「エコ宣言」に参加してください!!

只今の宣言登録数は

  • 0
  • 0
  • 1
  • 8
  • 3
  • 1

人です

(旧エコ宣言登録者数は1,914人)※2012/3/31時点

今すぐ登録!!

  • ログイン
  • 結果の閲覧
くすちゃんスペシャルウォールステッカープレゼント!!
くすちゃん

Twitter くすちゃん

京都大学環境エネルギー管理情報サイト公式Facebookページ

ゴーヤ育て日記ブログ

今日のいちにちいちエコ

トップページ  »  エコ~るど京大  »  その他

エコ~るど京大

その他

ご家庭に眠っている木の製品や木を加工するための道具をご寄付ください

プラスチック利用の削減や海洋プラスチックごみ問題が叫ばれる今日この頃ですが、京都大学においても、代替の可能性を秘めた「木」に着目し、プラスチックの代わりに木を使う暮らしを見直すための試みを始めております。その一環として、新入生に木製品が持つ様々な環境へのメリットを伝えると同時に、実際に暮らしに取り入れる後押しをする企画を実施しております。

 

つきましては、身近な木製品を、大切に長く使うことで発揮される炭素固定の効果をPRするため、ご家庭で使っておられない木製品を新入生らにご寄贈いただけませんでしょうか?また、より木製品への愛着を持ってもらうため、学生自ら加工・補修を行ってもらうような企画も考えており、木工道具も集めたいと考えています。学生が大切に使わせていただきます。さらには、4月に実施する新入生向け企画及び5月に開催する全学的企画(初夏の陣)で、木工品作りをご指導・ご支援いただける方も募っております。是非、ご検討ください。

 

【1】ご寄付頂きたいものの例

・木でできた製品(用途も大きさも問いません):日用品、食器、箸、家具、楽器などなど

・のみ・かんな・鉄ヤスリ・紙ヤスリ・のこぎりなどの工具(まだ使えるものに限る)

・ワックスやニスなど(天然のものに限る)

※ただし、物や状態によっては受け取りや利用を断念する場合もあります。ご了承ください。

 

【2】お手伝い・ご指導頂きたいことの例

・木製品の加工、製造

・木製品の修理 など

※お手伝い・ご指導の日程(予定)

①2019年4月2日~4日 午前9時~午後4時(いずれか1日や半日も歓迎)

②2019年5月の平日正午~午後6時(いずれか1日も歓迎)※可能な日程や全体のスケジュールで調整させて頂きますので、まずはご都合のつく日程をお知らせください。

 

受付期間:2019年4月20日まで

受付方法:具体的な内容を、メールにて、エコ~るど京大/京都大学経済学部2回生 横井晴紀(yokoi.haruki.23x@st.kyoto-u.ac.jp)までお知らせください。

  • 何かをご寄贈頂ける場合:頂けるものについてのご連絡をお願いいたします。
  • 何かをお手伝い頂ける場合:内容・日時のご連絡をお願いいたします。

 

ご注意:

【1】については、内容確認後、次にご送付頂きます。送料はご負担いただくことになります。もしくは、指定の時間・場所(吉田キャンパス内)にお持ち込み頂くことも可能です。

〒606-8501 京都市左京区吉田本町 京都大学 物理系校舎北棟7F 地球環境学堂 浅利研究室内 エコ~るど京大木工部 横井 宛

電話番号 075-753-7703/075-753-5922

 

【2】については、ボランティアが前提となりますが、エコ~るど京大限定グッズをプレゼントする予定です。

 

【主催】エコ~るど京大


2019年3月6日

COP24 報告

COP24記念 DO YOU KYOTO?キャンペーンのご報告

文責:京都大学 土村萌、奥野真木保、京都造形芸術大学 三好拓真

2018年12月にポーランド・カトヴィツェにて、気候変動枠組条約第24回締約国会議(COP24)が開催された。難航したものの、一定の合意に達したことは、まだ皆様のご記憶に新しいことだろう。このように国と国との調整は、政治的要素を含めて、様々な交渉が必要となり、重要ではあるが、時に停滞してしまう。他方、その停滞に巻き込まれず、地に足をつけて着実に推進していくための取り組みもあり、その代表例が自治体間や、民間の交流や協働である。

 

