「エコ宣言」に参加してください!!

只今の宣言登録数は

  • 0
  • 0
  • 1
  • 6
  • 3
  • 9

人です

(旧エコ宣言登録者数は1,914人)※2012/3/31時点

今すぐ登録!!

  • ログイン
  • 結果の閲覧
くすちゃんスペシャルウォールステッカープレゼント!!
くすちゃん

Twitter くすちゃん

京都大学環境エネルギー管理情報サイト公式Facebookページ

ゴーヤ育て日記ブログ

今日のいちにちいちエコ

トップページ  »  その他のトピックス  »  海外トピックス

その他のトピックス

海外トピックス

2014年2月20日

海外トピックスVol.5

皆さんこんにちは!

今回はトルコの環境への取り組みについてご紹介します。
トルコといえば、多くの日本人が観光に行っていますよね。
先日もスタッフの1人が休暇の時にトルコに行ってきたので、その時に見てきたものをそのままご紹介させていただきます!

ゴミについて

トルコの公共ゴミ箱

道路には瓦礫や風邪で飛ばされた土、砂などは時々垣間見ることはありましたが、人間が出すようなゴミはほとんど落ちておらず、とても綺麗な町でした。現地のガイドさんにお話を伺ったところ、政府が企業に「ゴミを集める権利」を与え、集めたゴミを製品化する大きな企業があるとのことでした。

各家庭が分別して家の外に出したゴミをその企業が回収し、その原料ごとに燃料として使用したり、製品を作ったりしているそうです。(燃えるゴミは燃料、鉄は鉄屋に売る、プラスチックで新しい商品を作って販売する等など)。

企業からしたら、ゴミは大切な商品なので、町にゴミが落ちていればすぐに回収して、利用するそうです。よって町にはゴミが落ちていないのだとのこと。

以前、イタリアのある街でゴミを集めることを仕事としている人たちが、自分達の扱われ方に不満をもち、ボイコットをしたことがあったそうです。困った市長がトルコにわざわざ訪問し、このトルコのシステムを学び、イタリアに取り入れたというエピソードもあるそうです。

 

エネルギーについて

南の田舎地方(地中海、エーゲ海などは特に晴天が続く地方)にはよく太陽光発電機がどの家にもついていました。政府が援助しているわけではなく、お湯を沸かすために、個人で購入しているそうです。風力発電機は多くはありませんでしたが、時々田舎のちょっとした丘に1~4台ぐらい立っていたりしました。

家の屋根についた太陽光発電
[家の屋根についた太陽光発電]        [丘の上の風力発電]

 

企業の取り組みについて

ガイドさんいわく、企業の取り組みは日本とあまり変わらないとのことでした。私が泊まったホテルにも、さまざまな形で環境に配慮していることが伺える表示がありました。

[バスタオルについて]

  • 裏には一頭のシロクマが溶けかけた氷山にのせられた写真が載っていました。

 

[ベッドについて]

イスタンブル以外の田舎は、インフラ整備などはまだ不完全ではあるようでしたが、その他の点では、日本と同程度の環境の取組をしている国であると思いました。

原文:大塚瑠香  編集:奥本隼也


2013年5月10日

海外トピックスVol.4

今回は、Sherissa Alyssa Sia (シェリッサ・アリッサ・シー)さんにお話を伺いました。彼女はフィリピンのセブ島の大学生学部生で建築デザインについて勉強しています。

フィリピンは日本の南にある小さな島々が集まった国で、その島の一つであるセブ島は海が綺麗で、ビーチには多くの観光客が訪れます。

 

Question.1

「フィリピンにおける人々の環境に対する意識は?」

最近では環境問題に対する意識は高くなっていると感じています。地球温暖化などの問題も有り、政府も積極的に市民に呼びかけをしています。ショッピングモールの中にはスーパーのプラスチック袋にお金がかかる所もありますね。

 

