「エコ宣言」に参加してください!!

只今の宣言登録数は

  • 0
  • 0
  • 1
  • 9
  • 4
  • 7

人です

(旧エコ宣言登録者数は1,914人)※2012/3/31時点

今すぐ登録!!

  • ログイン
  • 結果の閲覧
くすちゃんスペシャルウォールステッカープレゼント!!
くすちゃん

Twitter くすちゃん

京都大学環境エネルギー管理情報サイト公式Facebookページ

ゴーヤ育て日記ブログ

今日のいちにちいちエコ

トップページ  »  エコ~るど京大  »  イベント告知

エコ~るど京大

イベント告知

6月の環境月間にちなんで毎年開催している、エコ~るど京大「初夏の陣」。

今年のオープンラボは初のオンライン開催となります!

 

様々な分野から、SDGs(Sustainable Development Goals、持続可能な開発目標)の目標数にちなんで17人の先生が登場!

それぞれの先生の研究について、SDGsや持続可能性といったものについて、インタビュー形式で聞いていきます。

 

京都大学の創立記念日にあたる6月18日(木)とその週末6月20日(土)、2日間にわたる集中講義?!(単位は出ません)で「持続可能性」やSDGsについて考えたり、大学での学問や京大らしさといったものに触れたりしてみませんか?

 

 

【タイムテーブル】

 

2020年6月5日更新 !!登壇する先生の情報、第1弾を公開!!

・浅利美鈴先生 地球環境学堂 (ごみ問題、環境教育)

・酒井敏先生 人間・環境学研究科 (フラクタル日除け、大気・海洋の力学的構造)

・野中鉄也先生 工学研究科 (鉄ミネラル)

・宮野公樹先生 学際融合教育研究推進センター (学問論、大学論、異分野融合)

・山敷庸亮先生 総合生存学館 (惑星水資源、太陽系外惑星)

 

2020年6月8日更新 !!登壇する先生の情報 第2弾を公開!!

・大山修一先生 アジアアフリカ地域研究研究科 (生業研究、環境利用)

・佐野宏先生 国際高等教育院 (言語論、古代の日本語)

・高橋良和先生 工学研究科 (土木構造物、メタボリズム)

・久野愛先生 経済学研究科 (経済史、食品産業)

・矢野浩之先生 生存圏研究所 (セルロースナノファイバー、木材)

 

2020年6月9日更新 !!登壇する先生の情報、第3弾を公開!!

・石見拓先生 健康科学センター (疫学研究、蘇生科学)

・熊谷誠慈先生 こころの未来研究センター (仏教学、ブータン学)

・田島知之先生 宇宙総合学研究ユニット (霊長類学、食物分配)

・角山雄一先生 放射線同位元素総合センター (放射線教育、生物影響)

・福島誠子先生 野生動物研究センター (国立公園、エコツーリズム)

・矢野順也先生 環境科学センター (廃棄物、ライフサイクルアセスメント)

 

エコ~るど京大のTwitterにて登壇される先生方の紹介を行っています。

こちらもご覧ください。

 

【実施概容】

日時:6月18日(木)、20日(土)

参加費:なし

対象:どなたでも可

オンライン講義の出席方法:基本的にYouTubeによるZoom生放送の閲覧。

Slidoというサービスを使用すると、コメントを通じて先生方との双方向のやりとりも可能!

