エコ~るど京大

全員参加型で環境負荷を低減する「持続可能なキャンパス」の実現を目指します

 » SDGs15陸の豊かさも守ろう 吉田山の歴史を知ろう

SDGs15陸の豊かさも守ろう 吉田山の歴史を知ろう

2018.04.16

みなさんに里山について考えてもらうために京大生にとって最も身近な里山である吉田山について吉田神社にインタビューしてきました!これを読んでみなさんも吉田山に登って吉田山の変遷について思いを馳せてみてはどうでしょうか?

みなさんに吉田山について知ってもらうために吉田神社にインタビューに行きました!

 

吉田山は京都盆地の中にポツンとあります。それゆえに昔からよく雷が吉田山に落ちたそうです。そんなことから吉田山は神が喜んでいる場所とされ、神聖視されたそうです。

明治時代の吉田山の写真。奥に京都大学が見える。

ところで吉田神社は元々今の位置でなかったことは知っていましたか?当初吉田神社は今の吉田南構内のテニスコートのあたりにあったそうです。それが応仁の乱の際に社殿が燃えてしまい、それからしばらくして御神体が今の社殿に移されたそうです。江戸時代の吉田山は今とまったく異なっていて、生えている樹木の多くは松で、燃料としてよく利用されていました。そして明治に入り、エネルギー源が化石燃料に移行していくにつれてあまり人が入らなくなったそうです。ただし、戦後しばらくは山に入って木をとって帰る人が増えたため、今の吉田山には大木はなく(神域内は木をとって帰る人が少なく、大木も生えているそうですが)、樹齢50~60年と思われる木が多いそうです。それからは人が木を切ることも少なくなり、吉田山に棲む生き物も変化してきました。今の吉田山では、シイやカシなどの常緑樹が増え、鬱蒼とした森になっています。また、本来九州にしか自生していなかったヤシの仲間であるシュロが生えてきたりもしているようです。動物では以前にも見られたムササビやフクロウ、うぐいすに加え、最近ではタヌキ、猿なども見かけたそうです。今は多くの人に気軽に登ってもらえるように整備をしているとのことです。

参道から撮った写真。杉や檜の大木は残されている。

新着情報

NO PHOTO

―エコ~るど京大・浅利研究室 鹿児島研修 報告書―

鹿児島研修 全体概容     上田 知弥(工学部4回生)  8月6日、8月7日に、環境ビジネスを営む株式会社ecommit様の事業所見学をはじめとする鹿児島研修を行いました。今回は浅利研究室の学生1名 […]

SDGs お知らせ 研修報告

2020.09.11

2020年初夏の陣 超SDGs入門を開催しました!

環境月間の6月に開催している初夏の陣。毎年恒例のルネ特設広場におけるオープンラボを、今年はオンラインで開催しました。「勝手に集中講義!! 超SDGs入門」と題し、京都大学の先生方17名から研究テーマ、持続可能性についてを […]

SDGs 初夏の陣2020

2020.08.25

NO PHOTO

エコ~るど京大ウェブサイトをリニューアルしました

エコ~るど京大ウェブサイトをリニューアルしました

お知らせ

2020.08.12

ページの先頭へ