「エコ宣言」に参加してください!!

只今の宣言登録数は

  • 0
  • 0
  • 1
  • 8
  • 6
  • 0

人です

(旧エコ宣言登録者数は1,914人)※2012/3/31時点

今すぐ登録!!

  • ログイン
  • 結果の閲覧
くすちゃんスペシャルウォールステッカープレゼント!!
くすちゃん

Twitter くすちゃん

京都大学環境エネルギー管理情報サイト公式Facebookページ

ゴーヤ育て日記ブログ

今日のいちにちいちエコ

トップページ  »  エコ~るど京大  »  イベントレポート

エコ~るど京大

イベントレポート

2019年6月27日に開催した国際ワークショップ「レジリエントな低炭素社会の構想」のプロシーディングスを公開しました。

The proceedings of the International Workshop on Visions of a Low-carbon and Resilient Society, which was held by the Graduate
School of Global Environmental Studies and Ecole de Kyodai on the 27th of June, are now available here.

 

 

English below.

気候変動が現代世界の人類にとって最も恐るべき課題の一つであることは明らかです。この課題に取り組むため、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の会議が、ここ30年ほどの間に世界の様々な都市で開催されました。2019年5月に京都市で開催されたIPCC第49回総会(IPCC-49)に連動して、京都大学では、4月中旬から6月下旬にかけて“京都大学IPCCウィークス”を企画し、学内では20のイベントが行われました。気候変動を含む環境問題に重点をおいた日本の主な大学院の一つとして設立された地球環境学堂は、そのイベントの一つとして、国際ワークショップ「レジリエントな低炭素社会の構想」を開催しました。このワークショップは、キャンパスの持続可能性を促進することを目的とした全学ネットワークである「エコ~るど京大」等との協働によって実施されました。

 

ワークショップの主要テーマは、近年、重要性を増している緩和・適応・資源循環の3つです。若手研究者や大学院生から多数のポスター発表の応募があり、慎重な査読を経て30件が選ばれ、公共団体・企業・市民団体による多彩な施策やプロジェクトの分析が行われ、論議される素晴らしい機会となりました。ワークショップの会場には、100名以上の方が足を運び、ポスター発表に耳を傾け、発表者と討論しました。

 

発表者および参加者、支援者の皆様には、このイベントが成功裡に終えられたことに感謝の意を表します。

 

国際ワークショップ実行委員会

京都大学大学院地球環境学堂教授

宇佐美 誠

 

Climate change is obviously one of the most formidable challenges to humankind in the contemporary world. To address this enormous challenge, sessions of the Intergovernmental Panel on Climate Change (IPCC) have been held in various cities around the world for almost three decades. In a spirit of celebrating the 49th Session (IPCC-49) held in Kyoto City in May 2019, Kyoto University observed Kyoto University IPCC Weeks from the 23rd of April to the 17th of June, during which twenty events were held across the university. As one of these events, the Graduate School of Global Environmental Studies, which has been long established as one of major graduate schools that focus on environmental issues including climate change, decided to sponsor the International Workshop on Visions of a Low-carbon and Resilient Society. The workshop was planned and conducted in its collaboration with Ecole de Kyodai, the university-wide network aimed to promote campus sustainability.

 

This workshop has three major themes, namely mitigation, adaptation, and material cycle, which is also of great significance in these days. A large number of poster proposals were submitted by young researchers and graduate students, and thirty proposals were selected after careful blind review. The result was an extraordinary event in which a great variety of policies and projects in public, private, and civil society sectors were analyzed and discussed. During the workshop, more than one hundred people studied posters, listened to presentations, and enjoyed discussion with the presenters.

 

I am heartily grateful to teachers and students working in Ecole de Kyodai, especially Professor Misuzu Asari, who as the network’s leader collaborated with me in the whole process of organizing the workshop, and to Bunei Nishimura and Ami Shirai, who both greatly helped us. I also thank the Graduate School of Global Environmental Studies for its sponsorship. Furthermore, my gratitude is extended to all of the presenters and visitors for contributing to success in the event.