※京大生は先着でZoomから参加し、直接先生に質問が出来ます!(詳細は後日公開)

参加申し込みはこちらから→https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfJ5C0dug2LSwlsITc6lsZJEQGjtcdgJrtJ5ntYO7edvexG4Q/viewform

 

◎時間割(両日ともに同じ)

1限 08:45~10:15

2限 10:15~11:45

3限 11:45~13:15

4限 13:15~14:45

5限 14:45~16:15

6限 16:15~17:45

7限 17:45~19:15

8限 19:15~20:45

オンライン交流会 20:45~

 

山極壽一京都大学総長より、開講宣言としてメッセージをいただいております。

 

国連が掲げるSDGs。地球上の誰一人として取り残さずに持続可能な世界を実現するため、17のゴール・169のターゲットが2030年までに達成すべき目標として挙げられています。

一方で、6月18日に京都大学は創立123年を迎えます。そのなかには、それぞれの時代によって地球の環境を維持しようと、京都大学が世界に貢献できるように努力をしてきた歴史があります。基本理念には「地球社会の調和ある共存」という言葉もあります。

 

…このふたつには共通するものがあるのではないでしょうか?

 

京都大学に走る様々な学問に触れて、興味をひとりひとり見つけて、できることを考える。それが積み重なれば、大きなものにつながっていく。一緒にそんな2日間にしましょう!

 

今回は特に、まだキャンパス内での授業を受けることができていない新入生をメイン対象とし、大学の先生との交流を通じて、大学の雰囲気や学問、京大らしさに触れてもらえたらと思います。

もちろん新入生以外、学外の方の参加も歓迎です!

 

興味のある分野の話を聞くも良し、ずっとかかえている疑問を投げかけるもよし、とりあえずどんな学問があるのか眺めてみるのもよし、「教授ってどんな人間なのか」「研究ってなんなのか」そんな問いを考えるのもよし。

 

2日間とも90分×8コマで24時間!!個性豊かな先生たちとともに駆け抜けよう!!

 

◎講義1コマの内容

<前半>

エコ~るど京大が行っているキャンペーン「#かばんの中のプラ」を題材に、先生のかばんの中をのぞいてみます!先生の持ち物ってどんな感じなのでしょう?

先生を意外と身近に感じることができたり、先生の研究分野ならではのもの・個性的なものまで飛び出すかも!

これを皮切りに先生ひとりひとりの研究内容を詳しく聞いていきます!

<後半>

少し話題を転換して…先生が興味のあるSDGsのゴールについて話してもらいます!研究内容と関係あるものも、ないものも、そのこころは??

そして「持続可能性」という言葉にも迫っていきます。

先生が研究し始めてからもち続けている軸や信念、考え、絶対にゆずれないものは?逆に、変わってきたものは?

SDGsの期限である2030年までに、変わっていくもの、変わっていくべきもの、持続させるべきものとは…

 

 

主催:エコ~るど京大

事務局:地球環境学堂 浅利美鈴研究室

 


Kawada(河和田)

Kawada is a countryside community in Fukui, Japan. It is abundant with nature and culture. You can experience a variety of Japanese traditional culture and food, which you cannot find in urban areas.

From this winter to next spring, some events are going to be held. Each of them is very Japanesey. You can experience indigenous ritual, feel arts, make traditional cuisine, and so on. The good point of events in rural area is that you can experience them so closely. I think almost all of you have visited Japanese festival or events in urban area. Maybe, most of what you did were just seeing. In rural area, you can join it actually, feel more closely, experience practically.

Moreover, we will offer you the chance to talk with local people in Kawada. How often do you talk with elderly people? They know a lot about Japan having lived in Japanese style for life long. If you like Japan, they will stimulate your interest.

In this webpage, we introduce three of the events in Kawada. Moreover, we prepare special offer for people who participate in our program (see section: Special Offer). If you’re interested, please join us and travel Kawada.

<Upcoming Events>

  • •Okonai (おこない): Ritual of indigenous religion, Shinto
    Date: January 12, 2020
  • •Kyogen (狂言): Traditional comedy theatre
    Date: January 25, 2020
  • •Yamauni (山うに): cooking traditional condiment
    Date: Every day except for Tuesday until April(you need reservation)

See below for more information.

You can find more information about Kawada in this website.

