「エコ宣言」に参加してください!!

只今の宣言登録数は

  • 0
  • 0
  • 1
  • 8
  • 6
  • 0

人です

(旧エコ宣言登録者数は1,914人)※2012/3/31時点

今すぐ登録!!

  • ログイン
  • 結果の閲覧
くすちゃんスペシャルウォールステッカープレゼント!!
くすちゃん

Twitter くすちゃん

京都大学環境エネルギー管理情報サイト公式Facebookページ

ゴーヤ育て日記ブログ

今日のいちにちいちエコ

トップページ  »  問う!  »  新着情報

SDGsコンソーシアム 

新着情報

2020年3月12日(木)~15日(日)に実施予定であった

サイエンスアゴラin京都/第3回京都大学超SDGsシンポジウム&博覧会「プラスチックと持続可能性」については、次のように展開することとなりました。

 

◆2020年3月に実施する内容

・3月14日・15日 子供・家族向け「京都大学超SDGs学部」オンライン試験

・3月14日「#かばんの中のプラ」SNS発信エックスデー企画

・3月12日 世界初!リユースぬいぐるみでできた「SDGs巨大オブジェ」登場

※後日、ネット配信などを予定

・キャンパスや京都市を舞台にしたアクションリサーチ

→詳しくは、下記★★をご覧ください。

 

◆2020年7月などに延期する内容

・3月12日-15日に渡って実施予定であった大規模な展示や

シンポジウム・セミナー・展示・WS・ショー等は

2020年7月2日から5日に渡って、京都大学時計台百周年記念館にて展開予定

※5月を目途に詳細を発信予定

・一部の企画は、6月中旬に別途実施予定

 

========================================

★★ 2020年3月に実施する内容 ★★

========================================

◆3月14日・15日 子供・家族向け「京都大学超SDGs学部」オンライン試験

プラスチック及びSDGsを主なテーマとしたオンラインクイズ大会を、2020年3月14日(土)・15日(日)に実施します。両日、異なる問題を、13:00にWEB上にて出題します。約1時間以内にオンラインで回答して頂きます。制限時間内であれば、手段を問わず、調べたい放題。満点者には、豪華賞品(一澤信三郎バッグ、琵琶湖産パールのアクセサリー、お食事券、京大グッズ、京大生宿題お助け券など)が当たるほか、先着1,000人(ただし1人1点)に、オリジナルボトルや木の枡、ガーゼマスク等々の記念品やモニター権を贈呈します。飛び切り難しい専門家からの設問もあり!是非、ご参加ください!

詳細は、本サイトにて、2020年3月9日を目途に、ご案内いたします。メール連絡を希望される方は、こちらからご登録ください。

https://forms.gle/J2KZ2SB4REkMUQNi7

 

◆3月14日「#かばんの中のプラ」SNS発信エックスデー企画

プラスチックとの持続可能な関係性を考えるきっかけとしてのSNSキャンペーンを、2020年3月14日をエックスデーとして展開します。はたしてバズることはできるのか?!

 

 

企画の趣旨については、こちらをご覧ください。

https://www.dropbox.com/s/nkjzdjm689begqv/GBEF%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%AB.mp4?dl=0

詳細は、本サイトにて、2020年3月9日を目途に、ご案内いたします。メール連絡を希望される方は、こちらからご登録ください。

https://forms.gle/irM6JkFBDrE1fxtPA

 

◆3月12日 世界初!リユースぬいぐるみでできた「SDGs巨大オブジェ」登場

参加型企画として、不要なぬいぐるみのチャリティー回収を実施中です。そのぬいぐるみを用いた巨大オブジェが、2020年3月12日13:00~13:15に、京都大学の時計台前にお目見え!世界中に、複数言語にてSNS配信し、SDGsの心と実践を訴えます。

※後日、正式な展示や、制作風景のネット配信などを予定しています。

また、ぬいぐるみの回収は、7月にも予定しています。

 

◆キャンパスや京都市を舞台にしたアクションリサーチ

京都大学プラ・イド革命(プラスチックとの持続可能な関係性構築)の実現にあたっては、個人の価値観の変革や、技術・システムの改善が必要なものもあります。多くの企業・店舗・団体と連携し、次のような企画を、2020年3月から中長期的に展開します。

◎京都大学生協におけるプラスチックの3R等の取り組み(リーフレットをご参照ください)

