「エコ宣言」に参加してください!!

只今の宣言登録数は

  • 0
  • 0
  • 1
  • 9
  • 4
  • 7

人です

(旧エコ宣言登録者数は1,914人)※2012/3/31時点

今すぐ登録!!

  • ログイン
  • 結果の閲覧
くすちゃんスペシャルウォールステッカープレゼント!!
くすちゃん

Twitter くすちゃん

京都大学環境エネルギー管理情報サイト公式Facebookページ

ゴーヤ育て日記ブログ

今日のいちにちいちエコ

トップページ  »  エコ~るど京大  »  お知らせ

エコ~るど京大

お知らせ

食べきることができなかった料理の持ち帰り容器として欧米において利用されている「ドギーバッグ」。国内でも自己責任で持ち帰ることを身近な習慣として広め、持ち帰りの実践を促す社会的な機運醸成を図ることを目的として「NEW ドギーバッグアイデアコンテスト」が実施されています。

京都大学の「環境学」の講義ではコンテストへの参加が課題となっており、エコ~るど京大でも全面的に支援しています。

せっかくのお料理を残さず持ち帰りおいしくいただくことによって、食品ロスの削減の推進を図るため、たくさんのアイデアを送ってください!

 

主催:環境省、消費者庁、農林水産省、ドギーバッグ普及委員会

 

応募対象

部門①:ネーミングの部

部門②:パッケージデザインの部

a)形状、素材を含め全く新しいデザインの容器のご提案

b)既存の容器の形状を活用し、印刷される絵柄等に関するオリジナルデザインのご提案

 

応募方法:食品ロスポータルサイト内の特設サイトよりご応募ください。

 

応募締め切り:令和2年6月1日(月)24:00  *変更の可能性あり

 

選考・表彰:有識者等で構成する委員会における審査により、各賞を決定します。

後日環境省内において表彰式を開催する予定です。

 

詳しい実施要領についてはこちらで確認してください。

 

参考:京都大学でも、長く、食品ロス等に関する研究が行われています。ここでは、英語の論文をご紹介しますが、日本語での執筆物も沢山あります。関心のある方は、是非ご覧/お問合せください。

  • Tetsuji Yamada, Misuzu Asari, Takahiro Miura, Tomoyuki Niijima, Junya Yano & Shin-ichi Sakai: Municipal solid waste composition and food loss reduction in Kyoto City, Journal of Material Cycles and Waste Management, 19(4), 1351-1360 (2017)
  • Matsuda T., Hirai Y., Asari M., Yano J., Miura T., Ii R., Sakai S. (2018) Monitoring environmental burden reduction from household waste prevention. Waste Management 71:2-9

エコ~るど京大は、『サイエンスアゴラin京都 京都大学超SDGsシンポジウム「資源・エネルギーと持続可能性」』において、『京都大学プラヘラス宣言』として、プラスチック問題に関する宣言を行いました。

 

「京都大学プラヘラス宣言」全文はこちらから。

京大式プラチャート「プライド」はこちらから。

 

今後、この宣言に基づき、プラスチックを減らす動きの源流となるよう、徹底的に考え、議論し、学内外での取り組みを加速させていきます。

 

 

 

京都大学プラヘラス宣言

~減らしながら考え、考えて減らす。~

エコ~るど京大 2019年6月27日

 

京大生が「プラスチックを減らすこと」について考えてみました。

 

なぜプラスチックを減らすのでしょう?

素材としての利用が始まってから1世紀足らず。

その軽量・高可塑性・安価といった優れた性質を活かし、

いまや私たちの暮らしすべてを形作っているといっても過言ではないプラスチック。

しかし、その原料は主に枯渇性資源である石油であり、

世界中で日常的に大量生産・大量消費され、大量廃棄されているのは疑いようのない事実です。

 

どのプラスチックを減らすのでしょう?

レジ袋などのシングルユースプラスチックは、以前より削減が進められてきました。

同時に、流通量が圧倒的なペットボトルへの対策も重視されています。

最近では、海洋プラスチックやマイクロプラスチックの問題がムーブメントを加速させています。

しかし、これらはプラスチック利用のほんの一部分であり、

大部分は削減に向けた対象として広く認知されていないのも事実です。

 

どのようにしてプラスチックを減らすのでしょう?

国や地方自治体、さらには企業や団体により、

3Rをはじめリニューアブルなバイオ系の素材開発や高機能化などの取り組みが広がっています。

また、個人による努力や工夫を行う人も増えてきました。

しかし、プラスチックに対する意識や依存度がそれぞれに異なるため、

社会全体としての足なみがそろわないことも事実です。

 

これまでのプラスチックを減らす取り組みに足りなかったのは、

プラスチックの複雑性と多面性に対する理解の広がりや深まりではないでしょうか?

認識を広げ、対話を重ねることで、プラスチックとの付き合い方を考えることは、

持続可能な社会の実現に向けて避けて通れません。

 

では、誰が、いつ、どこで、プラスチックを減らすのでしょう?

そうです。京大生が、いま、ここで、動き始めます。

プラスチック問題の本質を捉え直し、徹底的に考え、議論し、行動してゆくことを、宣言します。

 

私たちは、この宣言を、プラスチックを減らす本質的な動きの源流となる希望を込め、

ソクラテスやプラトンやアリストテレスらを生んだ「学芸の源流」たる古代ギリシャの呼び名「ヘラス(Hellas)」をなぞらえ、

「京都大学プラヘラス宣言」と名付けます。

 


2017年6月28日(水)に、京都大学のルネに
写真の寄付の着物を持ち込んでくださった方、
後で、御礼の企画へご招待したいですので、
お名前とご連絡先を、ご連絡お願いいたします。
連絡先:075-753-5922/ecocheck@eprc.kyoto-u.ac.jp

 


The‘Eco-Lab’ project aims to be a model for eco-friendly laboratories and offices with support from the “Ecole de Kyodai” and “100 people meeting”. We sincerely appreciate your understanding and contributions. If you have any requests to visit or questions, ideas or opinion, please let us know. This time we introduced twenty activities. In the future, we are planning to update and announce about new activities and verification.

* This project and communication activity is supported in part by the Kyoto University President’s FY2016 Discretionary Fund.

(As of the end of March 2017)

Eng_Kyodai Eco Lab

 

(さらに…)


環境配慮型研究室やオフィスの設備や運営のモデルとすることを目指して、エコ~るど京大や100人会議(京都大学の環境・サステイナビリティを考える100人会議)関係者の支援を受けながら、エコラボ(環境配慮型研究室)を始動しています。まだまだですが・・・ご利用の際は、ご協力お願いいたします。見学・体験のご希望、不明点等やアイデア、ご意見があれば、遠慮なくお伝えください。

 

今回は、2016年度末段階での20の取り組みを紹介します。

PDFでご覧頂くこともできます➡京大エコラボのご案内PDF

新しい取り組みが加わったり、取り組みの検証を行ったりした場合など、順次更新していく予定です。

※このプロジェクトや発信は、一部、2016年度京都大学総長裁量経費を活用しています。(2017年3月末現在)

 

(さらに…)