「エコ宣言」に参加してください!!

只今の宣言登録数は

  • 0
  • 0
  • 1
  • 6
  • 3
  • 9

人です

(旧エコ宣言登録者数は1,914人)※2012/3/31時点

今すぐ登録!!

  • ログイン
  • 結果の閲覧
くすちゃんスペシャルウォールステッカープレゼント!!
くすちゃん

Twitter くすちゃん

京都大学環境エネルギー管理情報サイト公式Facebookページ

ゴーヤ育て日記ブログ

今日のいちにちいちエコ

トップページ  »  問う!  »   身近な森林とそこから得る山の幸を見直す

問う!

身近な森林とそこから得る山の幸を見直す

柴田/地球環境学堂・農学研究科(両任)・教授

私たちは古来、身近な自然から資源を得て、生活を維持してきた。先進国と言われる日本ではそれらの多くは石油資源に取って代わられ、人間が共生することによって維持されてきた自然は荒廃の一途である。旬の食べ物は喜ぶくせに、その源となる自然をみないのはやはりおかしい。身近な食から地球レベルでの環境保全まで、国内外を問わず、様々な地域の人々の身近な自然と培ってきた関係を通して、私たちの営みを見直してみたい。