◎京都大学周辺における「京都大学プラ・イド革命」協力店舗(主に飲食店)の拡大

◎上記とも連動した大規模モニター実験:モニター実験は、ほぼ予定(https://eco.kyoto-u.ac.jp/?p=6212)通り実施。ただし、モニター募集は3月に加えて、4月・6月・7月にも実施予定。詳細は順次、本サイトにて発信いたします。

 

◆京都大学プラ・イド チャートの調査やテキスト化

 

【参考】リーフレット(https://eco.kyoto-u.ac.jp/?p=6200)からの主な変更点など

・2020年3月12~15日の京都大学での展示やシンポジウム・セミナー・展示・WS・ショー等は、2020年7月2日~5日に延期予定。

・SDGsオブジェは2020年3月12日13:00に時計台にて披露。※リーフレットには日時・場所の記載なし

・ぬいぐるみの京都大学での会期中の回収も7月2日~5日に延期予定。ただし、団体回収は掲載通り2020年3月に実施。

・モニター実験は、ほぼ予定通り実施。ただし、モニター募集は3月に加えて、4月・6月・7月にも実施予定。

・毎日新聞企画の展示・子供記者・記者による報告等についても7月2日~5日に延期予定。

・京都大学超SDGs学部企画(子供向け)は、2020年3月14日・15日に、オンラインにて開部(試験実施)する他、7月4日~5日にも展開予定。

・日中青少年環境漫画交流プロジェクトは掲載通り実施。

 

※びっくり!エコ新聞(2020年2月発行)についても、同上の変更内容となります。詳細は、こちらをご確認ください。


みなさま
大変お世話になっております。
さて、多大なるご協力やご期待を頂いて準備を進めている本企画ですが、3月12日から15日に渡っての大規模な展示やセッション等について、聴衆を集めての実施は、本日の国の要請を受けて、断念することを決意致しました。
ただし、今回の趣旨である「超SDGs」や「プラスチックと持続可能性」に関して、この間重ねてきた関係者の方々との議論や知見、ネットワークを、何らかの形にしたいと考えております。子供向けオンライン教育プログラムの提供・配信や、今回発出予定であった京都大学プラ・イド チャートver2や、シンポジウム・セッション等のオンラインプログラム展開や冊子化、良いタイミングでの社会実験の実施など、関係者にて熟考・議論予定です。近日中に、改めて展開内容を、本サイトにてご連絡しますので、どうぞ、よろしくお願いいたします。
主催・関係者一同

京都大学 超SDGsシンポジウム&博覧会が延期〔7月開催予定〕となり、

開催期間中における会場での回収が中止となりました。⇒ こちら

このため、ぬいぐるみの回収案内を一部修正しましたので、

最新版の回収案内はこちらをご覧下さい。⇒ こちら

====================================

 

京都大学超SDGsシンポジウム&博覧会では、リユース・リサイクル実証実験として、使わなくなった “ぬいぐるみ” “フィギュア”、“プラモデル”、 “プラスチックのおもちゃ”を集め、京都と日本・世界を、物と想いでつなぐリユース・リサイクルプロジェクトを展開します。

 

イベント概要

小さい時、大切な人からプレゼントしてもらった♪、おこづかいを貯めてやっと買えた!そんな思い出のつまった『ぬいぐるみ』や『フィギュア』・『プラスチックのおもちゃ』。まくらに並べて一緒に寝た思い出も成長と共に、部屋の片隅から眺めていることになっていませんか。リユースやリサイクルに、あなたの想いをのせて、つないでいく今回のプロジェクト。京都に今も息づく「しまつのこころ」で、物の価値を活かした環境負荷が低く、次の世代や世界の子どもたちが笑顔になる持続可能な(国連による持続可能な開発目標SDGsの達成に貢献する)リユース・リサイクルシステムの構築を目指します。

 

◆回収するもの

対象:ぬいぐるみ・フィギュア・プラモデル・プラおもちゃ

状態:次の人がそのまま使えて、使う/遊ぶのに不自由しないこと

 

※回収できないもの:目立つ傷、汚れ、カビ、埃のひどいもの、破損・欠品、日本人形やガラスケース、電池(取り除いて下さい)、木製品(積み木等)、大きなサイズのもの(3辺の合計が100センチをこえる)、枕やクッション

 