この度、私たちは、COP24開催を記念し、ポーランドと日本・京都との協働プロジェクト「DO YOU KYOTO?キャンペーン」を、産官学連携で展開した。ポーランドでの展開については、こちらをご参照頂きたい。精力的な活動により、DO YOU KYOTO?が京都以上に浸透したかもしれない。また、11月末には、ポーランドからの訪問団が来られ、東京及び京都で、記念コンサートを行った。京都での取り組みは、ポーランド同様、5月からスタートし、COP24開催直前まで継続した。特に、梅小路小学校、安朱小学校、京都大原学院の生徒さん及び先生方、関係者には、大変お世話になり、私たちも多く学ばせて頂いた。この場をお借りして、御礼申し上げたい。これらをまとめ、後述するポーランド訪問時に持参した紹介資料は、こちらからご覧いただける。

★DO YOU KYOTO?についてはこちらへ http://doyou-kyoto.com/

さらに私たちは、12/3~12/9の約7日間、つまりCOP24開催期間中に、産官学連携メンバーでポーランドのワルシャワ、クラクフ、カトヴィツエの3都市を訪れた。この訪問も、DO YOU KYOTO?親善大使であるポーランドのカナさん(Katarzyna Michniewskaさん;Eko Cykl Packaging Recovery Organisation Inc.社長ほか)の協力により実現した。また、京都大学 浅利美鈴先生をはじめ、様々な環境問題に取り組む企業の方々や京都市の方とともに、現地企業やカトヴィツエ市の方々などとも交流を進めることができた。

カトヴィツエは石炭火力発電がいまだに主流であることもあり、多くの家庭や事業所の煙突から常に黒煙が出ている様子が見受けられた。これも印象が大きかった1つだった。まさにCOP24が行われていた中で、実際に各国、各都市で直面している環境課題であると感じた。2019年5月には、京都市で「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」第49回総会が開催されるが、このポーランド訪問で得られた知見を活かし、DO YOU KYOTO?キャンペーンをより推進していきたいと考えている。

 

≪ポーランド訪問の詳細報告≫

 

ツアー行程概要
12/3:フィンランド・ヘルシンキ空港経由でポーランド・ワルシャワに到着
12/4:(午前)ワルシャワ市内の環境取り組み視察
(午後)リサイクル工場見学と日本大使館訪問
(夜)現地主催の交流会
12/5:(午前)ショパンハウスにて日本とポーランドにおけるDO YOU KYOTO?キャンペーンの成果報告会
(午後)ワルシャワからクラクフに電車移動
12/6:(午前)SDGs研修として、アウシュヴィッツ強制収容所見学
(午後)COP24サイドイベントにてDO YOU KYOTO?キャンペーン発表
(夜)カトヴィツエ市主催の交流会
12/7:(午前)マンガミュージアム(日本文化会館)訪問
(午後)カトヴィツエ市Palace of Youthにて、教師向けシンポジウムとポスター展示、カトヴィツエ芸術大学訪問
(夜)キャンペーンのとりまとめを兼ねた報告会
12/8:クラクフ市内の環境取り組み視察
12/9:クラクフからワルシャワへ電車移動、フィンランド・ヘルシンキ空港経由で日本到着


 

 

<We are looking for some foreign students as monitors. If you are interested in, please see below.>

 

Have you ever experienced local life in Japan? If not, or if you like, you should visit Kawada word in Sabae city, Fukui prefecture.

http://kawada-t.jp/

 

Kawada is the countryside community in Japan. It is abundant with nature and culture. You can experience a variety of Japanese traditional culture and food, which you cannot find in urban areas. In addition to this, you can communicate with local people in Kawada. The link below will direct you to some of the reports about international students’ experiences in Kawada last year.

http://eco.kyoto-u.ac.jp/?p=4750

http://eco.kyoto-u.ac.jp/?p=4738

http://eco.kyoto-u.ac.jp/?p=4669

http://eco.kyoto-u.ac.jp/?p=4627

 

We, Ecole de Kyodai, have some projects here with local NPO, craft man and government. As a part of our activities, we promote international students to travel and discover Kawada.

Our counterpart, NPO “Kawada Yume green” collaborate with us and support your travel. Feel free to contact them through facebook when you need support for planning and visiting.

https://www.facebook.com/kawadayumegreen/

 

Here you can find basic information about Kawada.

  • Access

From JR Kyoto/Osaka station

Take the “Thunderbird”, the express train bound for Kanazawa.

