「エコ宣言」に参加してください!!

只今の宣言登録数は

  • 0
  • 0
  • 1
  • 8
  • 6
  • 0

人です

(旧エコ宣言登録者数は1,914人)※2012/3/31時点

今すぐ登録!!

  • ログイン
  • 結果の閲覧
くすちゃんスペシャルウォールステッカープレゼント!!
くすちゃん

Twitter くすちゃん

京都大学環境エネルギー管理情報サイト公式Facebookページ

ゴーヤ育て日記ブログ

今日のいちにちいちエコ

トップページ  »  エコ~るど京大

未分類

エコ~るど京大:2019年05月

日程:2019年6月27日
10:00-10:10 開会
10:10-12:30    パネルセッション
「資源・エネルギー問題を起点に、パートナーシップでSDGs に挑む」
13:00-16:15     地方創生 SDGs 官民連携PF JST 地域産学官社会連携分科会
13:00-14:30 企業・団体向け「SDGs 入門」
13:30-14:30 国際ワークショップ「レジリエントな低炭素社会の構想」
14:30-16:15 SDGs 事始めワークショップ
16:30-17:45 SDGs に関するもやもや感を少しでも解消!「超SDGs 道場」
18:00-             超SDGsネットワーキングディナー

場所:京都大学時計台百周年記念館
主催:京都大学
共催:国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)、関西SDGsプラットフォーム ほか
参加費:無料(ネットワーキングディナーのみ2,000円(学生無料※))
※学生のネットワーキングディナーのみの参加は不可
★リーフレットはこちら

==========企画趣旨===========
国連SDGs(2030 年に達成すべき持続可能な開発目標)においても、複数のゴールにまたがる課題として整理されている資源・エネルギーの課題。特に気候変動やそれと密接に関わるエネルギーについては、2030 年を通過点にしつつ、今世紀後半にCO₂ 排出をプラスマイナスゼロにするという世界的目標が掲げられている。また、昨今、国際的な政治課題としても重視されている海洋プラスチック問題は、化石資源由来製品の在り方をも問い、循環経済(サーキュラーエコノミー)を加速する大きな推進力となっている。このように、大きな転換期にある今、私たちは何をすべきなのか?様々な専門家とともに考えるパネルセッションのほか、学生や若手研究者らによるポスター発表、挑戦的なワークショップなどから、1 日かけて紐解いていきたい。
本企画は、2018年10月に開催した「食と持続可能性」シンポジウム(https://eco.kyoto-u.ac.jp/?cat=59)に続く第二弾。今回は『資源・エネルギー』の観点から、持続可能性について考えを深める。また今回より、持続可能性・SDGsをテーマに新たに立ち上がる「調和ある地球社会研究ライトユニット(通称:超SDGs研究ライトユニット)」が中心的に企画・運営を担う。
なお、今回は、サイエンスアゴラとしての開催にもなっており、よりオープンな議論を目指し、多くの方々の参加を歓迎している。

「サイエンスアゴラ」とは…
サイエンスアゴラは、科学技術振興機構(JST)が主催する科学と社会をつなぐ日本最大級のオープンフォーラム。あらゆる人々が対話・協働し、それを政策形成や知識創造へ結びつける共創のプラットホーム構築を推進している。2017 年度より、ビジョンやテーマを共有する機関とともに共創活動の振興を図る連携企画を実施している。
http://www.jst.go.jp/sis/scienceagora/

==========なぜ『超』SDGs?==========
京都大学においては、SDGs(国連の持続可能な開発目標)の達成に資する研究・教育・社会貢献活動が、長年、多様な形で展開されてきた。そして、SDGsの概念や年限を超えたものも多く存在する。言葉にかえれば、本学の理念にある「地球社会の調和ある共存」に集約されるかもしれない。それらも評価され、世界の大学SDGsランキング(タイムズハイヤーエデュケーション)では、日本一位にランキングされた。生態系や地域を含む地球社会的な視野で、世代を超えた構成員の英知を集め、多様な議論や営みを持続させるという決意を込めて、『超』SDGsをタイトルにしている。

==========各企画について==========
 開会 北野正雄 京都大学理事・副学長(10:00-10:10 1Fホール)

 

