エコ~るど京大

全員参加型で環境負荷を低減する「持続可能なキャンパス」の実現を目指します

 » 生態系から生き物の「美しさ」を考える

生態系から生き物の「美しさ」を考える

2016.03.22

生物学の根源的な問いは「生命とは何か」である。その探求は分子、細胞、個体、個体群、群衆、生態系と様々な視点から「見る」という行為によって為されてきた。このように生物学は「見る」学問であり、その対象である生き物は多くの者を魅了し、時には「美しさ」を我々に感じさせる存在だった。この「美しさ」を今回は生態学と環境学を通して(そして哲学や美学、倫理学を交えて)考察することで、「美しい」という感情が想起する際に思い描く生態系がどのようなものかを考えてみたいと思う。

新着情報

NO PHOTO

―エコ~るど京大・浅利研究室 鹿児島研修 報告書―

鹿児島研修 全体概容     上田 知弥(工学部4回生)  8月6日、8月7日に、環境ビジネスを営む株式会社ecommit様の事業所見学をはじめとする鹿児島研修を行いました。今回は浅利研究室の学生1名 […]

SDGs お知らせ 研修報告

2020.09.11

2020年初夏の陣 超SDGs入門を開催しました!

環境月間の6月に開催している初夏の陣。毎年恒例のルネ特設広場におけるオープンラボを、今年はオンラインで開催しました。「勝手に集中講義!! 超SDGs入門」と題し、京都大学の先生方17名から研究テーマ、持続可能性についてを […]

SDGs 初夏の陣2020

2020.08.25

NO PHOTO

エコ~るど京大ウェブサイトをリニューアルしました

エコ~るど京大ウェブサイトをリニューアルしました

お知らせ

2020.08.12

ページの先頭へ