• 食ロスゼロレンジャー

小泉元環境大臣からのメッセージ

2021.04.06

  • line

環境省では、食品ロス削減に向けて、さまざまな活動に取り組んでいます。 そんな環境省の元トップである小泉進次郎元環境大臣も食ロスゼロレンジャーの活躍に期待しています!

小泉進次郎元環境大臣からのメッセージ(写真提供:環境省)

小泉進次郎元環境大臣からのメッセージ(写真提供:環境省)

日本ではたくさんの食品を海外から輸入している一方で、たくさんのまだ食べられる食べ物を捨ててしまっています。食べ物を作り、廃棄するためには、たくさんのエネルギーを使ったり、温室効果ガスが排出されたりするため、環境に大きなダメージを与えています。また、世界や日本には食べ物を十分に食べられない人達がいることも忘れてはいけません。皆さんには食べ物を捨ててしまうことに「もったいない」と思う気持ちと、食べ物を作ってくれた人への感謝の気持ち、そして満足に食べられない人への思いやりの気持ちを持ってもらいたいです。食品ロス削減を含むSDGsの達成には、みなさんの力が必要です!一人でも多くの食ロスゼロレンジャーの誕生と活躍を願っています!私も食ロスゼロレンジャーの一人という気持ちです。一緒にがんばりましょう!

※小泉元環境大臣が手にしているのは、飲食店で食べきれなかった料理を持って帰るためのドギーバッグです。環境省、消費者庁、農林水産省及びドギーバッグ普及委員会は「Newドギーバッグアイデアコンテスト」を共同開催し、飲食店で食べきれなかった料理を持ち帰る行為の愛称を「mottECO」(モッテコ)に決定しました。 詳しくは、こちらをご覧ください。

詳しくは、こちらをご覧ください。
環境省:飲食店での食品ロスをレスキューする「Newドギーバッグアイデアコンテスト」を行いました!

また、環境省では、食品ロスに関する情報を「食品ロスポータルサイト」で分かりやすく発信しています。

  • line

OPERATING GROUP

SDGsの社会実装を目指す
「京都超 SDGs コンソーシアム」

SDGs先進都市である京都市をフィールドに産学公が連携し、SDGsの達成に向けてともに考え、行動し、発信する「京都 産学公 SDGs プロジェクト」が2019年6月27日に発足しました。
プロジェクトを推進し、SDGsの社会実装を目指すために「京都超 SDGs コンソーシアム」(京都大学、京都市、リコー、JT、安田産業、ソフトバンク、ecommit、セブン&アイ・ホールディングス、三洋化成工業)を立ち上げ、京都大学における資源循環や省エネ・創エネに関する取り組み、人口が減少している中山間地域の維持、持続可能性・SDGsをテーマにした教育プログラムの開発等、SDGsの社会実装を目標とした取り組みやシンポジウムや博覧会等による発信・情報交換を行っています。

京都超DSGsコンソーシアム

  • 京都大学
  • 京都市
  • RICOH
  • 安田産業グループ
  • JT
  • SoftBank
  • ecommit
  • 三洋化成
  • セブン&アイホールディングス
  • マクドナルド
  • エフピコ
  • 國中環境開発
  • 大和リース
  • タカラレーベン
  • mizkan
  • Zojirushi
  • THE ADECCO GROUP
  • トーカイグループ
  • エコ〜るど京大

京都超DSGsコンソーシアムリーフレット

NEWS LATTER

注目の事例や、見逃したくない配信まで、
ニュースレターで確認しよう