「エコ宣言」に参加してください!!

只今の宣言登録数は

  • 0
  • 0
  • 1
  • 8
  • 4
  • 9

人です

(旧エコ宣言登録者数は1,914人)※2012/3/31時点

今すぐ登録!!

  • ログイン
  • 結果の閲覧
くすちゃんスペシャルウォールステッカープレゼント!!
くすちゃん

Twitter くすちゃん

京都大学環境エネルギー管理情報サイト公式Facebookページ

ゴーヤ育て日記ブログ

今日のいちにちいちエコ

トップページ  »  未分類

SDGsコンソーシアム 

未分類

ともにSDGsについて考え、議論し、社会実装を目指すネットワークを広げるための研究会をスタートさせました。京都超SDGsコンソーシアムメンバー以外に、10社限定で募集を行い、年度内に5回程度の研究会を行います。既に次の2回の研究会を実施し、本学のユニークな研究者からの講義を受けて頂くと同意に、施設見学やグループワークなどを行い、参加者間の交流も深まってきました。今後、それぞれの課題を持ちよっての議論や、社会実装に向けたブレインストーミング、SDGsの深い理解に向けた活動を目指していく予定です。

 

◆2019年10月31日 アジア・アフリカとSDGs

ファシリテイター:真常仁志

京都大学地球環境学堂陸域生態系管理分野/農学研究科比較農業論講座 准教授

講師① 小林広英 京都大学地球環境学堂 地球親和技術学廊 教授

「在来建築の可能性」

講師② 新福洋子 京都大学医学研究科人間健康科学系専攻家族看護学 准教授

「アフリカにおける母子保健」

講師③ 大山修一 アジア・アフリカ地域研究研究科アフリカ地域研究専攻 准教授

「自然と人々の関わり」

留学生からの話題提供及び交流会

 

◆2019年11月15日 ごみと持続可能性

ファシリテイター・講師:浅利美鈴(地球環境学堂/環境教育論分野/准教授)

「ごみと持続可能性」、「SDGsの基本的理解について」

 

「さすてな京都」及び施設見学:京都市南部クリーンセンター第二工場は、バイオガス化施設や煙突展望台等を備えた焼却施設として、注目を集める。2019年10月に稼働した施設と併設の環境学習施設「さすてな京都」の見どころを一早く見学。https://sustaina-kyoto.jp/

 

「SDGs自分ごと化」プログラム:各社の活動や製品・サービスについて、他社からの参加者と組みになって、各ゴールのラベリングを実施。


京都大学学際融合教育研究推進センター所属「超SDGs研究ライトユニット(正式名称:調和ある地球社会研究ライトユニット)」と京都市、日本たばこ産業株式会社、安田産業株式会社、株式会社リコーは、SDGs先進都市である京都市をFieldに産学公が連携し、SDGsの達成に向けてともに考え、行動し、発信する「京都 産学公SDGsプロジェクト」を2019年6月27日に発足しました。

 

本プロジェクトは、学者や企業の研究者などが学術研究を行う「超SDGs研究ライトユニット(正式名称:調和ある地球社会研究ライトユニット)」と、SDGsの社会実装を目指す「京都超SDGsコンソーシアム」、SDGsに関する情報交換や議論を行う「講義・セミナー」の3つの活動を推進するもので、京都大学において開催した「京都大学≪超≫SDGsシンポジウム/サイエンスアゴラin京都」は、本プロジェクトに基づく取り組みの第一弾となります。

 

今後は、趣旨に賛同し、本プロジェクトに参加する企業・団体を増やしながら、世界や地域におけるSDGsの取り組みが、真に持続可能な社会の実現につながることを目指して活動を推進します。

 

<プロジェクト構成メンバー>

   

 

 

 

〈京都 産学公SDGsプロジェクトの3つの取り組み〉

■超SDGs研究ライトユニット

京都大学では、SDGsの達成に資する研究・教育・社会貢献活動を、長年、多様な形で展開しており、最近では、多くの学生がSDGsの実践活動に関わって、若い感性でユニークなアプロ―チを展開しています。こうした議論の輪をさらに広げ、産学公のさまざまな立場から学者や研究者が個人で集まり、学術的な研究を推進してまいります。

■京都超SDGsコンソーシアム

「超SDGs研究ライトユニット」と連携し、SDGsの社会実装を目指す産学公連携による共同プロジェクトです。京都大学においてサスティナブルキャンパスモデルの構築に取り組むほか、京都市北部山間地域の森林保全と再生可能エネルギーの利用、環境教育プログラムの開発などに取り組む予定です。今後、本プロジェクトに参画する企業・団体を募り、2019年秋から活動をスタートしています。

■講義・セミナー

第一弾のイベントとして、6月27日に京都大学において「京都大学≪超≫SDGsシンポジウム/サイエンスアゴラin京都」を開催しました。詳しくはこちら をご覧ください。