 

Organizer

Makoto Usami

Professor and Chair of Global Environmental Policy

Graduate School of Global Environmental Studies

Kyoto University

 

 

 


2019年9月12日

マニラ研修の報告

8月11日から4日間、今後の各種取組の知見やネットワークを得るため、フィリピン・マニラを訪問した。主な訪問先について報告する。なお、今回のマニラ研修は、アジア開発銀行(ADB)の中尾総裁からのお声かけが発端となっており、貴重なきっかけを頂き、また、現地でも貴重な経験や知見を頂き、大変感謝している。また、F.R.P. Philippines Corporationの山分信幸さんとドライバーのマリオさんに、ほぼ全日程において現地でのサポートをして頂いた。さらに、渡航に係る資金については、ヒューリック㈱からの寄付金を当てさせていただいた。他にも多くの方々から様々な形で支援を頂いた。ここに重ねてお礼を申し上げたい。

報告書はこちらからご覧いただけます。

ぜひご覧ください。

2019年8月フィリピン・マニラ研修レポート

 

マニラ研修の報告

 

8月11日から4日間、今後の各種取組の知見やネットワークを得るため、フィリピン・マニラを訪問した。主な訪問先について報告する。なお、今回のマニラ研修は、アジア開発銀行(ADB)の中尾総裁からのお声かけが発端となっており、貴重なきっかけを頂き、また、現地でも貴重な経験や知見を頂き、大変感謝している。また、F.R.P. Philippines Corporationの山分信幸さんとドライバーのマリオさんに、ほぼ全日程において現地でのサポートをして頂いた。さらに、渡航に係る資金については、ヒューリック㈱からの寄付金を当てさせていただいた。他にも多くの方々から様々な形で支援を頂いた。ここに重ねてお礼を申し上げたい。

 

◆ADB訪問について

農学部資源生物科学科2回生 西本早希

8月12日にフィリピンのマニラにあるアジア開発銀行(ADB)の本部を訪問しました。ADBは、1966年に、1)資金と知識の提供、2)より良い政策の促進、3)地域協力・有効の推進を通じてアジア地平用地域の途上国の発展を支援すること を目的に設立された国際開発金融機関です。現在、68の国と地域が加盟し、中でも日本は最大の出資・拠出国の1つであり、職員数も最大数となっています。また歴代総裁も輩出しており、現総裁である中尾武彦総裁は第9代目となります。今回の訪問では、中尾総裁にお会いし、アジアや世界が抱える問題の現状、その問題に対するアジア開発銀行が行うアプローチを伺い、また私たちの取り組みを紹介いたしました。

環境問題、水、食糧問題の各分野の責任者や担当者から話しを伺うことができました。特に印象的だったのは、私の専門でもある食料・農業分野の担当者の方のお話です。アジアの国々では急激な人口増加に伴い、より多くの食料供給が必要とされている一方、栄養バランスの偏りによる生活習慣病も問題となっています。また、生産した農作物を消費者に輸送・販売する間で発生する食品ロスも問題となっています。このような問題を解決するために、ADBでは農村開発と食料安全保障のための方策を打ち出していると教えていただきました。そして方策を打ち出すだけでなく、異常気象に耐えられる品種の開発やスマートフォンを利用した気象予測など、生産者に直接技術提供をしている話も伺いました。金融機関として資金を提供するだけでなく、方策を打ち出し、実際に技術面から支援していることに驚くとともに、これが本当の開発支援であると気づかされました。

そして、どの分野の方のお話にも共通して言えることは、統合的な問題解決を重視されているという点でした。つまり、上下水道普及、気候変動対策、交通インフラ整備などをバラバラに行うのではなく、連携して行おうということです。問題に対し1つずつアプローチするよりも統合的にアプローチする方が、効率的かつ迅速であり、早急な開発が求められる発展途上国では理想的な方法であると感じました。

その後、中尾総裁をはじめ、ADBで働く日本人の方々と昼食をとりながら、ADBでの経験や自身が大学生の頃のエピソードなどを伺いました。特に英語を使う重要性について皆様から様々な意見を頂き、国際機関で働く今でも英語を学ぶ努力を怠らない姿勢に感銘を受けました。

国際的な問題解決を目指すADBならではの統合的な目標・方策を知ることができたことはとても印象的でした。また様々な国籍・使命を持った人たちが、あらゆる問題解決のために活動するADBで働く方々は、皆さんエネルギーにあふれていて魅力的でした。とても貴重な経験・アドバイスを得ることができました。

 