 パネルセッション(10:10-12:30 1Fホール)
「資源・エネルギー問題を起点に、パートナーシップでSDGsに挑む」
資源・エネルギー問題に関する国や地域、企業における取り組みの先端を知ると同時に、SDGs 達成やその先を見据えた議論を行い、 産官学連携に向けた視座・ヒントを得ることを目的とする。

≪登壇予定者(敬称略)≫
末吉竹二郎 気候変動イニシアティブ/WWFジャパン 代表
門川大作  京都市 市長
山下良則  ㈱リコー 社長
山本昌宏  環境省 環境再生・資源循環局 局長
高瀬幸子  近畿経済産業局 通商部 企画官
真先正人  科学技術振興機構(JST)理事
諸富徹   京都大学地球環境学堂 教授
コーディネーター:
酒井伸一  京都大学環境科学センター 教授

対象:どなたでも参加可能
参加申し込みはこちら(https://forms.gle/JpN6WyLbqb4at8kW7)から!
事前予約優先。定員(450人)になり次第締め切り。

 

 国際ワークショップ(13:30-14:30 2Fホール)
「レジリエントな低炭素社会の構想」
若手研究者を中心とした気候変動及び資源循環に関する、ポスターセッション(日本語/English)を実施する。未来の担い手と直接じっくり話し合えるチャンス!
※ポスター募集情報はこちら:https://eco.kyoto-u.ac.jp/?p=5516

企画・運営:京都大学地球環境学堂
対象:どなたでも参加可能
参加(見学)申し込みはこちら(https://forms.gle/JpN6WyLbqb4at8kW7)から!
当日参加も歓迎。

 

 地方創生SDGs官民連携PF JST地域産学官社会連携分科会
「わたしのまちのスマートモビリティ2030」
(13:00-16:15 2Fホール)

第1 部:ピッチトーク 第2 部:ディスカッション

大人、子ども、高齢者、障害者、外国人など様々な人にとって魅力的で、環境にやさしく、持続可能なわたしたちのまちの未来の交通とは?
行政、研究者、企業、金融機関、学生、市民が集い、地域が抱える課題、課題を解決するための技術や取り組みを紹介しあい、地域視点で未来の交通や移動について考える。

企画・運営:科学技術振興機構(JST)
参加に関する情報はJSTホームページ(https://www.jst.go.jp/sdgs/events/20190627.html)をご覧ください。

 

 SDGs事始めワークショップ(14:30-16:15 2Fホール)
SDGs の基本理解をはかると同時に、超SDGs的視点への足掛かりを得るためのワークショップ。豪華賞品をめがけて、国際WSのポスターも活用しつつ、学生と社会人の混成で、世代や専門分野を超えて取組んで頂く予定。

企画・運営:エコ~るど京大
対象:どなたでも参加可能
参加申し込みはこちら(https://forms.gle/JpN6WyLbqb4at8kW7)から!
事前予約優先。定員(60人)になり次第締め切り。

 

 企業向けセミナー(13:00-14:30 2Fホール)
企業・団体向けセミナー「SDGs入門」
SDGs 達成に向けての取組が企業等にとっても無視できない今、各企業等が『自分ごと』としてSDGsをとらえてもらうためのセミナー説明会及びミニレクチャーを実施。

企画・運営:京大オリジナル
対象:企業・自治体・各種団体の方々
参加申し込みは京大オリジナルHP(https://www.kyodai-original.co.jp/?p=4305)を確認の上、直接ご連絡ください。

 

 トークセッション(16:30-17:45 2Fホール)
SDGsに関するもやもや感を少しでも解消!「超SDGs道場」
SDGs に対する様々な疑問や意見、違和感などについて、前代未聞の全員 参加型でとことん議論!
道場メンバー:宮野公樹(京都大学学際融合教育研究推進センター)
エコ~るど京大メンバー ほか

企画・運営:エコ~るど京大
対象:どなたでも参加可能
参加申し込みはこちら(https://forms.gle/JpN6WyLbqb4at8kW7)から!
事前予約優先。定員(100人)になり次第締め切り。

 

 超SDGsネットワーキングディナー(18:00- 2Fホール)
道場の熱をそのままに、こだわりのSDGsディナーと会話を楽しんで!
【参加費2千円/学生無料※】 ※学生はディナーだけの参加は不可

