「エコ宣言」に参加してください!!

只今の宣言登録数は

  • 0
  • 0
  • 1
  • 8
  • 6
  • 0

人です

(旧エコ宣言登録者数は1,914人)※2012/3/31時点

今すぐ登録!!

  • ログイン
  • 結果の閲覧
くすちゃんスペシャルウォールステッカープレゼント!!
くすちゃん

Twitter くすちゃん

京都大学環境エネルギー管理情報サイト公式Facebookページ

ゴーヤ育て日記ブログ

今日のいちにちいちエコ

トップページ  »  エコ~るど京大  »  持続可能性・SDGs

エコ~るど京大

持続可能性・SDGs

1997年に採択された「京都議定書」から20年、京都大学創立から120年を記念し、昨年度立ち上がった調査・研究・実践プロジェクトが、二年目に入ります。新メンバーを募集しますので、関心のある方は是非ご連絡ください。

チームのメンバーには、自身の関心や社会ニーズに合わせて、持続可能な社会のあり方や、実現のための手段について、様々な形で学習していただきます。夏休みに行う調査では、フィールドワーク・ヒアリング・インターンなどにも取り組んでもらいます(費用補助あり)。また、持続可能な社会の構築に向けてチームごとに実態調査とシナリオ策定を行い、成果を発信してもらいます。成果は発行物などさまざまな媒体に掲載するため、自己アピールにも繋がります。プロジェクトは5月から複数回のミーティングとチームごとのワークを行います。大学生・院生にとっては、普通経験できない交流やワークをするチャンスです!

 

◆ミーティング&説明会

日時:5月8日以降、ご都合のあう日時を調整して設定します。

会場:生協ショップ「ルネ」や物理系校舎など

参加無料

予約:メールタイトルを「持活プロジェクトに関心あり」として、ecocheck@eprc.kyoto-u.ac.jpにメールを送ってください

主催:地球環境学堂 浅利研究室、エコ~るど京大(事務局:京都大学環境安全保健機構附属環境科学センター)

 

◆昨年度の成果

昨年度は、国連によるSDGs(持続可能な開発のための目標)を教材に、提示された17目標について学び、それをいかに自らの生活に結びつけるか、議論・検討しました。また、様々なフィールド訪問や交流、発表等を行いました。

活動の様子は、こちらからご覧いただけます。

https://eco.kyoto-u.ac.jp/?cat=66

https://eco.kyoto-u.ac.jp/?page_id=4860

 

また、自らの行動に結びつけるためのおススメの行動をまとめ、今年度の新入生全員に配布しました。

https://eco.kyoto-u.ac.jp/wp/wp-content/themes/ecolede/pdf/hayami2018_ura.pdf

 

◆今年度の活動方針

昨年度の成果も受け、持続可能な社会やそこにおける京都大学の役割を検討することを前提に、各種テーマや複合テーマについての学びを進化・深化させます。また、構成員一斉調査やその分析を行い、具体的な提案にも結び付けたいと考えています。昨年度同様、フィールド視察やヒアリング調査、国際シンポジウムでの発表なども実施予定です。


京都大学「持活」プロジェクトでは、国連の持続可能な開発目標(SDGs)に関する今後の取り組みの基礎とするため、一斉調査を実施予定です。そのプレ調査を6月まで実施します。3分程度で終わりますので、是非ご協力お願いいたします。

↓こちらから調査へ

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScN8qZBx_v2FG51p22Gmy5zcQ7UnaEgt3th5kL65T0qm6u9bw/viewform?usp=sf_link

 

★参加特典★

【1】もれなくもらえる!

「京都大学内のおススメ自習スペースMap」「賢いエコライフを応援する特製ウォールステッカー」をプレゼントします。共有スペースの利用は、空調や照明をシェアすることで、省エネにもつながります!

 

【2】抽選等で50人以上にあたる!

さらに、5月までに参加頂いた方、約50名様には、次のような豪華&便利グッズがあたります。アンケートの最後に、希望の賞品をお書きください。

 

———–賞品———–

●お米5kg 2人:自炊も応援!

 

●国産USB 2人:丈夫で容量たっぷり

 

●一澤信三郎帆布のバッグ 1人:A3も入るたっぷりサイズ。男女ともいけます。

 

●地球のすべてがわかる本格絵本 2人:

尾池和夫先生(京都造形芸術大学学長、京都大学元総長)の本「あ!地球が・・・」は、はせべくにひこ先生の漫画たっぷりながら、長い地球の歴史を深く学ぶことができる。子供から大人まで、何度も読める逸品。

 

●エコ~るど京大オリジナルTシャツ 3人:

くすちゃんがカワイイ!男女いけます。サイズはあなたにあわせます。

参考(ここで紹介しています):https://eco.kyoto-u.ac.jp/?page_id=2778

 

●お菓子セット 10人:2~10種類がセットに!