◆GAIA訪問について

農学部森林科学科2回生 奥野真木保

8月13日にGAIA(Global Alliance for Incinerator Alternatives)のオフィスを訪れ、Miko Aliñoさんと#breakfreefromplasticの活動を行っているTiaraさんのお話を伺った。GAIAとは、世界90カ国、800以上の市民団体やNPO法人、個人からなる国際的なネットワークである。ゼロウェイストを目標としており、ごみや汚染問題の解決策を見つけることを積極的に取り組んでいる。Mikoさんからは、ゼロウェイスト(Zero Waste)とは何なのか?達成するには何が必要であるかなどを紹介いただいた。ゼロウェイストは環境を改善する以外にも、職業を生み出すことなど、様々な相乗効果があるいうことが理解できた。

Tiaraさんは、#breakfreefromplasticにおいて、ストローやレジ袋などのシングルユースプラスチック削減に向けた活動を行っている方だ。お話の中で特に印象に残っているのは、フィリピンのSilliman Universityでの取り組みを紹介頂いたことである。この大学では、シングルユースプラスチックの使用を禁止するということを学長が宣言したそうだ。ペットボトルに入ったジュースを販売する代わりに、学内でジュースを作って販売する、包装されているお菓子を販売する代わりに、クッキーを作り、瓶からそのまま販売するなどの取り組みを行っているのだ。私たちの大学でいかにシングルユースプラスチックを削減するかを考える上でとても参考になった。

また私たちの活動の紹介も行い、私たちが作成したPlastic identification chart(Plide)を用いて、プラスチック100製品をお二人に分類してもらった。Plideは、プラスチック製品としているかいらないか?という軸と、その製品の使用を避けることが出来るか出来ないかという軸の2軸によって身の回りにあるプラスチック製品を4象限に分類することで、製品の位置や製品ごとの対策を考えることができる。(詳しくはこちらへhttps://eco.kyoto-u.ac.jp/?p=5664)特に興味深かったのは、環境意識だけでなくフィリピンならではの習慣や行動が位置に反映されていたという所だ。例えば、フィリピンのスーパーマーケットでは、レジ袋を配布せず、紙袋を使用 していたりする。また、調味料の容器包装は中身のみを量り売りしていることもあり、いらないし避けることができるプラと位置づけられていた。この結果も踏まえて、プラチャートをこれから活用してゆく。

 

 

◆F.R.P.、SMEI、Genetron訪問について

工学研究科マイクロエンジニアリング専攻博士後期課程2回生 安藤悠太

今回のマニラ研修では、フィリピンでビジネスをされている日本人の方々にお会いし、実際の現場を見学するという貴重な機会をいただいた。フィリピン特有の事情に左右されつつ、ノウハウや地の利を活かして精力的に事業に取り組んでおられるのを肌で感じることができた。

まず訪問したのは、F.R.P. Philippines Corporationという、繊維強化プラスチック(fiber-reinforced plastics)製品を製造している企業である。マニラから40 kmほど南にある、日本関連企業も多く立地している工業団地Laguna Technoparkにある工場を訪れた。繊維強化プラスチック製品は、軽くて強度が高いため、車体やタンクなどに幅広く使われている複合材料である。ここでは、フィリピンの比較的安価な人件費を活かし、主に日本企業向けの高品質な製品の少量生産に特化して製造を行っている。訪問時はその日の操業が終了した後のタイミングであったが、山分信幸さんと一緒に現場を巡りながら製造過程を見学した。製造方法はシンプルで、木型を用いてベースとなる構造を作り、ガラス繊維を混ぜたプラスチックを塗り重ねていく。大きいものでは数メートルにもなる製品が作られていた。安全対策を促す看板などが至るところに設置されていたのが印象的だった。

 

 

 

 