Get off at the Sabae station.

You can also enjoy local train if you have enough time.

 

Take the bus at the JR Sabae station, and get off at a bus stop in Kawada to start your trip in Kawada community. Or you can approach to “Shikki” culture at a bus stop “Urushi no Sato Kaikan”. Or you can enjoy hot spring at “La Pause Kawada”. Please check URL below and receive the latest timetables.

http://www.city.sabae.fukui.jp/users/tutujibus/time/time-index.html

JR Sabae Station Kawada Urushi no Sato Kaikan La Pause Kawada
8:30   8:49 8:54
9:50 10:23 10:26 10:34
11:11 11:42 11:45 12:01
13:15 13:48 13:51 13:59
14:21 14:52 14:55 15:11
15:15 15:48 15:51 15:59
17:01* 17:32* 17:35* 17:51*
18:43* 19:05* 19:08* 19:15*
19:15 19:39 19:42 19:49

 

  • Recommended accommodation
  • Guesthouse “Zakuro”

https://www.airbnb.com/rooms/27000520?adults=1&guests=1&locale=en&s=jfa1N1NQ

 

  • Wan de En

https://www.airbnb.com/rooms/8976438?adults=1&guests=1&locale=en&s=jfa1N1NQ

 

  • La Pause Kawada

https://www.travelko.com/locale/en_US/hotel/264246/

 

 

  • Activities

You can experience various types of activities in Kawada, such as culture, food, agriculture and so on.

  • “Shikki”

“Shikki” is Japanese traditional dishes. In Kawada, you can make your “Shikki”. If you want to experience making “Shikki”, contact “Nokishita Kobo” or “Urushi no Sato Kaikan”.

https://tabica.jp/travels/6748?fbclid=IwAR1F9xPLCbOtLS6QsngRG-q47GhJIt57aG5WSsRfCOhZE2BUdLHY976Qr1o

http://echizen.org/workshops/

 

  • Agriculture

In Kawada, you can experience agriculture, too.

If you are interested in agricultural experience in Kawada, contact NPO “Kawada Yume green”

https://www.facebook.com/kawadayumegreen/

 

  • Food

Kawada is famous for soba, yamauni and so on. You can enjoy yamauni in “Wan-Wan”. And, you can enjoy soba in “Tetsuya”. Furthermore, you can experience making traditional foods if your schedules match. Please contact “Yumegreen” to reserve cooking.

・Wan-Wan (9:30 ~ 16:30, regular holiday is every Tuesday )

https://www.city.sabae.fukui.jp/kanko/gourmet/wanwan.html

・Tetsuya(11:30~14:00, 17:00~21:30, regular holiday is every Wednesday)

https://www.fukuishimbun.co.jp/feature/fu/gourmet?id=58e490687765615003ef0000&f=fdc

 

  • Events

There are so many traditional, seasonal and cultural events, For example…

March 3rd 2019: “Dezomeshiki” : Firefighters in Kawada hold a parade and publish their training. You may be able to communicate with local people in this festival.

March 9th and 10th 2019: “Sakekasu Festival” : Sakekasu is byproduct of sake. Various Japanese traditional foods are made from this byproduct. You can enjoy sakekasu and foods made from it.

Please check more to visit http://kawada-t.jp/.

Or you can ask local NPO through facebook (https://www.facebook.com/kawadayumegreen/).

 

  • Transportation in Kawada
    • Shared car
    • Rental bicycles

If you want to use these transportation, please contact “Kawada Yume green”.

https://www.facebook.com/kawadayumegreen/

 

Restaurants and organizations introduced here may tell you information of Kawada. When you travel in Kawada, visit them and communicate.

We hope you visit Kawada and have a great trip!

 

  • Expenditure

Travel from Kyoto and stay two nights: \15,000-30,000 including cultural experiences and meals

 

<We are looking for some foreign students as monitors. If you are interested in, please see below.>

We offer full travel expenses and staying fee to the first six candidates as monitor. If you interested in this program, please contact us! (ECOCHECK@eprc.kyoto-u.ac.jp and masa06graham09@icloud.com)

 

*Required:

  • International students in Kyoto University
  • Stay in Kawada for three days (two nights)
  • Go to Kawada until March 10th 2019
  • Try to enjoy both cultural and local activities and report later
  • Answer the questionnaire after the trip.

