「エコ宣言」に参加してください!!

只今の宣言登録数は

  • 0
  • 0
  • 1
  • 6
  • 6
  • 3

人です

(旧エコ宣言登録者数は1,914人)※2012/3/31時点

今すぐ登録!!

  • ログイン
  • 結果の閲覧
くすちゃんスペシャルウォールステッカープレゼント!!
くすちゃん

Twitter くすちゃん

京都大学環境エネルギー管理情報サイト公式Facebookページ

ゴーヤ育て日記ブログ

今日のいちにちいちエコ

トップページ  »  エコ~るど京大

エコ~るど京大

エコ~るど京大

As a part of the class, two groups tried to improve waste separation in two laboratories to achieve better treatment based on the law. How about our challenge???

 

[Team 1]

◆Members:

 

 

Javen Evera, from Papua New Guinea (M1, GSGES)

 

 

 

 

 

Maggie Nantongo , from Environmental Education Lab (M2, GSGES)

 

 

 

◆Target: KU GSGES, the Laboratory of Landscape Ecology & Planning (Prof. Shibata)

 

◆Results: Big improvement, but we need monitoring.

 

◆Report: PDF

 

 

[Team 2]

◆Members: HsinTien, Nilubon, Li Ting

◆Target: KU Graduate School of Energy Science (Prof. Ishihara)

◆Results: Big improvements and still ongoing!!!

 

 

◆Monitoring and challenges: More easy understanding!

 

◆Report: PDF


École de Kyodai is now having a charity flea market. The sales are contributed to some areas which were damaged by disasters (see below). You can have dishes, clothes, furniture, books, and other attractive things at reasonable prices! Don’t miss this good opportunity!

Especially, you can find warm winter wears to enjoy wonderful winter in Kyoto.

 

Date and time: 11:00~17:00 every weekday in November, December 2017 and February 2018

Site: Room 709 on the seventh floor of Faculty of Engineering Engineering Science Depts Bldg. (No.57 in the map)

 

エコ〜るど京大が主催し、新入生&被災地等の支援企画として、チャリティフリーマーケットを開催しております。食器や衣類、家具など新生活に必要なものから、書籍や趣味雑貨まで、掘り出し物を並べております!是非お立ち寄りください!

 

日時:2017年11月~2018年2月中の平日 11:00~17:00

場所:本部構内 工学部・物理校舎 北館7階709号室(Mapの57番)

 

 

 

Charity/ donation to construction of High school in Nepal

ジュンベシ村、地震倒壊校舎再建への寄付

 

今年度のチャリティーフリマは、京都大学理学研究科の酒井治孝が支援しておられるネパール、ジュンベシ村の学校再建基金に寄付させていただいております。その酒井先生より、現地のレポートをいただきましたので、紹介させていただきます(一部、編集しております)。なお、さらにプロジェクトにご興味のある方は、ご連絡ください。

——————————————–

ネパール、ジュンベシ村の地震倒壊校舎再建基金のドナーの皆様、関係者の皆様

 

ご無沙汰していますが、お元気でご活躍のことと思います。

学校校舎再建基金に皆様から多くの義捐金を頂き、2017年3月末から学校校舎建設を始めることができました。

4月は整地、5・6月で基礎造り(鉄筋コンクリートのしっかりした土台と柱造り)、7~9月は石積みによる壁造りと窓枠・扉造りが行われました。6月から9月まではモンスーンの雨が続き、しばしば工事を中断せざるを得ませんでしたが、9月末までに何とか壁と窓枠などが完成しました。

これから10・11月と屋根葺きと外装工事が行われ、12月には内装に着手する予定です。年内には校舎が完成予定ですが、ネパールのしかも2800mの高地のこと、予定通りに工事が進むとは断言できませんが、チュンバ校長以下教員一同、完成に向け頑張っているところです.