本イベントでは、「資源・エネルギーと持続可能性」をテーマに、様々な専門家とともに考えるパネルセッションや、学生や若手研究者らによるポスター発表、挑戦的なワークショップ、セミナーなどを一日かけて行いました。G20前日に京都から発信する絶好の機会ということもあり、G20の20か国・地域以上の国・地域から学生・若者が集い、G20でも争点となるプラスチック対策に関する声明「京都大学プラヘラス宣言」 も出しました。

* 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

 

<本件に関するお問い合わせ先> メールアドアレスの*は@に変換してください。

京都大学 大学院地球環境学堂/超SDGs研究ライトユニット窓口 TEL:075-753-5922 E-mail:ecocheck*eprc.kyoto-u.ac.jp

京都市  総合企画局総合政策室 TEL:075-222-4100

日本たばこ産業株式会社  北関西支社リレーション推進部 TEL:06-7637-1980

安田産業株式会社  地球環境室 TEL:075-604-5353 E-mail:info*yasuda-group.co.jp

株式会社リコー  広報室 TEL:050-3814-2806 E-mail:koho*ricoh.co.jp

 

本件のリリース文はこちら からダウンロードできます。

 

 


毎日の成長が楽しみです!
高いところは脚立に上って、
1つの雌花に2つ3つの雄花を受粉させ、
只今8つ受粉完了。
あと2つほど雌花が咲きそうです。
着々とゴーヤが育ってきていて、収穫が楽しみです。

ゴーヤの苗、植えて約1ヶ月、ゴーヤが実って来ました。

 


BRANCH松井山手×エコ~るど京大 つづくプロジェクト」とは、京田辺市松井山手にある複合商業施設BRANCH松井山手を舞台に、SDGsに関するイベントを開催し、BRANCH松井山手を利用する方々やテナントの方々に持続可能性についてともに考え、楽しく行動してもらおうという企画です。

現在SDGsは世界的に注目を集めていますが、一般の人々の認知率は19%とまだまだです。そこで一般の人にも分かりやすく、そして楽しくSDGsについて考えながら実践できるイベントを開催していこうと考えました。また、イベントを開催するBRANCH松井山手のテナントの方々にも協力してイベントを企画・開催していただきながらSDGsについてともに考え、実践していただきます。こうして皆さんに持続可能な活動を実践してもらうことで、BRANCH松井山手が持続可能なショッピングモールに、さらには松井山手という地域が持続可能な地域になることを目標としています。

一見難しそうに聞こえますが、「楽しい!面白い!」と思っていただくことを第一条件としてイベントを開催していきます。BRANCHSDGsに関する商品を紹介したり、参加することで生活が豊かになるようなことを学べたり松井山手の人々に有意義なイベントを続けていこうと思っています。

実は、すでに第1弾、第2弾を開催しましたので、どんなイベントになったか紹介します!

 

55日には第1弾として「留学生、京大生と英語で話そう!」と題し、BE studioさんにお手伝いしていただき、年少から小学校低学年の子ども達対象で留学生とゲームをしながら楽しく英語で会話する英会話教室を開催しました。

現在日本では英語教育が重視されていますが、本当に英語を学ぶ目的は異なる文化を持った人とコミュニケーションを取ることだと考え、英語でコミュニケーションを取る楽しさを子ども達に感じてもらうことを目的として開催しました。

当日は多くの子ども達に参加していただき、英語を話す子ども達の声がBRANCH中に響き渡りました。子ども達からは「先生じゃない外国の人とお話できて楽しかった。」という声をいただき、保護者の方からは「留学生の方に、自分からどんどん話しかける娘の姿に驚きました。」という声を頂きました。

今回のイベントを機会に子ども達が英語を話す楽しさを感じて勉強に励み、これからも積極的に英語を話していくことを願っています。

また、イベントの様子を利用者の方やテナントの方に知っていただく「つづく通信」を作成し、BRANCH松井山手内に設置して頂きます。「つづく通信第1弾」はこちら

 

 

2弾は、「サステイナブルなコーヒーを知ろう!」と題し、コーヒー生産の現状やフェアトレードについてまとめたチラシを作成し、京都キョーワズ珈琲BRANCH松井山手店にて、利用者の方々に配布していただいています。

コーヒー生産は、持続可能な農業や貧困問題、フェアトレードの話題など、SDGsに深く結びついていく話題です。そのため、コーヒー生産を題材にSDGsについて、またフェアトレード製品の重要性について利用者の方々に考えていただくために、チラシを作成しました。さらにチラシ内では、京都キョーワズ珈琲さんの「フレンドシップコーヒー」の取り組みについても紹介させていただいています。

つづくプロジェクト第2弾「サステイナブルなコーヒーを知ろう!」のチラシはこちら

 

こちらのチラシは6月中、京都キョーワズ珈琲BRANCH松井山手店にて設置させて頂いているので、ぜひ皆様手に取ってみてください!

 

これからも楽しくSDGsについて考えられるイベントを開催していくので、今後の展開を楽しみにしていてください!


1 / 81234...最後 »