みんなのプラ・イド革命

OUTLINE

みんなのプラ・イド革命 とは?

プラスチック製品は、この100年間で進化を遂げ、私たちの暮らしを支える必需品となりました。一方で、不適切な管理による海洋プラスチック問題や未知なリスクを抱えるマイクロプラスチック問題など、国内外で社会問題化する事態となっています。日々、何気なく使っているプラスチック製品ですが、改めてその存在や機能に気づく(plastic identification⇒Plide⇒プラ・イド)と同時に、脱化石由来社会における持続可能な付き合い方を考える時期が来ています。そこで、できるだけ多様なステークホルダーが集い、情報共有したり、意見を出し合ったりできる場を作ることで、より良い関係性構築に向けたムーブメントを起こしていくことを目指して本プロジェクトを立ち上げました。互いのプラ・イドをかけた対話と挑戦こそが、真の変革をもたらすと信じて・・・

YouTubeチャンネル「みんなのプラ・イド革命」にて、教材コンテンツやこれまでの取り組みをご覧いただけます。
https://www.youtube.com/channel/UCZCRY8KDfap1h-2NjXIVnTg

CONTENTS これまでの取り組み

UPDATES連載群のアップデート速報はここから

PROGRAM

みんなのプラ・イド革命はさまざなま切り口で
SDGsとプラスチック製品を考察しています
日々、新しい情報が更新されるので
チェックしよう

  • マイボトルダンス

CONTACT

本件に関するお問い合わせは
以下までお願いします。

京都超SDGsコンソーシアム
京都大学大学院 地球環境学堂 浅利美鈴研究室
メール: 
電話:075-753-5922
〒606-8501京都市左京区吉田本町
京都大学 物理系校舎 北棟7F 706-709号室
◆ ◆ ◆
プラ・イド革命などに関するWEBはこちら
https://eco.kyoto-u.ac.jp/

OPERATING GROUP

SDGsの社会実装を目指す
「京都超 SDGs コンソーシアム」

SDGs先進都市である京都市をフィールドに産学公が連携し、SDGsの達成に向けてともに考え、行動し、発信する「京都 産学公 SDGs プロジェクト」が2019年6月27日に発足しました。
プロジェクトを推進し、SDGsの社会実装を目指すために「京都超 SDGs コンソーシアム」(京都大学、京都市、リコー、JT、安田産業、ソフトバンク、ecommit、セブン&アイ・ホールディングス、三洋化成工業)を立ち上げ、京都大学における資源循環や省エネ・創エネに関する取り組み、人口が減少している中山間地域の維持、持続可能性・SDGsをテーマにした教育プログラムの開発等、SDGsの社会実装を目標とした取り組みやシンポジウムや博覧会等による発信・情報交換を行っています。

  • 京都大学
  • 京都市
  • RICOH
  • 安田産業グループ
  • JT
  • SoftBank
  • ecommit
  • 三洋化成
  • セブン&アイホールディングス
  • マクドナルド
  • エフピコ
  • 國中環境開発
  • 大和リース
  • タカラレーベン
  • エコ〜るど京大

京都超DSGsコンソーシアムリーフレット

NEWS LATTER

注目の事例や、見逃したくない配信まで、
ニュースレターで確認しよう