Kawada Yume Green: http://kawada-yumegreen.org/

 

 

Special Offer (you can enjoy some events for free)

You can enjoy events we introduced above for free, if you travel Kawada and post on SNS about activities. Moreover, you can have a chance to join in the party with local people and talk with them for free. If you are interested in this program, contact with us(ECOCHECK@eprc.kyoto-u.ac.jp and masa06graham09@icloud.com).

<Required>

  • •International Students in Kyoto University and groups including such students.
  • •Post on SNS in English and your mother tongue.
  • •Travel Kawada until next April.

*This offer is carried out with subsidy from MAFF. This subsidy called “令和元年度農山漁村振興交付金(subsidy for rural development and tourism)” and this is valid until 31st March.

 

 

Okonai (おこない): Ritual of indigenous religion, Shinto

Date: January 12, 2020

Place: Shikiyama Shrine, Fukui

Access: From JR Sabae Station, take a 30 mins bus ride to Kawada, and 6 mins on foot.

Shinto (神道), literally means “the way of the gods,” is the indigenous faith of the Japanese people. At Shikiyama shrine in Kawada, they have a unique ritual called “Okonai.” Okonai is a service of exorcism. In Shinto religion, certain ages are believed to be unlucky. Men and women who are in these ages gather in the shrine to get exorcised and purified. Then the men throw mochi (もち, Japanese rice cakes).
from the balcony in the shrine and crowds of people gathered there pick them up to get as many as possible.

You can join this ritual seeing the service up close in the shinden (神殿), the shrine building and picking up mochi among the locals. After Okonai, you can visit and enjoy talking with the locals acquainted with Ecole de Kyodai. They will also kindly cook the mochi you picked for you. It will be a special opportunity to getting to know the Japanese culture deeply

 

Kyogen (狂言): Traditional comedy theatre

Date: 1:30-3:30 pm, January 25, 2020 (Workshop begins at 2:15 pm.)

Place: Multi-purpose Hall in Urushi no Sato Kaikan

Access: From JR Sabae Station, take a 30 mins bus ride to Urushi no Sato Kaikan.

Kyogen is a type of traditional Japanese comedy theater. “Nushi (塗師, lacquer-paint craftsman)”is a Kyogen play in which Echizen lacquerware comes up and it is on the UNESCO’s Intangible Cultural Heritage lists. “Nushi” is performed every year as a revitalization project of Kawada area, which is famous for its lacquerware. After the performance of the play, they will have a workshop about Kyogen. During the workshop, you can try on the special clothing for Kyogen (limited to two people).

It is a rare and great chance to enjoy a Kyogen performance even with the clothing. You will have a wonderful cultural experience, which is a little different from those in Kyoto. Don’t miss it!

 

Yamauni (山うに): Cooking traditional condiment

Dates: Every day except for Tuesday until April (Reservation required)

Place: Multi-purpose Hall in Urushi no Sato Kaikan

Access: From JR Sabae Station, take a 30 mins bus ride to Urushi no Sato Kaikan.

Fee: \3500 including traditional cuisine for lunch

*Only for groups of 5 or more people.


One of the local cuisines in Kawada is “Yamauni”(山うに). Maybe, almost all of you haven’t heard of it. However, this food is becoming popular recently. This is a condiment made from Chili pepper and Yuzu – ゆず, citrus fruit popular in Japan. Fukui prefecture adopts this food as “Fukui Brand”, and All Nippon Airline uses this condiment in First class in-flight meal. You can enjoy cooking yamauni by booking through “Kawada Yume green”(Kawada Yume Green Facebook).

This time, Kawada Yume Green adds a lunch of traditional meals to this cooking class and makes a good value plan (3500yen, \1000 off than usual). If you have interest in this, contact with Kawada Yume Green and try it!

 

 

Reviews

The links below will direct you to some of the reports about international students’ experiences in Kawada including foods, crafts, and ritual.

・ Survival at SABAE

・ Immerse Yourself to Japanese Tradition

・ Memorable Sabaebal Snow Wonderland

・ 2-DAYS SABAEBAL: A WILD BEAUTY, MAJESTIC, FRIENDLY,…!

