• SDGs問答

5.27SAT14:00 - 16:00

【京都めぐるSDGs問答】草郷孝好、戸崎亘(2023年5月27日) - SDGs KYOTO TIMES

  • line

YouTubeへ

SDGs問答は多様な方をゲストスピーカーとしてお招きし、「持続可能性・SDGs」をテーマに世代を超えて問答する企画の特別シリーズ展開です。

シリーズ34回目となる今回のテーマは「産学公民連携でウェルビーイングを高める」。

関西大学の草郷孝好さん、ロート製薬株式会社の戸崎亘さんをゲストにお招きし、最近よく聞く「ウェルビーイング」をテーマとして企業、大学、自治体、市民がどのように連携して取り組めばウェルビーイングな社会を実現できるのか、問答していきます。
また、5/26-27に京都里山SDGsラボ「ことす」で同時開催される「第2回Beyondカンファレンス」の中で出てくる新しいアイデアについてもシェアしながら進めていきます。




▷実施日時:2022年5月27日(土)14:00-16:00

▷ゲスト:
・草郷孝好さん(関西大学 社会学部 教授)
・戸崎亘さん(ロート製薬株式会社 広報・CSV推進部 兼 経営企画部ベンチャー連係 担当)
  進行:浅利美鈴さん(京都大学地球環境学堂准教授) 

▷参加費:無料でどなたでもご参加いただけます。(会場にて視聴の場合、先着50名)

▷会場:
①オンサイト会場:
京都里山SDGsラボ「ことす」(https://www.kotos-kyoto.jp/) 
・「京都里山SDGsラボことすにて視聴」を選択しお申し込みください。
・当日会場の受付にて、お申し込みのご氏名をお伝えください。

②オンライン:
・「オンライン視聴」を選択しお申し込みください。
・お申込みいただいた方にZOOMウェビナーのURLをお知らせいたします。

▷お申込み方法:
こちらのページよりチケットを選択し、お申し込みをお願いいたします。
https://sdgs-mondou202305.peatix.com

*お申込後に表示されるzoomのURL等のメッセージの内容を保存してもらうようお願いいたします。(メール設定等によって、メッセージが届かない場合もございます。その場合はお手数ですが、sho.kawamura0511@gmail.comまでご連絡ください。)

■連絡先:
びっくりエコ研究所「問答」事務局
TEL:075-753-5922
(平日10~17時)
メール:mezase530@gmail.com

-------------------------------------------
【登壇者プロフィール詳細】
・草郷孝好さん(関西大学 社会学部 教授)
1962年 愛知県岡崎市生まれ。現在関西大学 社会学部 教授。
国際開発システム論、人間開発論担当。

2030アジェンダ(SDGs)の目指すウェルビーイングな社会への変革につながる研究に力を入れ、大阪府市のSDGs有識者会議、長久手市の幸せ実感調査、兵庫県但馬地域の新ビジョン策定、朝来市第3次総合計画策定などに関わる。アジア太平洋研究所のビジネスのSDGs実装研究に参加。当事者協働と当事者によるアクションデザインを重視。ウェルビーイング教育の観点から、若狭高校海洋科学科のマイスター・ハイスクール(次世代地域産業人材育成刷新事業)推進委員として活動中。オンラインで様々な大学の学生がリードする学びの機会(学びのポトラック)を応援中。

著書:「GNH(国民総幸福):みんなでつくる幸せ社会」(共著、海象社)、「市民自治の育て方」(編著、関西大学出版部)、「ウェルビーイングな社会をつくる」(単著、明石書店)など
趣味:ぶらぶら歩く、旅、雑談、スポーツ観戦、音楽(流し聴き)、普通の料理。

・戸崎亘さん(ロート製薬株式会社 広報・CSV推進部 兼 経営企画部ベンチャー連係 担当)
1979年生まれ。大学卒業後、ロート製薬に入社し、 大手ドラッグストア本部への営業、環境分野の新規事業、 地域連携ビジネスなどに携わる。本当の健康を考えた時に、 薬に頼らない身体づくりの原点である「食」 の事業に企業として取り組む一方、広報・CSV推進部として人々 の健康のみならず、地域や社会も健康にできないか?と考え、 全国各地の様々なパートナーと連携しながら新たな価値の創出、 仕組みづくりを進めている。

  • line

OPERATING GROUP

SDGsの社会実装を目指す
「京都超 SDGs コンソーシアム」

SDGs先進都市である京都市をフィールドに産学公が連携し、SDGsの達成に向けてともに考え、行動し、発信する「京都 産学公 SDGs プロジェクト」が2019年6月27日に発足しました。
プロジェクトを推進し、SDGsの社会実装を目指すために「京都超 SDGs コンソーシアム」(京都大学、京都市、リコー、JT、安田産業、ソフトバンク、ecommit、セブン&アイ・ホールディングス、三洋化成工業)を立ち上げ、京都大学における資源循環や省エネ・創エネに関する取り組み、人口が減少している中山間地域の維持、持続可能性・SDGsをテーマにした教育プログラムの開発等、SDGsの社会実装を目標とした取り組みやシンポジウムや博覧会等による発信・情報交換を行っています。

京都超DSGsコンソーシアム

  • 京都大学
  • 総合地球環境学研究所
  • 京都市
  • 京都府
  • RICOH
  • 安田産業グループ
  • JT
  • SoftBank
  • ecommit
  • 三洋化成
  • セブン&アイホールディングス
  • マクドナルド
  • エフピコ
  • 國中環境開発
  • 大和リース
  • MIRARTHホールディングス株式会社
  • mizkan
  • Zojirushi
  • THE ADECCO GROUP
  • トーカイグループ
  • ワコールホールディングス
  • モノファクトリー
  • エコ〜るど京大
  • いきもの倶楽部konomi

京都超DSGsコンソーシアムリーフレット

NEWS LATTER

注目の事例や、見逃したくない配信まで、
ニュースレターで確認しよう

ご登録はこちら