企画・運営:エコ~るど京大
参加申し込みはこちら(https://forms.gle/JpN6WyLbqb4at8kW7)から!
事前予約優先。定員(200人)になり次第締め切り。


活動に関心をお寄せくださっているみなさま
平素より格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。
エコ~るど京大、法学部四回生谷合敬太と申します。

今回のご報告は二点になります。
① ついにBLUE SEAFOOD CURRYが完成いたしました!!!
② この商品を通じて、皆様にお伝えしたいこと。

 

① ついにBLUE SEAFOOD CURRYが完成いたしました!!
「日本の食の価値を再定義し、世界に届ける」という信念をもって事業を行っていらっしゃる株式会社カンブライトさん(https://canbright.co.jp/)

「海の恵みを享受するすべての人々がともに手を携えて、海洋資源の保護活動を通して次世代に健康な地球を受け渡す責務に関心を持てるよう、学習の機会を提供する」という信念をもって活動していらっしゃるセイラーズフォーザシーさん(http://sailorsforthesea.jp/)の皆様の多大なるご尽力により、ついに先行販売が決定いたしました。

先行販売日時:令和元年5月29日(水)より

販売場所:

【い】店舗における販売
・5月29日(水)~@カンナチュール京都高倉錦店(定休日:日曜日)

【ろ】イベントにおける先行販売
・5月31日(金)~6月2日(日) 各10:00~17:00
『夜のご褒美フェア』@パシフィコ横浜Cホール(https://expo.ecnomikata.com/)
・6/1(土)~6/16(日) 各10:00~20:30
『京都ハンズ5周年フェア』@ハンズ京都店

(https://kyoto.tokyu-hands.co.jp/item/cat/kannatyuru.html)
※京大での販売・カンナチュールECサイトにつきましては、現在準備中です。
売り切れ次第終了となります。ご了承ください。

希望小売価格(税別):3000円(3缶セット)

 

パッケージ画像

 

牡蠣のココナッツカレー

 

② 商品を通じて、皆様にお伝えしたいこと
この商品の最大の特徴は、なんといってもブルーシーフードのうち、カツオ(産地:宮城県漁法:一本釣り)、マガキ(産地:宮城県 漁法:養殖)、ワカメ(産地:国内産)を使用している点であり、地球にやさしいシーフードカレーであることです。

ブルーシーフードって何?どうしてこのカレーは地球にやさしいの???
そう思われる方も多いかもしれません。
そこで!!
ブルーシーフードとは何ぞや?ということについて、改めて簡潔にご説明させていただきます。

ブルーシーフードとは…
ズバリ!おいしく、たのしく、地球にやさしいシーフードです。
具体的には、カツオやホタテ、カキ、ワカメやイセエビなどが挙げられます。
しかし、これらのシーフードの全てが、ブルーシーフードという訳ではありません。
これらの資源量、つまりシーフードの絶対量が豊富であり、かつ、責任を持って持続可能な方法で漁獲・養殖が行われたもののみが、「ブルーシーフード」になります。
よって、ブルーシーフードを積極的に食べることは、SDGs目標14「海の豊かさを守ろう」につながります。

今回のカレーでは、カツオ・カキ・ワカメを使用させていただきました。
ぜひ、おいしく、たのしく、地球にやさしく、ご賞味くださいませ。

 

試食会の様子

 

 

 

 

 

ブルーシーフードについて、もっと詳細に知りたい!という方には、セイラーズフォーザシーのページ(http://sailorsforthesea.jp/blueseafood)に詳しく記載されておりますので、ぜひご覧いただければと思います。

 

次回以降、本製品の特徴に加え、本製品を活用して、何倍も楽しむノウハウをご紹介していく予定です。
お楽しみに!!

 

エコ~るど京大
法学部四回生谷合敬太

 

【サポーターとなってくださる企業さんを募集しています。】
共同パッケージ制作や共同イベントを通じて、SDGs達成に一緒に貢献していただけませんか?
もし興味を持っていただいた方がいらっしゃいましたら、(taniai.keita.64x♯st.kyoto-u.ac.jp)までご連絡くださいますようお願い申し上げます。(♯を@に変えてご連絡ください。)


57日から開催中の「エコ~るど京大 初夏の陣」オープンラボ。

本日はその中でできる無料の本格木工体験のお知らせです。

紅萌祭でお箸・箸置きを作った方、木工に興味のある方、空きコマをどう過ごそうか迷っている方、どんな方でも大歓迎です!ルネ1階で楽しく便利な木のグッズを作りましょう!