 

 

Access

From JR Kyoto/Osaka station, take the “Thunderbird”, the express train bound for Kanazawa and get off at the Sabae station. Take the bus at the JR Sabae station and get off at Kawada to start your trip in Kawada community.

Other recommended bus stops are “Urushi no Sato Kaikan”, a museum of Shikki (漆器, lacquerwere)and “La Pause Kawada”, where you can enjoy hot spring.

 

Click below for details about timetable of bus stop
Bus Timetable

*Please check URL below and receive the latest timetables. (Japanese)

http://bit.ly/2PyUMMw

 

 

Transportation in Kawada 

Restaurants and organizations introduced here may tell you information of Kawada. When you travel in Kawada, visit them and communicate.
We hope you visit Kawada and have a great trip!

 

 

Recommended accommodation

 

 

More Activities

You can experience various types of activities in Kawada, such as culture, food, agriculture and so on.

  • •“Shikki”(漆器)
    “Shikki” is Japanese traditional dishes. In Kawada, you can make your Shikki. If you want to experience making Shikki, contact Nokishita Kobo or Urushi no Sato Kaikan.
    ・Nokishita Kobo: http://bit.ly/35wwk41
    ・Urushi no Sato Kaikan: http://echizen.org/workshops/
  • •Agriculture
    In Kawada, you can experience agriculture, too.
    If you are interested in agricultural experience in Kawada, contact NPO “Kawada Yume green”
    https://www.facebook.com/kawadayumegreen/
  • •Food
    Kawada is famous for soba, yamauni and so on. You can enjoy yamauni in “Wan-Wan”. And, you can enjoy soba in “Tetsuya”. Furthermore, you can experience making traditional foods if your schedules match. Please contact “Yumegreen” to reserve cooking.
    ・Wan-Wan (9:30 ~ 16:30, regular holiday is every Tuesday )
    http://bit.ly/2EpL9cZ
    ・Tetsuya(11:30~14:00, 17:00~21:30, regular holiday is every Wednesday)
    http://bit.ly/2Z3rLvF
    Or you can ask local NPO through facebook (https://www.facebook.com/kawadayumegreen/)

 

 

Contact us

If you are interested in this program, please contact us!

 

 

*This project is supported by MAFF and organized by Kawada Yume Green, a local NPO, Ecole de Kyodai, and the Asari Laboratory in Kyoto University Graduate School of Global Environmental Studies.


エコ~るど京大と大丸京都店(京都市 四条烏丸の百貨店)では、

2019年11月13~26日に「プラスチックごみ削減ウィークス」と題し、

プラスチックごみを減らす取り組みを行います。

ぜひ大丸京都店へ足を運び、一緒にプラスチックについて考えましょう!

大丸のホームページでの告知はこちら

 

以下、取り組みの詳細一覧です。

 

 

 

エコバッグ引き取り&リユース

日程:2019年11月23日(土)、24日(日) 午前10時~午後5時

場所:大丸京都店 一階四条東入口

 

ご家庭に眠っている、使わないエコバッグをお持ちください(一人10点まで)。

集めたエコバッグは、使い捨てレジ袋の使用を減らすために

エコ~るど京大がリユースします。

ご協力いただいた方には、大丸の地階食品フロアで使えるお買い物サポートチケットのプレゼントも!

 

 

アンケートに答えて京大一合枡をもらおう

日程:2019年11月23日(土)、24日(日) 午前10時~午後5時

場所:大丸京都店 一階四条東入口

 

プラスチックに関するアンケートに答え、プラスチックとの付き合い方を見直してみませんか。

ご協力いただくと、各日先着100名様限定で、京大一合枡をプレゼントします。

皆さま、奮ってご参加ください!