Question.2

「身近な環境問題として思い浮かぶものは?」

ゴミ問題ですかね。私の島では3種類にゴミを分別します。ペットボトル(リサイクル)と、燃やすゴミ、燃やさないゴミです。分けたゴミは地域のゴミ出し場に集めて、収集人が来てゴミ処理場へ持っていきます。ただ、貧しい人たちは怠惰なためか、ごみ出し場までもっていくことはせず、自分の家の近くや畑でプラスチック製品などをもやしたりしています。

 

Question.3

「リサイクルについては、ペットボトルだけ?カンとかは?」

カンは燃やせないゴミとして捨てますが、ビンはデポジット制になっていますね。買ったお店に空ビンを返すとお金がかえってきます。ペットボトルや古新聞はリサイクル業者や新聞業者に売る事ができるので、個人的に各家に来て収集し、稼ぎにしている人もいます。

 

Question.4

「ゴミのポイ捨てとかは?」

道端よりも川に浮いているゴミを目にすることが多いですかね。海のゴミについては、観光名所という土地柄、観光ホテルが綺麗に掃除しています。

 

Question.5

「水の問題といえば?」

一番の問題といえば、サンゴ礁の減少ですね。気候・水温の減少というよりも、ビーチ周辺の建物建築、また現地の人々が観光客向けにサンゴをとって販売などしているので、とりすぎで年々減少しています。

他には、生活や工場排水は水の汚染や年5回程度の大雨による、足首、ひざ上浸水なども問題としてあげられるかと…。

 

フィリピンにおける人々の暮らしから伺える環境への取り組みは、案外日本と似ているようですね。

Photo: (CC) Some rights reserved by cebuuuuuuuuuum

※記事の内容はあくまで個人の見解であり、精密なデータに即しているわけではないことをご了承ください

文責:大塚瑠香


2012年10月11日

海外トピックスVol.3

イギリスの環境取組について

  • はいやってまいりました、海外トピックスVol.3です!
  • 前回の沈とはかなり文体が違いますが、そこも楽しんで読んでもらえたらと思います。

今回は、タイトルにもある通りイギリスの環境取組についての記事です。このサイトでECO PADの記事を担当している大塚がイギリスに留学に行った時に感じたことを教えてくれたり、写真を撮ってくれたりしたのでそれを紹介していきたいと思います!

基本的に文章は大塚の体験を基にしたもので、全て伝聞の口調にするのは読みづらいと思ったので、そのままの口調で書いています。読みにくい点もあるとは思いますが、ご容赦くださいませ。

それでは本文にまいります!

オックスフォード

まずは、彼女が一ヶ月ホームステイしたオックスフォードでのゴミ回収システムを紹介します。

分別は主に2種類で生ゴミとその他のゴミに分けられ、これを破ると基本的に罰金が課せられます。各家の前に置かれている二種類(紺または黒、と緑)の大きなゴミ箱にゴミを出すと、朝8時~9時ごろに収集人が集めて処理場へ持っていきます。紺、緑のゴミ箱それぞれで回収日が異なります。

これはオックスフォードに限らず、アイルランドでもあったことなのですが、空き家の前には必ずといっていいほどTO LETまたはLETTINGと書かれた看板が立っています。多い所ではひとつの道沿いに6つほど連続で看板が立っていました。海外では古い家を取り壊して、新たに自分の家を建てることはせず、空き家を安い値段で購入して住むのが一般的なようです。一度立てた建物を壊さず、繰り返し長く使う風習というものを実感しました。僕は昔住んでいた思い出の詰まった社宅が取り壊され、新しくマンションになっている様子を見てひどく悲しい気分になった記憶があるのでこのような習慣はとても良いと思うのですが、大塚の意見では「日本人の私からしたら、前に知らない人の住んでた家にはあまり住みたいとは思わないなー、彼らにとっては自然なことなんだね・・・。」とのことです。僕は日本人離れしているようですね(笑)

  • バス停のゴミ箱
  • 緑のゴミ箱             青のゴミ箱

日本ではよく待機電力対策ということでスイッチのついたタコ足配線が売られていますが(写真1)、オックスフォードではプラグ自体(写真 2)にスイッチがついていました。大塚のホストファミリーはまめにチェックしてスイッチを切っていたそうで、PCやカメラを充電しようとスイッチオンでアダプターを差したままで出かけたら、スイッチを切られて充電されてなかったことも多々あったそうです(笑)

