エコ~るど京大

全員参加型で環境負荷を低減する「持続可能なキャンパス」の実現を目指します

 » 人はなぜ、森で感動するんだろう?【解説追加】

人はなぜ、森で感動するんだろう?【解説追加】

2016.03.22

人はなぜ、森で感動するんだろう?森が近くになくても、公園や観葉植物にいやされるのはなぜだろう?森や植物に対する人間の気持ちを調べることは重要です。そもそも、自然への感動なしに、環境保護も研究もできるわけがない。フィールドサイエンスと進化心理学を融合した研究を進めています。たとえばnecomimiという脳波計があります。あなたが森に行ったとき、脳はどんな反応をするだろう?

 

ise

京都大学学際研究着想コンテスト最優秀賞受賞!

生物進化の理論をベースに、芸術や宗教哲学など人文科学の研究者とコラボしています。


 

【一押し情報】

この2冊の著書、よかったらお読みください。

「学んでみると生態学はおもしろい(ベレ出版)」

「地球システムを科学する(ベレ出版)」

 

今年度担当している全学科目はこちらです。

ILASセミナー「京都のエコツーリズム(夏の集中講義)」

新着情報

NO PHOTO

―エコ~るど京大・浅利研究室 鹿児島研修 報告書―

鹿児島研修 全体概容     上田 知弥(工学部4回生)  8月6日、8月7日に、環境ビジネスを営む株式会社ecommit様の事業所見学をはじめとする鹿児島研修を行いました。今回は浅利研究室の学生1名 […]

SDGs お知らせ 研修報告

2020.09.11

2020年初夏の陣 超SDGs入門を開催しました!

環境月間の6月に開催している初夏の陣。毎年恒例のルネ特設広場におけるオープンラボを、今年はオンラインで開催しました。「勝手に集中講義!! 超SDGs入門」と題し、京都大学の先生方17名から研究テーマ、持続可能性についてを […]

SDGs 初夏の陣2020

2020.08.25

NO PHOTO

エコ~るど京大ウェブサイトをリニューアルしました

エコ~るど京大ウェブサイトをリニューアルしました

お知らせ

2020.08.12

ページの先頭へ