「エコ宣言」に参加してください!!

只今の宣言登録数は

  • 0
  • 0
  • 1
  • 8
  • 6
  • 0

人です

(旧エコ宣言登録者数は1,914人)※2012/3/31時点

今すぐ登録!!

  • ログイン
  • 結果の閲覧
くすちゃんスペシャルウォールステッカープレゼント!!
くすちゃん

Twitter くすちゃん

京都大学環境エネルギー管理情報サイト公式Facebookページ

ゴーヤ育て日記ブログ

今日のいちにちいちエコ

トップページ  »  エコ~るど京大

エコ~るど京大

エコ~るど京大:2017年10月

◆立命館大学BKC開催「第11回HESDフォーラム」にて活動報告

10月7日・8日は、立命館大学琵琶湖草津キャンパス(通称BKC)において、「第11回HESD(High Education for Sustainable Development)フォーラム」が開催されました。

学生の取組み紹介ということで、「京大持活(じかつ)プロジェクト」の活動内容を発表させていただきました。立命館大学、琉球大学(!!)の学生さん達も参加されており、皆さんの取組みを聞いて大変勉強になりました。

 

持活プロジェクトを紹介する上田さん(工1)。

 

BKCのキャンパスツアーに参加。

 

琉球大学の大島先生と学生さん達と。フォーラム後、一緒に京都観光をしました。

文責:岡島未奈


夏休みも終盤。夏の間めいめいにプライベートで帰省や旅行を楽しみつつ、チーム一丸となって活動に励んできましたが、9月末には京都を飛び出してSDGsの実際を学んできました。

 

9月25日と26日の一泊二日で、広島と佐賀へ。容器リサイクルと再生可能エネルギーの現場を視察しました(皆さま、あたたかくお迎えくださり、本当にありがとうございました!)。

また、28日には、コアミーティングに、先生方そして企業の皆さまにお集まりいただき、視察での学びも踏まえて2カ月間の取組みを報告しフィードバックをいただきました。

 

◆ 株式会社エフピコ福山リサイクル工場を視察

9月25日、広島県福山市にあるエフピコさんのリサイクル工場へ。食品トレー容器の開発製造を行うだけでなく、スーパーの回収ボックスからの回収、そしてリサイクルを行うことで新しい食品トレー容器に再生する「エフピコ方式」の現場を目の当たりにしました。

環境政策室の冨樫様のご案内を受けながら工場内を視察。「主婦の皆さまが、当たり前のように、使用済トレーをご自宅で洗って、わざわざスーパーまで持って来てくださる。そういう文化のもとに成り立っている事業です。」と冨樫様。日常の当たり前の中に、大切なことが隠れています。

エフピコの取組みについて学ぶメンバー(興味津々)。積極的に質問の手が挙がりました。

本社ビルと総合研究所を視察(左から上田、西堀、久保、岡島、小谷、澤田)。

 

◆ 唐津市役所ならびに自然電力株式会社風力発電事業を視察

翌日9月26日には、唐津市役所を訪れ、唐津市の再生可能エネルギー導入の取組みについて学んだ後、自然電力さんの風力発電事業を視察しました。計画策定から建設そして稼働までの長い長い道のりを、想像力を働かせながら、わずか一日でたどりました。

風車のお尻(?)を真下から撮影。息をのむ迫力です。 特別に風車内部も見せていただきました。

唐津城を眺めながら街を歩く。お城の先には「虹の松原」と日本海が広がります。

美しい唐津の街を後に・・・。夕暮れに名残惜しさが増します。

 

◆ 「持活(持続可能な活動)プロジェクト」コアミーティング

9月28日には、先生方と企業の皆さまにお集まりいただき、持活生活チーム・原点チームそれぞれの2カ月間の活動経過を報告するとともに、今後の活動に向けてご意見をいただきました。夏の間、自分達なりに考え行動してきたことを、いったん客観的に整理し直すことで、見えてくるものが沢山ありました。そして、何より、皆さまから率直なご意見をいただき、とても参考になりましたし、「頑張れよ」と背中を推していただいた気がして、これまで以上にやる気が増しました。

 

今後もよりいっそう頑張って活動していきます。

次回をお楽しみに!

 

文責:岡島未奈


イベント趣旨

古くからの衣装として親しまれている「着物」。明治時代以前はもちろんのこと、大正、昭和の時代でさえも、嫁入り道具としてもたされるなど、どの家でも大切にされてきました。しかしそういった着物も今となっては、成人式や卒業式、結婚式などの特別な儀式で着るなど、非日常で着ることしかなくなっています。そんなこともあり、昔使われていた数多くの着物が今となってはタンスの中で眠ったままになっています。その数、何億枚にも上ると言われています。今回そういった着物を復活させることが、このイベントの目的です!

各家庭のタンスに眠っていた着物を集め、その着物がただ新しい形で使われるだけではなく、昔着ていた人の物語(ストーリー)と思いが、新しく着る人に繋がり、新たな物語(Kistory)が生まれるようなイベントを考えています。

 

リーフレットはこちらからDLできます

 

参加者募集

このイベントに参加してくださる方を募集します!今回の参加者には着物と帯(市民の皆さまよりご寄贈頂いたもの)を1セットずつプレゼントいたします。中にはなかなか普通では手に入らないような着物もあります。

・アンティークの着物に興味がある人

・本格的な着物を持ってみたい人

・着物を着てパーティ等に参加してみたい人

・一味違うおしゃれをしてみたい人

・着物自体に興味がある人

・いろんな人と話し合うのが好きな人

・眠っているものがもったいないと思う人

そんな人を大募集します!

 

募集要項

着物を大切にしてくださる方で、次の条件を満たす方でしたら、どなたでも結構です。

・12月23日午後に開催する、寄贈者との交流会に参加できる人

 

開催概要

場所:京都大学百周年時計台記念館2Fホール

日時:12月23日 11:00頃から着付け開始予定(終了は16:00ごろの予定)

・着付けがご自身でできない場合、事前に着付け教室(京都大学にて11月~12月に複数回開催)に参加できる人

・定員:女性50名様

・参加費:無料 ※着物と帯のセットを贈呈させていただきますが、小物類は用意してもらうことになります。一般的に3,000円程度で揃います。小物の購入に関しても、ご相談に乗ります。

 

参加フォームはこちら(まずはお気軽に!)

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScevD9CiszMVnQ8u8-iSeJ0mJzwTrnmquJiz7qO3R4skXHQNQ/viewform

問い合わせ等は以下の連絡先までお願いいたします。

ecocheck@eprc.kyoto-u.ac.jp

075-753-5922(エコ~るど京大Kistory 担当 芳井・浅利)