次に、産業廃棄物の処理を行っているSouthcoast Metal Enterprise Inc. (SMEI)を訪れ、コンピュータやモニターなどの工業製品の分解と分別を行う過程を見学した。また、高村弘道さんとAgnes C. Vallejoさんから、フィリピンの環境行政について、日本人にわかりやすいように解説いただいた。フィリピンでは、環境関連基本3法として、危険産業廃棄物に関するRA6969、排水基準に関するClean Water Act、大気汚染防止に関するClean Air Actが定められている。土壌汚染に関する法律は今のところなく、また産業廃棄物の定義は日本とは異なり「有価無価に関わらず事業活動によって発生するすべての廃棄物」とされている(日本では無価値の廃棄物のみと定義)。フィリピンの法律に定められた環境基準は、実は日本よりも厳しいものが多いという。例えば、排水基準のうち塩化物についての基準は、異常に厳しい値が設けられており、ナンセンスともいえる値とのことだった。高村さんによれば、コンセンサスが十分に取られていない状態で、厳しい基準の方が環境に良かれと思って定められてしまったためだと予想されるという。また、興味深かったのは、各企業にPollution Control Officer (環境担当責任者:PCO)を採用する制度が取られていることだ。PCOはDENR(環境天然資源省)と企業がやり取りする際の窓口を務めるため、環境基準を守る上で重要な役割を果たしている。しかし、PCOの責任感によっては重要な情報が見過ごされたり、専門知識を有したPCOを雇うのが難しかったりなどの問題点は残るようである。高村さんは、フィリピンでは規制自体は厳しめに取られているが、制度や施行がまだまだ不十分であると繰り返しおっしゃっていた。その一方で、フィリピンでビジネスをするやりがいや楽しさを強調されていたのが心に残った。

また、日系企業ではないが、Genetron International Marketingの有害廃棄物処理プラントの見学もさせていただいた。ここでは、フィリピン国内で開発され賞も受賞したというGENAR22という熱処理設備を用いて樹脂や汚泥などの有害廃棄物を処理している。処理過程で生じる再生油や炭などは、燃料としたり肥料としたりすることで有効活用することができる。見学では、処理過程を順番に巡りながら丁寧に解説をいただいた。GENAR22はフィリピンの国産設備であり、それを誇りに事業に取り組んでいるようだった。同時に、料理教室や子ども食堂などのCSR事業にも積極的に取り組んでいるようで、さらなる事業拡大が楽しみになった。

いずれの企業にも共通していた事柄として、工場内に食堂が併設されており、従業員同士で食事を楽しんでいるという。また、昼食以外に間食の時間も決まっているようで、私たちも何度か、ココナツミルクでもち米を炊き葉で巻いた「ちまき」に甘いココナツソースをつけて食べるスイーツなどをいただき、絶品であった。フィリピンらしい習慣ではあるが、従業員同士のコミュニケーションの活性化には良いのではないかと感じた。

 


今年も環境月間に合わせて、5月と6月の2ヶ月間、エコ~るど京大初夏の陣を行いました。5月は毎年ルネ1階にて展開されているオープンラボに加えて、縁切り神社で枡を配ったり木工教室を開いたりしました。また、持続可能な発展や低炭素社会に向けた座談会にメンバーが登壇したり、オールナイト映画会も行われました。6月はパタゴニア様との共同企画やKistory夏ver.がありました。そして締めくくりには京都大学超SDGsシンポジウム「資源・エネルギーと持続可能性」にてプラヘラス宣言をし、事始めワークショップや超SDGs道場、ネットワーキングディナーを企画しました。また、年間企画であるつづくプロジェクトやこんちきジーズも、この期間に動き始めました。どの活動も様々な方々に注目していただけて、有意義な充実した2ヶ月間となりました。しかし、エコ~るど京大の2019年はまだ始まったばかり、これからです。この経験を生かして今年も精進して参ります!

 

報告書はこちらからご覧いただけます。

ぜひご確認ください!

初夏の陣2019実施報告   初夏の陣2019報告書

6/27京都大学≪超≫SDGsシンポジウム実施報告  京都大学超SDGsシンポジウム2019報告書

 

最後に、初夏の陣期間中にはたくさんの方々にご協力いただきました。ご支援、ご参加くださいました皆さまに深く御礼申し上げます。本当にありがとうございました。


7月7日に開催された全国大学生環境活動コンテスト様主催の近畿地区大学生SDGsセミナーに、エコ~るど京大より、久保彩乃、奥野真木保、山口真広の3人が参加してきた。今回は、7大学から20人の学生が参加した。セミナーの流れとしては自己紹介の後、基調講演として阪急阪神ホールディングスの相良有希子さん、事例紹介としてNPO法人いけだエコスタッフ理事長の庄田佳保里さんからお話を頂いた。その後、各学生団体間で意見の交換を行い、最後に研修を通して考えたSDGs実現のための各団体の宣言文「SDGs宣言」を作成し、発表した。今回のレポートでは、相良さんと庄田さんのお話をまとめ、我々が作成したSDGs宣言について述べ、最後に感想を記す。

 

 