 

作成できるもの一覧

・国産ヒノキを使用したごみ箱ラック(製作は木の枠のほうとなります)

・孟宗竹のプランター(植木は見本です。製作は下のプランター部分です)

・廃材を再活用!ウッドブロックカレンダー

・アレンジ自由!すのこタイプの木の棚(置物は見本です)

 

以下詳細です。両日とも予約の案内を下部に記載しています。

 

木工体験―1

日時:514日(火)・15日(水)・20日(月)・22日(水)・27日(月)・29日(水)の11時~17時頃

場所:ルネ1階特設広場

作成できるもの:ごみ箱ラック(製作目安2時間程度)、竹のプランター(製作目安30分程度)、ウッドブロックカレンダー(製作目安1時間程度)の中からひとつ。

1日で作業が終わらなかった場合、上記の別日で続きを製作することも可能ですのでスタッフに相談してください。)

 

協力:兵庫県川西市国崎クリーンセンター啓発施設「ゆめほたる」

 

木工体験―2

日時:528日(火)12時~17

場所:ルネ1階特設広場

作成できるもの:すのこタイプの木の棚(製作目安90分)

 

協力:吉野木工教室

 

予約はこちらのアドレス(yokoi.haruki.23x@st.kyoto-u.ac.jp)まで。

その際、件名を「木工教室の予約」とし、本文に名前・所属・学年・希望日時・時間・電話番号を記入してください。

*基本的に飛び入り参加も可能ですが、製作できる数に限りがございますので、希望者多数の場合は予約していただいた方から優先の体験となります。ご了承ください。

528日のみ完全予約制となります。締め切りは516日(木)ですので、お早めにご予約をお願いします。

 

また、大好評のプラとの「縁木り神社」、木の桝プレゼント企画も継続して実施中!

趣旨についてはこちら

この機会にぜひオープンラボに足をお運びください!

 

====================

エコ~るど京大事務局:京都大学環境安全保健機構附属環境科学センター

TEL : 075 753 77035922   FAX : 075 053 7710

https://eco.kyoto-u.ac.jp/

====================

 


今年もやってきました、初夏の陣。

6月の環境月間に先立って、エコ~るど京大は5月から初夏の陣を開催しています。毎年恒例のオープンラボから、IPCC・祇園祭とのコラボまで。

脱プラをキーワードにした縁木り神社・木の桝プレゼントもあります。

そしてなんとルネの中で本格的な木工体験まで出来ちゃう

一味違う今年の「初夏の陣」にぜひ足をお運びください!

 

こちらが「初夏の陣」5月編イベント一覧です。(詳細は下記参照)

・毎年恒例!「オープンラボ」様々な先生方と気軽にお話しするチャンス!

・今年は脱プラ!「プラとの縁木り神社・木の桝配りマス第2弾」

・無料で体験⁉「木工教室」

・世界に一つだけの「マイバッグを作ろう!」

・掘り出し物を探せ。「フリーマーケット」

・金曜日も夜更かし。「映画でAll Night !

IPCC・祇園祭関連イベント

 

リーフレットはこちらからご覧いただけます。

 

====================

オープンラボ

====================

日時:57日(火)~531日(金)の平日11時~17時頃

場所:ルネ1階特設広場

 

日替わりで京大の先生方がルネに登場。環境・持続可能性について研究している

先生方とルネで思う存分お話いただけます。

また、今年は「マイバッグを作ろう」「木工教室」も同時開催。詳しくは下記。

 

参加していただく先生方(順不同・敬称略)

 

浅利美鈴(地球環境学堂)

山敷庸亮(総合生存学館)

野中鉄也(工学研究科)

矢野順也(環境安全保健機構附属環境科学センター)

森里海連環学教育研究ユニットー社会班

・徳地直子・石原正恵(以上フィールド科学教育研究センター)

・清水夏樹・法理樹里(以上森里海連環学教育研究ユニット)

森林・人間関係学分野オープンゼミ

・内藤大輔(農学研究科)ほか

 

=======================

縁木り神社・木の桝配りマス第2

=======================

日時:オープンラボ開催中

場所:ルネ1階特設広場

4月の紅萌祭で好評だったプラとの縁木り神社が初夏の陣に帰ってきます。

日常生活にあふれているシングル・ユースプラを縁切り神社に結んで「縁切り」を宣言してください。また、紅萌祭で行った木の桝プレゼントも実施!国産ヒノキ製の「京大1合マス」をもらえるチャンスです!