  • .          写真1                   写真2

 

    ロンドン市内の公共ゴミ箱

    ロンドン市内もゴミがごろごろ落ちているわけではなく、比較的綺麗でした。

    ビン、缶ボックスのところには入りきらなかったゴミがおいてあったとか。これは日本でもたまに見る光景ですね。

     

    スコットランド

    • 水をまきながらブラシで道を掃除する人  歩道のゴミを回収する人

    早朝(~9時まで)が街中の清掃時間のようです。どの店もゴミ出しをし、新たに商品を入荷していました。また、黄色いジャケットを着た清掃員たちが町を掃除しているお陰で、大通りなどはとても綺麗でした。一方で清掃の手の届かない路地裏には夜に若者が食い散らかしたのか、ファーストフードの包装紙が落ちていたりもしました。簡単に清掃員の写真が撮れたことから、街にとって彼らが普通にいる存在であることが窺えます。

    • とあるレストランのゴミ回収車     路地裏

     

      アイルランド

      彼女がアイルランドを訪れたのは、セントパトリクスデイというお祭りがあった日だったので、少々普段の暮らしとは違ったアイルランドを紹介する形になるかもしれません。

      1.イギリスと同様、住宅街にはTO LETと書かれた家がいくつもありました。ここでも古い家を使う習慣があるようです。

      2.交通手段がユニークかつエコでした。写真は自転車タクシーと馬車。自転車タクシーはいくつか種類がありましたが、写真は4人乗り(+操縦者1名)でお客さんも頑張って漕ぐタイプのものです。他にも車の形をしたものもありました。また、歩道を歩いていると堂々と車道を走っていく馬車を非常に多く見かけました。タクシー乗り場ではなく、馬車乗り場のようなところが多々あり、馬がずらっと並んでいました。

      3.公共のゴミ箱には子供が描いたポスターが貼られていました。私の地元でも小学生が書いてくれたキャラクターをゴミ箱に貼ったりしていたことを思い出しました。子供の絵はその純粋さから大人の絵に比べて心に訴えやすいのかな、と大塚は言っていました。確かに子供は良くも悪くもまっすぐですよね。

      4.ECO ADVENTUREというツアーもありました。ただ、海外でのエコはエコロジー=生態系、自然といった意味合いが強く、内容的には自然体験学習に近いものでした。ちょっと「ECO」ということばのギャップを感じたりもしました。日本人が考えるエコは海外ではenvironmental friendly、またはsustainabilityという言葉の方が近いようです。

       

      感想やまとめなど

      写真を見た個人的な感想としては、さすが紳士の国というべきか、馬車やらゴミ箱のデザインとか、スタイリッシュでいいですねイギリス・・・!とまぁ、環境取組に関係のないことは置いといて・・・

      まずオックスフォードについて、家ひとつずつにゴミ箱があったということが驚きですよね。回収の手間が多い分、清掃業者は大変なだろうな・・・と、浅薄な意見ですが^^;

      また、子供の絵をゴミ箱に貼るというのは、日本でも取り入れたら良いのではないかな、とは思います。制度を根本から変えることは難しいですが、子供の絵を募集してコンテストを開き、優秀な絵には賞を与えたりして、みんなの絵をゴミ箱に貼りゴミを正しく捨ててもらおう、といったような小さな試みをもっともっと取り入れてみたらいいんじゃないかな、と個人的には思います。

      皆さんはどのようなことを感じたでしょうか?意見や批判など、コメント欄に思いの丈を残してみてもらえれば、幸いです。

      それではまた、次回の記事もお楽しみに!