◆回収日時・場所

京都大学 超SDGsシンポジウム&博覧会は延期〔7月に開催予定〕となりましたので、会場での回収は中止します。

延期となったシンポジウム&博覧会を開催する際、再度ご案内し募集を行う予定です。

また、現在、企業・団体・学校などでまとめて回収して頂いている分につきましては、変更なしで継続して実施します。

※送付・搬入(送料等は自己負担)して下さる場合は、リンク先からからお申込みください。⇒ ぬいぐるみ回収参加申込フォーム

 

◆メッセージや投稿も大歓迎💛

ぬいぐるみへの想い、次に使われる方へのメッセージを添えて頂く/SNS投稿も大歓迎!!
メッセージを添える時は、記入した紙を袋に入れ、ぬいぐるみなどと一緒にして下さい。(記名・無記名どちらも可)個人情報などがわからないように、何らかの形でご紹介させて頂く場合があります。

★京都大学のWEBに掲載してよいものはメールにて ecocheck@eprc.kyoto-u.ac.jp へお送り下さい。
SNSへの投稿もお願いします。今回寄贈いただくぬいぐるみなどや、ぬいぐるみなどとのツーショット、想い出の写真などに以下のタグを付け、SNSへの投稿をお願いします。

#京大プラ博 #エコーるど京大 #リユースムーブメント

 

◆ぬいぐるみリユースアートのアイデアも募集中!

様々な形で発信させて頂きます。

⇒ ぬいぐるみリユースアートのアイデア募集参加申込書

 

※ぬいぐるみ回収ポスターは、こちら

※団体回収の詳細や、ぬいぐるみリユースアート募集の詳細は、ちら

 


キャンパスや京都市を舞台にアクションリサーチを展開!2千人のモニタ―募集!

京都大学地球社会の調和ある共存(超SDGs)研究ライトユニットやエコ~るど京大では、プラスチックとの持続可能な関係性構築に向けた検討を開始。中でも短期的に取り組むべきものについては、すぐさまアクションに移すことに。しかし、社会への浸透を考えると、様々な工夫が必要です。そこで、学内からモニターを募り、普及に向けたご意見を頂きたいと考えています。お力とお知恵をお貸しください!

 

◆モニタ―製品例

浄水器、ウォーターサーバー、無水銀プロジェクター、マイボトル、エコたわし、エコマスク、ラベルライター 等

◆概要

  • モニター製品には、①グループ参加が必要なもの、②個人で参加できるものがあります。
  • 2020年3月から、数カ月間(製品によります)、モニター使用して頂き、使用実態や改善点などについて、簡単にレポートして頂きます。
  • ものによっては、デポジット金(調査票提出後、返金)をお預りするものもあります。一部の製品は、モニター期間終了後も、そのままお使い頂くことを想定しています。ただし、転売等は固く禁じます。
  • 企画の趣旨から、できるだけ無駄になりそうなものはお配りしないようにしたいと思います。ご理解・ご協力、お願いいたします。
  • ①グループとは、研究室、居室(事務室等)、サークルなどで、同じ部屋などで一定時間を過ごす複数名のことを指します。

 

◆提供製品のタイプ

①グループ:浄水器、ウォーターサーバー、無水銀プロジェクター、ラベルライター ほか

②個人:マイボトル、エコマスク ほか

①②どちらでも良い:エコたわし ほか

※同じグループで2つ以上の製品のモニターをして頂くことはできません。個人も同じです。ただし、①グループで申し込みされた方でも、②個人のモニターにはご参加頂けます。ただし、②は各自でお申し込みください。

 

◆応募方法

【1】3月12~15日の京都大学超SDGsシンポジウムの会場に足をお運び頂ける場合

会場にて実物をご確認頂いた上で、会場内のモニター受付にてお申し込みください。なお、浄水器及びウォーターサーバー、無水銀プロジェクターについては、設置条件等を確認の上、後日、結果をお知らせいたします。なお、①グループ参加を検討されている場合、物や条件が判断できるよう、できれば複数名(研究室等の場合は教職員を含む)でご来場ください。★必ず学生証/職員証をご持参ください。

<会場>3/12(木)13:00-17:00@京都大学芝蘭会館

3/13(金)10:00-17:00@京都大学芝蘭会館

3/14(土)3/15(日)10:00-17:00@京都大学総合研究8号館

【2】会場にお越し頂けない場合:3月末までにメール(ecocheck*peprc.Kyoto-u.ac.jp *を@にして送信ください)にてご連絡ください。詳細な情報を提供します。ただし、来場者優先となる場合があります。

