境・サステイナビリティを考えるにあたっては

短期 2050年(目標設定等は、2030年あたりをまずもって)

中期 2100年

長期 3000年(もっと?)

といった時間軸を念頭に。

◆食班からは・・・地産地消や旬な食、実践の輪を地域に広げていこう!

まずは北部食堂改造計画⇒全面を畑に?!常設直売所も。

◆ごみ班からは・・・正しい分別や負荷などが手にようにわかる特別ごみ箱を設置!生協の生ごみを学内で堆肥化し(総長堆肥)、食の循環を。まずは実験から。

◆CO2・エネルギー

・目標案:CO2排出量(総量)を、2013年比で2030年に26%削減する。

・可視化、京大発トップランナー制度、モデルビルや地域拠点の再エネなどについて、学内の専門家の知恵も活かす形で展開が可能では?

◆地域連携

・Win-winの関係で、地域の産業・教育等と結びついた事業モデルが必要

→2016年度は、単位認定にも結びつくような企画を実際に試行していきたい

◆教育

・知的好奇心を刺激するような仕掛けが最も重要、安全教育は必須

→まずは「京大生に一枚サステナ表(仮)」の作成などから・・・

【資料のダウンロードはこちら】


60人強の学生・教員・職員の皆様にご参加頂き、概要説明の後、テーマ別に方向性や具体的な取組について議論しました。テーマは、次の通りです。

【1】 全般(ビジョン・計画・アウトプット・調査)

【2】 環境配慮インフラ(建物、省エネ・創エネ、交通)

【3-1】 ごみ・3R、節水、購入

【3-2】 食

【4】 安全・健康(アメニティ・植栽、セイフティ、ウェルビーイング、化学物質)

【5-1】 コミュニケーション・連携(留学生多い)

【5-2】 教育(新入生向け素材提案ほか)

1時間弱でしたが、活発な議論で様々な意見を頂きました。

ほとんどの班の発表は学生・院生が実施。やや冗長な発表もあったかもしれませんが、参加型という意味でも意義深いものになったと思います。

【資料のダウンロードはこちら】