京大一合枡について詳しくはこちら

 

 

プラスチック問題に関する展示

日程:2019年11月20日(水)~26日(火)

場所:大丸京都店一階 四条東入口

 

プラスチック問題の基本をわかりやすく説明しています。

プラスチックをなぜ減らすのか、どうやって減らすのか、誰が減らすのか?

プラスチック問題について、一緒に考えませんか。

 

京大プラヘラス宣言」も併せてご覧ください。

 

 

 

大丸京都店でのその他の取り組み

◎生分解性プラスチックストローの使用

日程:2019年11月20日(水)~26日(火)

場所:大丸京都店 各階喫茶・8階レストラン街

 

期間中、大丸7階レストラン街にて、ストロー使用の要否をお聞きします。

使い捨てプラスチックとして代表的なストローを、リデュースしましょう!

 

ストローをご使用の方には、生分解性プラスチック原料である

「FORZEAS™」を使ったストローをお渡しします。

このストローには、トウモロコシ由来のバイオマス原料が使われており、

プラスチックの原料である、石油などの枯渇性資源の使用を減らせます。

また、微生物の働きで水とCO₂に分解されるため、

通常のプラスチックよりも環境への悪影響が小さくなります。

 

しかし!

ぜひまずは、資源を使わずごみも出さない「リデュース」に挑戦してくださいね。

 

 

◎エコバッグ持参推進

日程:2019年11月20日(水)~26日(火)

場所:大丸京都店 地階食品サービスカウンター

 

食品フロアでのお買い物にエコバッグを使って、

使い捨てレジ袋の使用を減らしましょう!

「袋、いりません。」を習慣にしてみませんか。

 

期間中、地階サービスカウンターにて

エコバッグ利用促進キャンペーンスタンプカードをお渡しします。

エコバッグを持参してお買い物をしていただく度にお会計時に押印します。

10個たまると地下和洋菓子売場で使える100円分のスイーツ券を差し上げます。

詳しくは売場係員まで。


エコ~るど京大では、BRANCH松井山手にて地域の方々と一緒に

SDGsについて考え、行動する「つづくプロジェクト」を実施しています。

 

今回は、つづくプロジェクトVol.3

「知って遊んで食べてみて!はじめてのブルーシーフード」と題して、

令和元年11月9日(土)に、京田辺市のBRANCH松井山手(https://www.branch-sc.com/matsuiyamate/)にて、

ブルーシーフードに関連したイベントを行います!!

 

第3弾の今回は、Goal.14 「海の豊かさを守ろう」にちなみ、

ブルーシーフード」を紙芝居で紹介します。

 

日ごろの食材選択で、海洋環境・資源の保全に

貢献できる方法を提案している「ブルーシーフード」について

一緒に学んでみませんか?

 

お子さま向けの「おさかなパズル」もご用意していますので、

ぜひお越しくださいませ!

 

日時:11月9日(土) 11:00〜16:00

場所:BRANCH松井山手

参加費:無料

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

数量限定で、株式会社カンブライトとエコ〜るど京大共同制作の

「ブルーシーフードカレー」を、京大生協より出張販売いたします!

①牡蠣のココナッツカレー

②カツオのトマトカレー

③ワカメのキーマカレー

の3種類が1セットになった、

おいしく、たのしく、地球にやさしいカレーとなっています。

是非お買い求めくださいませ。

 

ブルーシーフードカレーにつきましては、こちらをご覧ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 


6月は環境月間です。エコ~るど京大は、5月のオープンラボに引き続き、6月もSDGsに関連したイベントを多数行います。朝から夜までSDGs尽くしの「京都大学超SDGsシンポジウム」、衣服とのかかわりを見つめなおす「パタゴニア Worn Wear College Tour」「京都着物企画とのコラボ Kistory ver.」といった注目企画が目白押し!6月も初夏の陣に足をお運びください!

