エコ~るど京大

全員参加型で環境負荷を低減する「持続可能なキャンパス」の実現を目指します

 » SPARKU第3期 さすてな京都実地研修を開催しました!

SPARKU第3期 さすてな京都実地研修を開催しました!

2022.11.12

中高生 SDGs SDGsリーダーズ育成

京都大学SDGsリーダー育成プログラム(SPARKU)第3期の中高生9人が、2022年10月29日にさすてな京都で実地研修を行いました。今回の実地研修は「京の町とSDGs」をテーマに、主に廃棄物に関するSDGsの取組みを学ぶことを目的として実施しました。

いざ、さすてな京都へ

はじめに、さすてな京都の職員の方から京都市のごみ事情に関する講義を受けた後、約60分の工場見学を行いました。職員の方の説明を受けながら、最先端の技術で行われているごみ処理の流れを追っていきました。やはり現場を目の当たりにする効果は大きく、30mの深さがあるごみピットや巨大なクレーンがそこからごみを回収して焼却炉に入れる様子を見て、その大きさに驚いていました。また、工場見学の随所で、今現場で困っていることを話していただいたり、ごみ処理技術は向上しているけれどもまずごみを出さないことが必要というメッセージが出てきたりしていました。この工場見学が、中高生たちにとってごみとの関わり方を再考するきっかけになって欲しいと思っています。

職員の方から説明を聞いている受講生たち

工場見学の後は、職員の方と合同で海ごみの発生要因と対策を考えるワークショップを行いました。実際に拾われた海ごみを一つ選び、その裏にあるストーリーを想像するワークで、中高生の自由な発想から広がるストーリーはどれも面白いものでした。ありふれた海ごみでも人によって描くストーリーが違い、対策も変わるので、もう少し時間を取ってお互いにアイデアを出し合えたらより良かったと思います。

海ごみワークショップの様子

参加した中高生からは、「ごみの処理というと様々な偏見を持ってしまいがちだが、あれらが全て、もともとは私たちの日常にあったものだったのだと思うと、ごみを捨てることに対して責任を感じて、ごみ問題もひとごとではないなと思った」「最先端の科学技術がごみの処理に活用されているという事を知りました。この科学技術に頼らなくてもいいごみを減らす暮らし方が必要だと改めて感じました」といった感想が出てきており、ごみ問題を身近に感じてもらうことが出来ました。

 

最後になりましたが、今回の実地研修にご協力いただいたさすてな京都の皆さまに感謝の意を表します。誠にありがとうございました。

新着情報

NO PHOTO

食品ロスに関するサイトでエコ~るど京大の取り組みが紹介されました!

フードロスの啓発などを行っているPR会社・株式会社ppc様に、エコ~るど京大のメンバーが取材を受けました。 食品ロスゼロに向けた取り組みなど、エコ~るど京大のSDGsに関する様々な取り組みについて紹介させていただきました […]

SDGs お知らせ 報告

2023.01.27

【3/25開催WS】農山村を持続可能で豊かな暮らしの教育拠点にするための実践研究-京都の里山「京北」を舞台に

3月25日(土) に、第37回ニッセイ財団環境問題助成研究ワークショップ「農山村を持続可能で豊かな暮らしの教育拠点にするための実践研究-京都の里山「京北」を舞台に」を開催いたします。 「京都・農山村のSDGs教育拠点化」 […]

暮らし 地域 SDGs 学び 京北 SDGsリーダーズ育成

2023年3月25日~2023年3月25日

2023.01.24

2023/3/1【共催イベント】スーパー調査好事例報告会

  《ご案内》 京都市ごみ減量推進会議(ごみ減)は、昨年11月、市民・学生約50人の協力を得て、京都市内のスーパーマーケット62店(21社)で「お店のプラスチック調査」を実施しました。 この調査から、減プラだけ […]

プラ 京都大学プラ・イド革命

2023年3月1日~2023年3月1日

2023.01.13

【開催報告】“京北きものdays inことす”

12月10日(土)・11日(日)の2日間、京都里山SDGsラボ(ことす)にて、“京北きものdays inことす”を開催いたしました。 約40名の方にご来場いただき、約20着の着物のセットを譲渡することが出来ました。 ご参 […]

暮らし SDGs 学び お知らせ 京北 イベント報告 Kistory

2022.12.16

ページの先頭へ