 

●マイ箸セット 3人:今はこれがブームです!

 

●ふろしき/マイバッグ 9人:いろいろな種類がありますので、先着でデザイン等選べます

 

●学内フリマ200円分 25人:食器から服、本、雑貨まで格安でそろいます。


3月1日の午後、京都市国際交流会館において、SDGs パブリックフォーラム in 京都「SDGs で描く京の未来」が、京のアジェンダ21フォーラムの主催にて開催されました。官民学の取り組みを紹介するなかで、ユースの取り組みとして、「京大持活(じかつ)プロジェクト」の活動内容を発表させていただきました。テーマ別討議でこれから将来を担うユースがSDGsに取り組む意義について様々な方々と話し合うことが出来ました。

本企画は、同日直前の時間に同会場で、国際協力や地球規模課題に取り組むNGOと外務省が政策対話を行うNGO・外務省定期協議会「2017年度第3回ODA政策協議会」が行われ、SDGsに詳しい政府やNGOの関係者も多数されました。

 

 

――― 感想 ―――

全体のキーノート(基調講演)では、京都市におけるレジリエントシティの取り組みの事例を取り上げていた。そこでは、持活のMTと同様にresilience の直訳が日本語としてうまくできないというジレンマの中で京都市なりに解釈をしてSGDsに取り組む姿勢が感じられた。その中でも特徴的なものが、レジリエンスな社会が市民の成長の場となるという考えのもとで京都市の基本構想を作成していることだ。これは、人口減少のさなかにある日本・京都において町づくりをしながら経済成長、あるいは市民の幸福度の向上を図るという考えが根底にあるようだ。いずれにしろ、災害に強い町、環境に優しい町、人が育つ町という様々な目標を達成すべくレジリエンスをキーワードにして取り組んでいることが分かった。

ユースの取り組みでは立命館大学Sustainable Weekの取り組みについてプレゼンを聞いた。何度か発表を聞いたことがあったが、ここが素晴らしいのは17項目それぞれに諸団体をあてて取り組んだ企画を、発表する場に応じて毎回クローズアップする団体を変えて内容を少しずつ変えている点であると思う。今回は次年度の実行委員会の委員長となる方も参加した上で、構内緑化の取り組みについてプレゼンがあった。その他にも、学内の緑地に関する意識調査をはじめ持活がしたいと思っていることを先にしていると感じる点もあった。次年度の立命館大学のテーマが食であることから、エコ~るど京大のテーマと関連があり注目すべきではないかと思う。持活の発表は、年度内の活動の総括である。一つ完成形を見せることが出来たので、これまでの発表内容よりも伝えやすく、また聞く側にも分かって頂けた気がした。新入生用のリーフレット(SDGs17ゴールに応じたおススメの行動や学び方を取りまとめたもの)を持っていけるとよりよかったと思う。

全体を通じて感じたのは、行政や企業からも参加者があったことでそれぞれの規模に応じて多種多様な形でSDGsに取り組もうとしているということだ。それを踏まえて、我々の持活も身の丈にあった、あるいは少し背伸びをした取り組みをできたらよりいいと思う。

 

文責:上田知弥


2017年10月28日(土)の午後、ジュニアキャンパスの一環として、中学生向けゼミを開催しました。参加してくれた10人の中学生と、約10人の京都大学学生・院生が、環境問題と国連SDGsについて学び、「私は何ができる?」をテーマに議論の後、マイバッグをデザインしました。

 

 

≪参加(運営支援)してくれた院生からのレポート(抜粋)≫

 

 

Javen Evera, Master student of Kyoto Univ. Graduate School of Global Environmental Studies

 

 

(さらに…)


◆立命館大学BKC開催「第11回HESDフォーラム」にて活動報告

10月7日・8日は、立命館大学琵琶湖草津キャンパス(通称BKC)において、「第11回HESD(High Education for Sustainable Development)フォーラム」が開催されました。

学生の取組み紹介ということで、「京大持活(じかつ)プロジェクト」の活動内容を発表させていただきました。立命館大学、琉球大学(!!)の学生さん達も参加されており、皆さんの取組みを聞いて大変勉強になりました。

 

持活プロジェクトを紹介する上田さん(工1)。

 

BKCのキャンパスツアーに参加。

 

琉球大学の大島先生と学生さん達と。フォーラム後、一緒に京都観光をしました。

文責:岡島未奈