      文責:平高直樹


      2012年8月18日

      海外トピックスVol.2

      カンボジアのゴミ問題と現地の人たち

      8月17日作成

      • 今回は、カンボジアでのゴミ問題についてお送りしたいと思います。
      • 私自身がこの春にカンボジアを訪れた際に聞いたり見たりしたことについて書いていきたいと思います。

       

      1.観光の町・シェムリアップ

      • カンボジアと言えば、アンコールワットでしょうか。
      • アンコールワットは、カンボジアで一番の観光都市シェムリアップにあります。
      • シェムリアップの町は観光客が非常に多く、町は私の想像以上にきれいでした。

      2012年2月19日撮影 シェムリアップの様子

      シェムリアップは道沿いに点々とゴミ箱が設置してあります。また、ホウキなどで掃除している方もみかけました。

      現地のガイドAさん(50代)は、

      「僕が子供の頃はゴミ箱なんかなかったよ。でも、外国の人がゴミ箱について教えてくれた。今は臭くないし綺麗だから気に入ってるよ。」

      と教えてくれました。もともと現地の方には、ごみ箱という概念はなかったそうです。

      • しかし、シェムリアップの中でも現地の方しかほとんど行かない地域では、ポイ捨てが当たり前でした。
      • フルーツの皮や種などは道のその辺にぽいっという感じです。

       

      2.普通の村・ローク村

      • カンボジアでも田舎のローク村というところを尋ねました。
      • 観光客はめったに訪れないような村です。
      • 写真のように、村の道にはあちこちにゴミが落ちていました。

      2012年2月撮影 ローク村の道

      村の方にお聞きしたところ、

      • 「別に汚いとか思わないよ。溜まってきたら、村のみんなで拾って、一か所に集めて燃やすんだ。」
      • 「えっ!じゃあ、ごみ箱を置いた方が早いのでは…?それに体に悪そう…」

      私はそう思い尋ねましたが、

      • 「そうかな…」

      という調子で、今の状況をなんとも不便とは思っていないようです。

       

      3.カンボジアのゴミ山問題

      • カンボジアと言えば、残念ながらゴミ山も有名です。
      • 一般にプノンペンのゴミ山が広く知られているのではないでしょうか。
      • 私は、ここ5年で新しくできたというシェムリアップのゴミ山を訪れました。

      シェムリアップのゴミ山

      • 煙のように見えるのは、ゴミから発生したガスです。
      • ゴミ山は強烈な臭いで、私はマスクをしながらも口呼吸をしていました。

      ゴミ山で仕事をする人々

      • このゴミ山では多くの方が働いていました。
      • ゴミ山の中に簡易な家をたてて、住んでいるかたも多くいました。

      働いている方に尋ねたところ、

      • 「自分が働きたい日に働いて、それで1日1ドルぐらい稼げる仕事だから楽しいよ。」
      • 「農業できない乾季の時期だけ働きにきている。大事な仕事だよ」

      など、予想に反して悲観的なことは聞かれませんでした。

      貴重な仕事のようです。

      こうした人々は、それぞれが担当を持っていて、ペットボトル担当・缶担当・ゴム担当などと分かれているそうです。そして、この人たちによってゴミは分別され、それぞれ業者に買ってもらって収入を得ているという仕組みだということです。

      驚くことに、シェムリアップに住む現地の人でもこのゴミ山の存在を知らない人の方が多かったです。

      もし日本で住んでいる県内にゴミのたまり場ができようものなら大ニュースだと思いますが、カンボジアの現地の方はあまり関心がないようでした。一緒にゴミ山に行ってくれた通訳の方も、ゴミ山について私たちに何か意見をいうことはありませんでした。

       

      4.カンボジアのゴミの現状をみて感じたこと

      • 私が実際に聞いたこと・見たことを書いてきました。みなさんはどう感じたでしょうか?
      • カンボジアの環境問題は、少し調べただけでもたくさんのことがでてきます。
      1. 今回は、環境問題のひとつのゴミ問題のほんの一部分についてのみでしたが、ただ
      2. カンボジア現地の今の雰囲気を知ってほしい、という思いで書かせていただきました。

      これからカンボジアが発展するにつれてゴミ問題に取り組む際に、日本も無関係ではないと私は感じているからです。

      私は専門家ではないですから、意見などを書くことは控えておこうと思います。この記事を通してみなさんが少しでもカンボジアの問題について興味をもっていただければ嬉しく思います。

      文責:沈 理恵


      2012年5月26日

      海外トピックスVol.1

      グルジアの環境に対する意識の問題点

      2/20(月)インタビュー 2/21(火)作成

      今回は、Rusudan Kevkhishvili(ルースダン・ケヴへイッシュウィリ)さんにお話を伺いました。彼女はグルジアからの国費留学生で、京都大学経済学部で勉強しています!