 

こちらが「初夏の陣」6月編のイベント一覧です。(詳細は下記参照)

・京都大学 超SDGsシンポジウム「資源・エネルギー問題と持続可能性」

  パネルセッション

  国際ワークショップ「レジリエントな低炭素社会の構想」

  SDGs事始めワークショップ

  超SDGs道場

  超SDGsネットワーキングディナー

Patagonia Worn Wear College Tour

  Worn Wear 無料リペア

  プロビジョンズ無料試食会

  エコ~るどチャリティーフリマ

  パタゴニア トークイベント「気候変化への取り組み~パタゴニアが考える企業の責任~」

  食のワークショップ「なぜ食に取り組むのか?」

Kistory ver.

・食品ロス削減キャンペーン

 

初夏の陣6月編のリーフレットはこちらからDLできます。

 

====================================================================

サイエンスアゴラ in 京都

京都大学 超SDGsシンポジウム「資源・エネルギー問題と持続可能性」

====================================================================

SDGsシンポジウム各イベントの申込はこちらのアドレスから!

https://forms.gle/JpN6WyLbqb4at8kW7

 

2019627日(木)

 10:0010:10 開会

 10:1012:30 パネルセッション

 「資源・エネルギー問題を起点に、パートナーシップでSDGsに挑む」

 13:3014:30 国際ワークショップ「レジリエントな低炭素社会の構想」

 14:3016:15 SDGs事始めワークショップ

 16;3017:45 SDGsに関するもやもや感を少しでも解消!「超SDGs道場」

 18:00-    超SDGsネットワーキングディナー

場所:京都大学時計台百周年記念館

 

***各イベントについて***

◆開会 北野正雄 京都大学理事・副学長(10:0010:10 1Fホール)

 

◆パネルセッション(10:1012:30 1Fホール)

 「資源・エネルギー問題を起点に、パートナーシップでSDGsに挑む」

資源・エネルギー問題に関する国や地域、企業の最先端の取り組みを知り、それらをもとにSDGs達成、その先のゴールを見据えた議論を行い、産官学連携(パートナーシップ)のヒントを見つけ出します。

 

【登壇予定者(敬称略・順不同)】

末吉竹二郎 気候変動イニシアティブ/WWF代表

門川大作  京都市長 

山下良則  株式会社リコー社長 

山本昌宏  環境省環境再生・資源循環局局長  

高瀬幸子  近畿経済産業局通商部企画官 

真先正人  科学技術振興機構(JST)理事 

諸富徹   京都大学地球環境学堂教授

酒井伸一  京都大学環境科学センター教授 

 

対象:どなたでも可

事前予約優先。定員(450人)になり次第締め切り。

 

◆国際ワークショップ「レジリエントな低炭素社会の構想」(13:3014:30 2Fホール)

「レジリエントな低炭素社会の構想」

若手研究者を中心とした気候変動・資源循環に関するポスターセッションです。

ポスター登録は610日(月)まで可能です。

 

言語:日本語・English

対象:どなたでも可。見学は当日参加可能。

 

SDGs事始めワークショップ(14:3016:15 2Fホール)

SDGsの基本理解を図ると同時に超SDGs的視点を得る足掛かりを得るためのワークショップ。学生と社会人の混合チームで、国際ワークショップのポスターを活用しながら困っている人を「誰一人取り残さない」プロジェクトを考え出しましょう!豪華賞品アリです。

対象:どなたでも可

事前予約優先。定員(60人)になり次第締め切り。

 

◆トークセッション「超SDGs道場」(16:3017:45 2Fホール)

SDGsに関するもやもや感を少しでも解消!「超SDGs道場」

SDGsに対する様々な疑問や意見、違和感などについて前代未聞の全員参加型でとことん議論します!

*道場メンバー

 宮野公樹(京都大学学際融合教育推進センター)

 エコ~るど京大メンバーほか

対象:どなたでも可

事前予約優先。定員(100人)になり次第締め切り。

 

◆超SDGsネットワーキングディナー(18:00- 2Fホール)

議論を交わした仲間と、こだわりのSDGsディナーを楽しんで!