 

◆その他

「ぬいぐるみ」や「衣服」を回収します。不要となったものがあれば、ご持参のうえ、ご寄贈ください。有効活用いたします!ぬいぐるみの回収条件は、こちらをご確認の上、お持ち込みください。

※本件のポスターは、こちらからダウンロードいただけます。

※団体回収の詳細や、ぬいぐるみリユースアート募集の詳細は、こちら


サイエンスアゴラin京都

第3回京都大学”超”SDGsシンポジウム&博覧会「プラスチックと持続可能性」

開催日:2020年3月12日(木)~15日(日)

主催:京都大学

場所:京都大学(百周年時計台記念館、総合研究8号館NSホール、芝蘭会館など)

★最新情報・詳細情報は→ https://eco.kyoto-u.ac.jp/

★リーフレット(観音開き)は→こちら

<ここがすごい!>

◆シンポジウム・セミナーは、SDGs、プラスチックに関する情報満載

◆子供でも参加しやすい体験企画 盛沢山

◆プラやSDGsに関する展示 企業・団体80以上!

◆大規模モニター実験始めます(2千人に豪華モニター商品をご準備)

◆ぬいぐるみのリユース回収にもご協力ください!

◆ドレスコードは「京都大学プラ・イド コード」でお願いいたします。

マイボトル・ハンカチ・マイ箸などをお持ちください。

会場や京都大学内、周辺施設では、ご持参の方に様々なサービスをご準備しております。

 

<シンポジウム&セミナー>

2020年3月12日(木) 【芝蘭会館・稲盛ホール】

13:00~15:00 おむつの未来・ステークホルダー会議

15:00~17:00 マイボトル普及への挑戦、最適解は見いだせるのか!

17:00~19:00「環境対応していたら、会社潰れました!」とならないためにラウンド1

 

2020年3月13日(金) 【芝蘭会館・稲盛ホール】

10:00~11:00「環境対応していたら、会社潰れました!」とならないためにラウンド2

11:00~12:00 毎日新聞 写真部記者(山崎一輝)による取材報告2019ナイジェリア報告終わらぬ恐怖

13:00~15:00 プラいど端会議~先生これはどう考えたらいいのでしょう~

15:00~17:00 近畿経済産業局主催~SDGs集中講座~『プラスチック製品のより持続可能な使用』

17:00~19:00 SDGs教育座談会~こどもからおとなまで~

 

2020年3月14日(土) 【百周年時計台記念館・百周年記念ホール】

9:30~12:00 海洋環境・プラスチックに関する国際動向と海外から見た日本の現状

13:00~15:00 FRaU・朝日新聞 500人の大編集会議~かしこくプラスチックと付き合うために~

15:00~17:00 持続可能な地域の実現に向けて~2025万博コンセプトの具現化に向けて

 

2020年3月14日(土) 【総合研究8号館】

17:00~18:30 帰ってきたSDGs道場~

17:00~18:30 (並行開催) 衣(ころも)とSDGsセミナー

17:00~18:30(並行開催)ぬいぐるみ・おもちゃの気持ち

 

2020年3月15日(日) 【総合研究8号館】

13:00~15:00 もやもや解消!~作る責任×使う責任=連帯責任~

 

<展示・体験コーナー>

2020年3月12日(木) 12:30~19:00【芝蘭会館】山内ホール

2020年3月13日(金)  9:30~19:00【芝蘭会館】山内ホール

2020年3月14日(土)  9:30~18:30【総合研究8号館】NSホール他

2020年3月15日(日)  9:30~18:30【総合研究8号館】NSホール他

 

★プログラムの詳細は、このWEBサイトやリーフレットをご覧ください。

おとな用申し込みサイト→ https://forms.gle/irM6JkFBDrE1fxtPA

 

==========企画趣旨===========

SDGsにおける世界大学ランキング国内第1位の京都大学が、

“超”SDGsシンポジウムの3回目のテーマに選んだのは、ズバリ、プラスチック!