まず、相良さんのお話について紹介したい。阪急阪神ホールディングスではSDGsの実現のための事業の一環として、「阪急阪神未来のゆめ、まちプロジェクト」という活動を行われている。このプロジェクトは阪急と阪神の電鉄の沿線を中心に、「未来にわたり住みたい街」をつくることを目的に、「地域環境づくり」と「次世代の育成」を柱とした活動である。

このプロジェクトのポイントは3つの協働性にある。この3つの協働性とは「グループ各社との協働」、「地域の市民団体との協働」、「グループの従業員との協働」である。この協働性によって次のような価値が生まれる。それは異なる価値観が出会うこと、参加者の方々の間に共感と信頼が生まれること、関わる人が増えることで影響が倍々に高まって行くことである。以上のコンセプトとポイントを踏まえて、以下に今回紹介された実例のいくつかをまとめていく。

事例の1つとして、「1000000人のキャンドル@OSAKA CITY」がある。これは地域企業との協働のもと、ビルの照明やネオンを消灯して、街にキャンドルの明かりを灯すイベントである。このイベントを通じて、参加者の方々に環境や普段の暮らしを見つめ直すきっかけを作られている。

また、阪急阪神ホールディングスではチャイルド・ケモ・ハウスの支援も行われている。このチャイルド・ケモ・ハウスとは、小児がんをはじめとした医療的ケアが必要な子供や若年成人とその家族のための施設である。阪急阪神ホールディングスでは、系列のホテルのいくつかで「チャイルド・ケモ・ハウス応援プラン」を設けられている。このプランの宿泊代金の一部に「阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト」からのお金を上乗せし、チャイルド・ケモ・ハウスへ寄付を行われている。

その他にも地域団体と共同していくことにより、様々な活動が行われている。ここでの阪急阪神ホールディングスの活動としては、従業員から寄付を募り、「阪急阪神未来のゆめ・まち基金」として市民団体の活動に助成されている。また従業員のボランティアを募ることで、従業員との協働に繋がっている。その他にも、「阪急阪神ええまちつくり隊」として広報を中心にイベントのお手伝いをされている。相良さんのお話については以上である。

 

 

次に、庄田さんのお話についてまとめる。池田市では、エコミュージアムという施設を中心に、環境に関する様々な取り組みが行われている。池田市や「NPO法人いけだエコスタッフ」で行われた取り組みを以下にまとめる。

事例の1つとして、池田市民協働発電所がある。これは池田市の市民の方々から古着の寄付を募り、その古着をエコミュージアムでのフリーマーケットで販売することにより集めた資金をもとに、太陽光発電パネルを設置するというものである。エコミュージアムを通して、市民の方々の協力が、再生可能エネルギーの利用に繋がっている。市民の方々からの協力は大きく、すでに5機の太陽光発電パネルの設置が行われている。

また、池田市では地球温暖化防止のため「COOL CHOICE」の賛同も行われている。この「COOL CHOICE」とは、普段の生活のなかで、よりエコなものを選択していくものである。

その他にもエコミュージアムでは野菜の販売などが行われている。ここで販売されている野菜は、耕作放棄地を活用して作ったものなど地域に根ざしたものである。

また環境学習の一環として、お年寄りの方を対象にフードマイレージをカードゲーム形式で学ぶ取り組みや、小学生を対象に地域の未来を考えるイベントなどを行われているそうである。

 

 

次に我々が作成した「SDGs宣言」についてまとめる。

我々の宣言は以下のようなものである。

これは、地域という微小単位での幸せを地球規模でまとめ、積分することでSDGsを達成できるのではないか、という考えで作成した。簡単にいうとSDGsの達成のために身近なことから取り組んでいこうというものだ。

今回のセミナーを通して、この先取り組みを行っていく上で留意すべき点を知ることができた。それは取り組みの際、SDGsの中の複数の目標を包括的に解決することを考えるべきだということである。それをさらに地球規模で考えると思うと、途方にくれてしまう。しかし地域規模で見れば、相良さん、庄田さん、今回参加されていた団体の皆様方がたくさんの成功例を教えてくださった。今回知ることができたような成功が、地球上のありとあらゆる地域で起これば、その時きっとSDGsは達成されているのではないか。そのため、まずは身の回りの小さな問題の解決から考え、あわよくばこの意識を色々な地域に伝播させていきたいと考えた。こういう経緯でこの宣言が出来上がった。

 