ブルーシーフードカレーの試食もあります。

【参加費:2000円・学生無料*】

*学生は国際ワークショップ・事始めワークショップ・超SDGs道場のいずれかに参加した人に限ります。

事前予約優先。定員(200人)になり次第締め切り。

 

超SDGsシンポジウムのより詳しい情報はこちらのページへ。

===================================================

パタゴニア Worn Wear College Tour

===================================================

パタゴニア各イベントの申込はこちらのアドレスから!

https://forms.gle/Nd7SigFqm8T3HznVA

 

613日(木)・14日(金) 10:0016:30

場所:国際科学イノベーション棟1階ラウンジ

 

***常設イベント***

Worn Wear 無料リペア

衣類・鞄を無料でパタゴニアの針子さんがリペアしてくれます(他社ブランドも可)。ものにも環境にも優しいリペアを体験してください。セルフリペアの方法も学べますよ!

*無料リペアには一日にできる数に限りがありますので、希望者多数の場合は事前予約を優先させていただきます。

 

◆プロビジョンズ無料試食会

パタゴニアはプロビジョンズという食品事業も手掛けています。その食品を試食しながら担当者とお話してください!下記のワークショップとともにパタゴニアの環境への取り組みに触れてください!

 

◆エコ~るどチャリティ―フリマ

エコ~るど京大は物理系校舎北棟7階の東奥の部屋でフリマをしています。そのフリマが出張して古着を1100円で販売、売り上げを環境保全団体に寄付します。買った服をそのままリペアブースに持ち込んで自分だけのアレンジもできます!

 

***特設イベント***

◆パタゴニア トークイベント

「気候変化への取り組み~パタゴニアが考える企業の責任~」

講演者:パタゴニア環境・社会部門 佐藤潤一

日時:613日(木)16:3018:00

 

◆食のワークショップ

「なぜ食に取り組むのか?」

ゲスト:パタゴニア プロビジョンズマネージャー 近藤勝宏

日時:614日(金)12:0013:30

 

===================================================

Kistory ver.

===================================================

Kistoryは京都着物企画とのコラボ企画。

日本中にあるタンスに眠っている着物を、着物が持つ思い出を大切に次世代に受け継いでいこうというものです。今年は祇園祭に合わせて夏にKistoryを浴衣で行います!この夏に浴衣を着られるようになりませんか?

 

日時:623日(日)11:3015:00

場所:京都大学吉田キャンパス 

   物理系校舎北棟7708号室、8階東奥の会議室

内容:浴衣贈呈・着付け練習会 

参加費:寄贈者の方へのお礼のはがき代

男性は腰紐1本、女性は腰紐2本を各自ご用意ください。

男性は角帯もご用意をお願いします。

 

ご予約はこちらから

https://docs.google.com/forms/u/0/d/1TskVcvW-Oj1sRXO_s3qO0n1lGjqPflHT3uMKzmUJjus/edit

 

===================================================

食品ロス削減キャンペーン

===================================================

国際連合食糧農業機関(FAO)と京都大学の共催で、6月は食品ロス削減キャンペーンを実施。3日の開会式では食品ロスについて、基礎知識から普段と違う視点まで多角的な話が聞けます。食の流通に詳しいゲストスピーカーをお招きした座談会やワークショップもご用意。ワークショップでは、食品ロス削減に関するアート製作もできます。

 

日時:63日(月)12:15~16:00

場所:東一条館1階 会議室

参加費:無料

昼食:有り(数量限定)

お申し込みはこちらから

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSc4wDnVwKLfwlqb1Lfz1h6yKjWnnKlHZvXo819mvqgS2KxcgA/viewform

 

====================

エコ~るど京大事務局:京都大学環境安全保健機構附属環境科学センター

TEL : 075 753 77035922   FAX : 075 053 7710

HPhttps://eco.kyoto-u.ac.jp/

メール:ecocheck@eprc.kyoto-u.ac.jp

====================