「エコ宣言」に参加してください!!

只今の宣言登録数は

  • 0
  • 0
  • 1
  • 6
  • 3
  • 9

人です

(旧エコ宣言登録者数は1,914人)※2012/3/31時点

今すぐ登録!!

  • ログイン
  • 結果の閲覧
くすちゃんスペシャルウォールステッカープレゼント!!
くすちゃん

Twitter くすちゃん

京都大学環境エネルギー管理情報サイト公式Facebookページ

ゴーヤ育て日記ブログ

今日のいちにちいちエコ

トップページ  »  未分類

エコ~るど京大

未分類:2017年01月

京都大学総長カレーブルーシーフード版販売記念企画

/

201727日~219

京大カフェレストラン「カンフォーラ」(正門横・時計台前)

/

京都大学総長カレーブルーシーフード版販売記念企画

/

人気の京大総長カレーにブルーシーフード版が加わることになりました。

このカレーは、海の環境を守ると同時に、将来の海洋を含む環境問題の探求や行動に繋がることを願うものとなっています。キャンペーン期間には、豪華賞品のあたる企画やオリジナルワークショップを予定しています。キャンペーン後も、WEBや各種イベントを通じて、進化・深化を図る予定です。

/

京都大学総長カレーブルーシーフード版740円(税込799円)本体価格の中に5円の環境基金を含む

(写真はイメージです)

/

◆京大総長ブルーシーフードカレー物語

海洋資源・環境の保全に関する学びと行動のきっかけにと、学生・院生や教職員の有志からなる「エコ~るど京大」は、(一社)セイラーズフォーザシー日本支局や京都大学生協等と連携し、京都大学総長ブルーシーフードカレーの開発を進めてまいりました。お馴染みの「総長カレー」は第24代総長の尾池和夫先生の協力のもと開発されましたが、今回は、現総長である山極壽一先生にアイデアから味までを監修頂いています。

山極先生のメインの研究フィールドであるアフリカで召し上がったココナッツベースのカレーを志向することとなり、試行錯誤や様々な方のアドバイスで、ブルーシーフードであるホタテ、スルメイカ、ゴマサバが主役のカレーが誕生しました。最初の試食時、開口一番に山極総長がおっしゃったのは、「食べて終わりではなく、考え学び行動するきっかけとなる仕掛けを」とのこと。提供方法にもこだわったカレーをめざし、京都水族館や美術作家等の参加・協力を得て、特別な空間、特別な学びの仕掛けを準備してきました。

皆様のご参加をお待ちしております。

 

◆検定【本カレーご注文の方】参加で10円引き

京大生が出題する日替わり検定問題に挑戦。毎日、最初に満点の回答を提出した方(お支払い時)にその場で千円のQuoカードをプレゼント!それ以降も高得点で豪華賞品や特典をご用意しています。

 

◆学習ワークシート

京都水族館下村館長と京大生が作ったブルーシーフードのお魚たちに関するワークシートを用意しています。カンフォーラでお食事された方には、1人1枚まで、どなたにでも無料で差し上げます。気軽にお声かけください。

 

◆ちりもんGo!

2月18日15:30~16:30

京都水族館下村館長の指導で、ちりめんじゃこに潜む数々の海のいきものを捜索し、専門的に分析します。

【参加無料】定員25名・当日参加可能 ★事前申込優先

 

◆「おさかな飾り」を作ろう

2月18日14:30~15:30

美術作家のとだまきこさんの指導で、素敵なお魚飾りを作りましょう。

【参加無料】定員25名・当日参加可能 ★事前申込優先

 

★事前申し込みは、①参加者全員のお名前、②年代/学年、③緊急連絡先、④参加希望イベント(ちりもん・おさかな飾り)を記載したメールを下の問い合わせ先にお送りください

 

◆リーフレットのダウンロードはこちら

◆ポスターのダウンロードはこちら

 

【お問い合わせ・お申し込み】

エコ~るど京大(事務局:京都大学環境安全保健機構附属環境科学センター)

TEL:075-753-7703

e-mail:ecocheck@eprc.kyoto-u.ac.jp

 

 


100人会議での議論を受けた具体的展開の一つとして、地域と連携した取り組みを本格スタートしました。モデルとするフィールドは、福井県鯖江市の河田地区。今回は教員・学生12人が2017年1月7~9日の3日間、現地に入り、調査や議論を重ねました。今回は偶然、地元の伝統行事「おこない」があり、厄払いのための餅まきに大興奮する一幕も。今後につながる滞在になったと思います。

 

鯖江市河和田地区をフィールドとしたのは、関係者と長い付き合いがあり、100人会議にも参加してくださっており、様々な取り組みが既に進められていることから。最初に取り組んでみることになりました。この地区は、眼鏡や漆器の産地として有名でユニークな地域です。

今年度の目標は、現在行われている関連する取り組みを全て洗い出し、現状把握すること。

 

【ステップ1】そこでまず、地域の様々な関係者の方とお話したり、主要な拠点を回ったりして、取り組み名や実施主体、内容等のデータベース化を進めました。

 

【ステップ2】それを、俯瞰的に認識できるようにと、横軸に対象者(地区外⇔地区内)、縦軸に日常/イベント(ケ⇔ハレ)をとり、一つの紙にまとめました。

 

【ステップ3】議論を深めていくため、それそれ確認しながら、現状や将来性の評価を、それぞれの視点で行いました。

 

【ステップ4】今後、これをまとめた上で、現地における環境・サステイナビリティ計画につなげるようなWSなどを展開する予定です。

福井新聞でも取り上げられました!

福井新聞でも取り上げられました!

聞き取りしながらマッピングする様子

聞き取りしながらマッピングする様子

「おこない」への参加前「おこない」への参加前

「おこない」に参加している様子「おこない」に参加している様子

「おこない」の餅の入ったお鍋を囲み、河和田地区の方の熱い議論に入る「おこない」の餅の入ったお鍋を囲み、河和田地区の方の熱い議論に入る