エコ~るど京大

全員参加型で環境負荷を低減する「持続可能なキャンパス」の実現を目指します

 » 身近な森林とそこから得る山の幸を見直す

身近な森林とそこから得る山の幸を見直す

2016.03.22

私たちは古来、身近な自然から資源を得て、生活を維持してきた。先進国と言われる日本ではそれらの多くは石油資源に取って代わられ、人間が共生することによって維持されてきた自然は荒廃の一途である。旬の食べ物は喜ぶくせに、その源となる自然をみないのはやはりおかしい。身近な食から地球レベルでの環境保全まで、国内外を問わず、様々な地域の人々の身近な自然と培ってきた関係を通して、私たちの営みを見直してみたい。

新着情報

NO PHOTO

―エコ~るど京大・浅利研究室 鹿児島研修 報告書―

鹿児島研修 全体概容     上田 知弥(工学部4回生)  8月6日、8月7日に、環境ビジネスを営む株式会社ecommit様の事業所見学をはじめとする鹿児島研修を行いました。今回は浅利研究室の学生1名 […]

SDGs お知らせ 研修報告

2020.09.11

2020年初夏の陣 超SDGs入門を開催しました!

環境月間の6月に開催している初夏の陣。毎年恒例のルネ特設広場におけるオープンラボを、今年はオンラインで開催しました。「勝手に集中講義!! 超SDGs入門」と題し、京都大学の先生方17名から研究テーマ、持続可能性についてを […]

SDGs 初夏の陣2020

2020.08.25

NO PHOTO

エコ~るど京大ウェブサイトをリニューアルしました

エコ~るど京大ウェブサイトをリニューアルしました

お知らせ

2020.08.12

ページの先頭へ