復興の背中を押す「がんばろう」看板と、HARUのみなさんと一緒に、南浜つなぐ館にて記念撮影

 

私たちは、6月16日から6月18日の三日間、東北研修として宮城県石巻市、南三陸町などを訪れた。この東北研修のきっかけはエコ~るど京大の企画の一つである「ブルーシーフードの缶詰カレー作り」にあたって、缶詰を作って頂く工場を訪ねたいという思いであった。同時に、石巻の復興の象徴でもある工場の訪問に加えて、震災から7年以上が経過した現在の石巻の復興の状況や石巻に住む人々の思いなどをできるだけ近い立場で知り学ぶことも大きな目的の一つとなった。個人的には出身が大阪であることもあり、東日本大震災はテレビのニュース上の出来事で実体験を伴うものではなかった。だからこそ、現在の東北の状況を目で見て、感じたいという目的を持ってこの研修へ参加した。

 

三日間の私たちの行程は次の通りである。

一日目:石巻へ移動。

二日目:徒歩で石巻市内を歩いて状況を見つつ、南浜つなぐ館へ。そこで東北大学地域復興プロジェクト“HARU”の皆さんと合流し、南浜つなぐ館を見学。その後、津波が来たときに石巻に住む多くの人々が逃げたという日和山に登り、昼食。午後は、復興公営住宅に住んでいる方々と交流し、震災のこと、最近の楽しみなど様々なことについてお話を聞いた。その後、缶詰製造を委託する石巻木の屋水産の方々との交流と夕食。

三日目:石巻市の魚市場や市内見学・取材、石巻木の屋水産の缶詰工場の見学を行った。また、南三陸町へも移動し、株式会社アミタの南三陸BIOという地域循環システムの構築を目指した施設の見学を含めた訪問を行った。

大変充実した研修となったが、お世話になった関係者の方や出会った方々に御礼申し上げたい。

 

Study trip to TOHOKU, 16th-18th June

 

From June 16th to June 18th in 2018, we visited Ishinomaki-shi, Minamisanriku-cho, Miyagi prefecture as a part of our Tohoku fieldtrip. During this fieldtrip, we had the chance to visit a factory that can make canned food for “Canned curry of blue sea food” which is one of the projects of Ecole de Kyodai. At the same time, in addition to the factory visit inspection, we were also able to learn about Ishinomaki’s reconstruction. As we know, Ishinomaki had to reconstruct after the earthquake and Tsunami that happened in March 2011. We learned the people’s thought and feeling who lived in Ishinomaki during the earthquake by personally talking to them.

 

On the first day: We arrived in Ishinomaki. On the second day: We walked around Ishinomaki City. We walked to the Minamihama Museum and see the situation there. At the Museum, we joined the people of Tohoku University Regional Reconstruction Project “HARU”, and we visited the Tsunagu Kita – kan. After that, we climbed to the mountain side that many people living in Ishinomaki had escaped during the 2011 tsunami. We sat and took lunch there. In the afternoon, we interacted with the people living in the reconstruction public housing, and we heard stories about various things such as the earthquake disaster and recent enjoyment. After that, we had casual dinner and discussion with the people of the Ishinomaki warehouse who consigned canning production. On the third day: we visited a canning factory in Ishinomaki Fisheries of after observing the fish market. We also moved to Minami Sanriku-cho and visited a facility named Minami Sanriku BIO Co., Ltd. of Amita Corporation. My overall impression (Abiyan Arfani)The field trip was an amazing experience for me. I learned a lot by having discussion with the local people who have experienced the 2011 Tsunami, people who are working in the fisheries industry, and also students from Tohoku University. I really think that it is important for students to have this type of fieldtrip where we all can exchange perspective which will broaden our way of thinking.

 

東北大学の復興サークルHARUさんとともに石巻市南浜町にある

「南浜つなぐ館」を訪問

 

日和山に登って、復興途上の街を眺める

 

訪問の詳細や感想を含むレポートはこちらからダウンロードできます。

 

レポートまとめ/文責:奥野真木保・農学部森林科学科・1回


遅くなりましたが、今年度使用しているリーフレットです。

 

日本語版

 

 

英語

 

今年は、メンバーも大幅に増えて大変賑やかですが、いつでも仲間も、アイデアも募集しています。是非お気軽にご連絡ください。


1 / 3123