第1回「食と持続可能性」、第2回「資源・エネルギーと持続可能性」に続き、第3回は「プラスチックと持続可能性」をテーマに、学生、社会人、研究者の枠を超えた、多世代、多分野が交流し議論できるリアルディスカッション型のイベントです。

2019年6月に発表した「京都大学プラ・イド宣言*」と「京都大学プラ・イド チャート* *」が国内外のさまざまな場面で非常に高い評価を受けており、今回のシンポジウムへの期待も高まっております。

また、全国市区SDGs先進度ランキング1位の京都市とも、強く深く太く連携。さまざまなプロジェクトを推進しています。

今回は、基調講演、パネルセッション、セミナーなどからなるシンポジウムに加え、企業、自治体、学生、研究者などが自身のプラスチックへの取り組みを発表し意見交換する博覧会を併催。

さらには京都大学や京都市を舞台にした実証実験などの中長期的な取り組みも用意し、より具体的な社会への貢献やインパクトを示すイベントになります。

また、超SDGsシリーズとしては、プラスチックに限らず、継続的に、幅広いSDGsに関する議論や交流

の場も準備。JSTとともに、2025大阪・関西万博に向けたSDGsムーブメントを牽引する企画も立ち上げます。

 

=========サイエンスアゴラとは=========

サイエンスアゴラは、科学技術振興機構(JST)が主催する科学と社会をつなぐ日本最大級のオープンフォーラム。あらゆる人々が対話・協働し、それを政策形成や知識創造へ結びつける共創のプラットホーム構築を推進している。2017 年度より、ビジョンやテーマを共有する機関とともに共創活動の振興を図る連携企画を実施している。http://www.jst.go.jp/sis/scienceagora/

 

==========体制==========

◆主催:京都大学

◆共催:京都超SDGsコンソーシアム

(京都大学、京都市、㈱リコー、日本たばこ産業㈱、安田産業㈱、 ㈱ecommit ほか)

国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)、京都大学生協、京都造形芸術大学 ほか

◆後援・協力:(一社)日本経済団体連合会、(公社)2025年日本国際博覧会協会、関西SDGsプラットフォーム、リコージャパン㈱、国崎クリーンセンター啓発施設、(一社)セイラーズフォーザシー日本支局、(一社)びっくりエコ発電所、NPOウルシネクスト、京都市ごみ減量推進会議、共立女子大学、くるくる、NPOコンシューマーズ京都、(公社)全国都市清掃会議、日本環境保護国際交流会J.E.E、日本プラスチック工業連盟、(一社)ふろしき研究会、OneDrop、(一社)日本繊維機械学会、(一社)廃棄物資源循環学会・3RINCs、毎日新聞社、朝日新聞社メディアビジネス局、講談社FRaU編集部 ほか

◆協賛(※一部ブース出展しない企業もあります)

アクアクララ㈱、㈱アシックス、アディダス ジャパン㈱、ウォータースタンド㈱、ウォーターポイント㈱、(一社)大阪市一般廃棄物適正処理協会青年部、カシオ計算機㈱、川上産業㈱、河田フェザー㈱、光海㈱、三洋化成工業㈱、J&T環境㈱、セブン&アイホールディングス、象印マホービン㈱、タイガー魔法瓶㈱、大日本印刷㈱、大丸京都店、大和板紙㈱、帝人フロンティア㈱、㈱ディブレイク、寺岡精工㈱、東京製鐵㈱、NISSHA㈱、日本治水販売㈱、日本マクドナルド㈱、㈱バイオマスマーケティング、㈱ハチオウ、ベーシック㈱、㈱Mizkan Holdings、三菱ケミカル・クリンスイ㈱、㈱ユニクロ ほか

あいおいニッセイ同和損保㈱、いすゞ自動車近畿㈱、因幡環境整備㈱、㈱ウォーターネット、荏原環境プラント㈱、MCMのめぐみ㈱、Gift Your Life㈱、(公財)京都高度技術研究所、京都中央信用金庫、京都トヨタ自動車㈱宇治店、京都トヨペット㈱、極東開発工業㈱、㈱国中環境開発、㈱ケーオーシー、㈱サティスファクトリー、三共精機㈱、㈱JEMS、ジャパンマシナリー㈱、すなばコーポレーション㈱、㈱ダイカン、㈱ダイトク、凸版印刷㈱、日本コパック㈱、㈱Beautiful Life、峰興商事㈱、ボトルト㈱、三井化学SKCポリウレタン㈱、㈱山田製油、㈱リダクションテクノ ほか

==========お問合せなど==========

京都大学地球環境学堂 浅利美鈴研究室/エコ~るど京大超SDGsシンポ事務局

075-753-5922 ecocheck@eprc.kyoto-u.ac.jp

============================