趣旨等はこちら https://eco.kyoto-u.ac.jp/?p=5443

 

====================

木工教室

====================

日時:514日(火)・515日(水)・520日(月)・522日(水)・527日(月)・528日(火)・529日(水)

場所:ルネ1階特設広場

「脱プラ」をキーワードに、プラの代替素材として「木」にクローズアップ。

本格的な木工体験が1コマ程度の時間で、無料で行えます。

今回は、ごみ箱ラック・竹のプランター・ウッドブロックカレンダーから作る作品を選んでいただけます(528日以外)。ただし、528日(火)は、棚の製作のみとなります。

 

528日は事前予約が必要となります。締め切りは516日(木)です。

他の日程については、予約・当日飛び入り参加ともに可です。希望者多数の場合、予約者を優先させていただきます。

予約はこちらのアドレス(yokoi.haruki.23x@st.kyoto-u.ac.jp)まで。

その際、件名を「木工教室の予約」とし、本文に名前・所属・学年・希望日と時間・作成したい作品・電話番号を記入してください。作品

 

協力:528日 吉野木工教室

528日以外 兵庫県川西市国崎クリーンセンター啓発施設(ゆめほたる)

 

====================

マイバッグを作ろう

====================

日時:58日(水)・59日(木)524日(金)

場所:ルネ1階特設広場

無地のマイバッグに自分でデザインしてオリジナルのマイバッグを作れます。(無料)

協力:日本環境保護国際交流会(J.E.E.

 

====================

フリーマーケット

====================

日時:オープンラボ開催中

場所:ルネ屋外

食器・衣類から書籍・雑貨まで幅広く揃うフリーマーケットを開催します。

※期間外の常設フリマ情報はこちら https://eco.kyoto-u.ac.jp/?cat=60

 

===========================================================

映画でAll Night !

<映像>を通して考える教育・平和・貧困・ジェンダー

===========================================================

日時:524日(金)20:00525日(土)5:00

場所:本部構内物理系校舎7708

人間環境学研究科の岡真理先生が厳選した映画4本をオールナイトで観ませんか?

今回のラインナップはこちら!

・小さな哲学者たち

・女は二度決断する

・クリーナーズ

・ブレッド&ローズ

申込はこちらのアドレス(ecocheck@eprc.kyoto-u.ac.jp)まで。

タイトルを「映画でAll Night ! の申込」として、本文に名前・所属・学年(教職員の方はそちらを明記)を記入してください。。

 

====================

IPCC Weeks

====================

今年、京都でIPCCが開催されることに絡んで、京都大学はIPCC Weeksを開催します。様々なイベントが開催されるので、詳しくはHP(https://sites.google.com/kura.kyoto-u.ac.jp/ku-ipccweek/home)をご覧ください。その一環として行われる座談会にエコ~るどメンバーが参加します。

 

=========================

祇園祭(こんちきジーズ)

=========================

今年が祇園祭創始1150年であることを機に、京都市との合同プロジェクト「祇園祭創始1150年記念プロジェクト こんちきジーズ~祇園祭から学ぶ持続可能性。SDGsの先へ~」を開始します。社会人と学生の混合チームでSDGsと祇園祭について学び、考えるプロジェクトとなっています。512日スタートとなっていますので、学生参加はお早めにこちら(ecocheck@eprc.kyoto-u.ac.jp)のアドレスにご連絡ください!

 

======念のため・・・
エコ~るど京大とは?
エコ×世界(ワールド)からの造語。フランス語で学校を
意味するEcoleから,京大でエコについて学ぶ企画の意味も。
環境・サステナビリティ問題への気づきや学び,出会いの
場を目的に,多様な関係者がわいわいがやがや話し合いながら
様々な企画を展開しています。
Facebookhttps://www.facebook.com/ecosengen
Twitter@kusu__chan ( https://twitter.com/kusu__chan )