最後に感想を記す。

相良さんのお話の中で、地域団体のお手伝いをされる時に一番喜ばれるのは広報活動であるとというお話があった。この理由として、地域団体の方々によるイベントの知名度が低いことを話された。しかし私はそれ以上に、阪急阪神ホールディングスという情報元の信頼性の高さから大きな貢献に繋がっているのであろうと感じた。SDGsは企業が行動を変えていくべきものであるというお話もいただいたが、企業が今まで築き上げられてきた、信頼を含めた多くのものがSDGsの実現に繋がっていることを感じた。そのため、阪急阪神ホールディングスを始め、多くの企業の方々がSDGsの実現のために取り組みをされていることに、心強く感じた。

庄田さんのお話の中で印象的だったのは、池田市のコンセプトの1つである「地域のつながりをつなぎなおす」というものである。このお話を聞いたときに「滋賀県発!持続可能社会への挑戦」の内容を思い出した。この本の中で、地域住民の方の豊かさを定義するときの指標として「つながり」が用いられていた。池田市、滋賀県の双方においてこの「つながり」がキーワードの1つである。恥ずかしい話私の勉強不足のため、この「つながり」をまだ解釈し切れていない。これから先SDGsについて考える際には、この「つながり」を頭に置いて行動していきたい。

 

最後になりましたが、主催者や関係者の皆様、我々にこのような機会を与えてくださった皆様に、厚くお礼申し上げます。

文責:山口真広(農学部3回)

 


少し遅くなりましたが、今年度の夏は、3名の学生・院生が、海洋環境・資源保全に関する国際シンポジウム及び国際会議に参加させていただきました。その概要とレポートを紹介いたします。

なお、この実現にあたっては、(一社)セイラーズフォーザシー日本支局の井植美奈子様、アメリカ大使館の皆様、その他関係者の皆様に大変お世話になりました。この場をお借りして、御礼申し上げます。

◆日米国際海洋環境シンポジウム in Hawaiiへの参加

「日米国際海洋環境シンポジウム in Hawaii」は、海洋環境問題への解決策を探ることを目的に、2016年8月22日にホノルル・コンベンションセンターにて、日米双方の代表によって開催された。日本側の代表は、内閣総理大臣夫人・安倍昭恵氏、アメリカ側の代表は米日カウンシル会長、故ダニエル・イノウエ上院議員夫人のアイリーン・ヒラノ・イノウエ氏が務め、(一社)セイラーズフォーザシー日本支局も主催した。

本シンポジウムにおける主なテーマは、防潮堤建設による海洋性生物・汽水生物、海洋環境への影響、持続可能な海洋資源の消費、そして女性の視点による日常における海洋環境改善への提案であり、基調講演やパネルディスカッションで構成された。この最後のプログラムとして、「Challenges for the Ocean Conservation(海洋保全への挑戦)」と題した学生パネルが行われ、エコ~るど京大・山口優輔(生命科学研究科)が登壇した。無限の可能性と無尽蔵の資源をもたらすと思われていた海だが、地球温暖化、海洋汚染、過剰漁獲、乱開発などが原因で、海洋環境は今や未曾有の危機に直面している。議論では、太平洋を挟んだ日米双方が協力し、女性や学生の視点から未来の子どもたちに美しい海を手渡すための解決策が探られた。

日米国際海洋環境シンポジウムin Hawaii

参加レポート(山口優輔くん)はこちら

◆ワシントンDC「Leadership Summit」への参加

Our Ocean, One Future Leadership Summit(以下、Leadership Summit)は、2016年9月15日・16日の2日間、ワシントンD.C.にあるGeorgetown University キャンパスにて開催された。本サミットは、アメリカ国務省で同期間に開催されていたOur Ocean, One Future Summit本会議に並行して、ユース向けに実施されたものであり、参加者は50か国75大学より150名であった。日本からは、3名が参加したが、うち2名はエコ~るど京大の山口凜(京都大学文学部3回生)と横山恵利香(京都大学法学部3回生)であり、(一社)セイラーズフォーザシー日本支局を通して参加させて頂いた。参加した学生は、世界の最先端の議論を目の当たりにする機会を得ると同時に、様々な優秀な学生とも出会い、大いに刺激を受けていた。

ワシントンDC「Leadership Summit]への参加

参加レポート(横山さん)はこちら   添付資料はこちら

参加レポート(山口凛くん)はこちら