      みなさんはグルジアという国についてどのくらいご存知ですか?詳しくは調べてもらうのが早いとは思うのですが、とりあえず場所はここです。

      グルジアの綴りは“Georgia”です、このことを知る人はあまり多くはないのでしょうか? グルジアは、ソビエト連邦があった時代から続く、ロシアとの領土問題を抱える、南カフカース地方に位置する共和制国家です。

      Question.1

      「まず始めの質問として、グルジアと日本を比べて、環境問題に対する人々に意識の違いを感じたりすることはありますか?」

      「ある。まずグルジア人は、環境に対する配慮を全くしていないと思う。ゴミを捨てる時にゴミの分別もないし、路上にゴミを捨てたりする人がいっぱいいる。でも不思議なことに、路上にあるゴミ箱は日本より多い。30mおきくらいにある。」

      これは不思議なことを聞きました…。ゴミ箱があるならそこに捨てればいいのに。そう思ってしまうのは、僕が日本人だからなのでしょうか。つまるところ、設備が整っていても、環境に対する配慮、もしくはモラルが欠けているのならば、環境問題は改善されない、ということなのでしょうね…。ちなみに、風が強い日にはpaper bagsが宙を舞うそうです。

      Question.2

      「では次の質問に。一般的に主に知られている環境問題として、グルジアではどんな問題が顕著だと思われますか?例えば、地球温暖化だとか、大気汚染だとか。」

      「グルジアでは、森林破壊はあると思う。小さな村の人とかは、その木材を暖房に使ったりする。その木材は違法だけど、勝手に切って使ったりしてる。木材を使わなければ、ガスや電気を使うしかないし、そうするともっとお金がかかる。あとこれとはまた別の話だけど、街じゃなくて村の家とかでは、running water(家で出る水)がない。外で汲んだりしてくる。」

      やはり、「お金がかからない道を選ぶ」という方法を取るのが人としての性なのでしょうか…?ですが、自分たちの生活を守るために適度に環境に依存する、というのは、昔からの日本の里山でも取られて来た方法ですし、昔の日本の住民と里山との関係は、ひとつの理想的な状態のひとつと個人的には考えていますので、単に規制せずに共存するという方法も、途上国だからこそ、先進国がリードすれば取れるのではないか…というのが私見です。

      ちなみにグルジアの新大統領は「新しい町」を作るという宣言をしているらしく、Rusoさんはそのお金を今ある街の設備に使った方がいいのではないか、という意見だそうです。確かにそうかも。

      Question.3

      「先ほどの話に戻ります。ゴミは分別されていないとのことですが、どのように収集され、またそこからどのように処理されているのでしょうか?」

      「ゴミは日本と同じで、ゴミ収集車が集める。その後田舎の方とか、トビリシの外に捨てられる。文字通りゴミの山状態になってしまっている。」

      これは途上国全体に見られる問題のひとつなんでしょうね…。「ゴミを捨てる場所」をグルジア語で“nagavsayreli”というらしく、画像検索の結果出た画像が下のものです。

      こうして見るとリアルに感じられますね…。

       

      ★裏話★

      この取材は彼女がグルジアにいる時にしたのですが、突然Skypeが切れて何事かと思ったら「停電だった:D」とチャットが飛んできて驚かされました。あちらでは珍しくないことのようですね。電気関係ですが、グルジアにおける主な発電の方法は、水力発電だそうです。さすがmineral waterとワインを売りにする国、水が盛んに活用されているのですね。

      今回、第一回はSkypeでの取材という初の試みでしたが、思いのほかきちんと聞けてよかったです。Skypeでも取材ができるということで、方法の幅も広がりそうです。次回もがんばります!ご期待ください!

      ※記事の内容はあくまで個人の見解であり、精密なデータに即しているわけではないことをご了承ください

      文責:平高直樹