5月の基礎造りの写真と9月の壁完成時点の写真が送られてきましたのでご覧ください。写真を見てお分かりのように、8教室の内一部が2階建てになりました。地形・地質上、当初の計画のように全ての教室を1階建てにできず、2階を建設したことで、建設費が120万円余り余計にかかることになり、村でも募金活動を再開すると同時に、私の方でも新規のドナーからの募金を集めるように努力しているところです。

石積みの壁と窓枠の完成 2017年9月26日受信

 

【ご参考】酒井先生の取り組み経緯の詳細については「ネパールに学校をつくる 協力隊OBの教育支援35年」をご参照ください(エコ~るどにて貸し出しも可能です)。

 


2017年10月28日(土)の午後、ジュニアキャンパスの一環として、中学生向けゼミを開催しました。参加してくれた10人の中学生と、約10人の京都大学学生・院生が、環境問題と国連SDGsについて学び、「私は何ができる?」をテーマに議論の後、マイバッグをデザインしました。

 

 

≪参加(運営支援)してくれた院生からのレポート(抜粋)≫

 

 

Javen Evera, Master student of Kyoto Univ. Graduate School of Global Environmental Studies

 

 

(さらに…)


◆立命館大学BKC開催「第11回HESDフォーラム」にて活動報告

10月7日・8日は、立命館大学琵琶湖草津キャンパス(通称BKC)において、「第11回HESD(High Education for Sustainable Development)フォーラム」が開催されました。

学生の取組み紹介ということで、「京大持活(じかつ)プロジェクト」の活動内容を発表させていただきました。立命館大学、琉球大学(!!)の学生さん達も参加されており、皆さんの取組みを聞いて大変勉強になりました。

 

持活プロジェクトを紹介する上田さん(工1)。

 

BKCのキャンパスツアーに参加。

 

琉球大学の大島先生と学生さん達と。フォーラム後、一緒に京都観光をしました。

文責:岡島未奈


夏休みも終盤。夏の間めいめいにプライベートで帰省や旅行を楽しみつつ、チーム一丸となって活動に励んできましたが、9月末には京都を飛び出してSDGsの実際を学んできました。

 

9月25日と26日の一泊二日で、広島と佐賀へ。容器リサイクルと再生可能エネルギーの現場を視察しました(皆さま、あたたかくお迎えくださり、本当にありがとうございました!)。

また、28日には、コアミーティングに、先生方そして企業の皆さまにお集まりいただき、視察での学びも踏まえて2カ月間の取組みを報告しフィードバックをいただきました。

 

◆ 株式会社エフピコ福山リサイクル工場を視察

9月25日、広島県福山市にあるエフピコさんのリサイクル工場へ。食品トレー容器の開発製造を行うだけでなく、スーパーの回収ボックスからの回収、そしてリサイクルを行うことで新しい食品トレー容器に再生する「エフピコ方式」の現場を目の当たりにしました。

環境政策室の冨樫様のご案内を受けながら工場内を視察。「主婦の皆さまが、当たり前のように、使用済トレーをご自宅で洗って、わざわざスーパーまで持って来てくださる。そういう文化のもとに成り立っている事業です。」と冨樫様。日常の当たり前の中に、大切なことが隠れています。

エフピコの取組みについて学ぶメンバー(興味津々)。積極的に質問の手が挙がりました。

本社ビルと総合研究所を視察(左から上田、西堀、久保、岡島、小谷、澤田)。

 

◆ 唐津市役所ならびに自然電力株式会社風力発電事業を視察

翌日9月26日には、唐津市役所を訪れ、唐津市の再生可能エネルギー導入の取組みについて学んだ後、自然電力さんの風力発電事業を視察しました。計画策定から建設そして稼働までの長い長い道のりを、想像力を働かせながら、わずか一日でたどりました。

風車のお尻(?)を真下から撮影。息をのむ迫力です。 特別に風車内部も見せていただきました。

唐津城を眺めながら街を歩く。お城の先には「虹の松原」と日本海が広がります。

美しい唐津の街を後に・・・。夕暮れに名残惜しさが増します。

 

◆ 「持活(持続可能な活動)プロジェクト」コアミーティング

9月28日には、先生方と企業の皆さまにお集まりいただき、持活生活チーム・原点チームそれぞれの2カ月間の活動経過を報告するとともに、今後の活動に向けてご意見をいただきました。夏の間、自分達なりに考え行動してきたことを、いったん客観的に整理し直すことで、見えてくるものが沢山ありました。そして、何より、皆さまから率直なご意見をいただき、とても参考になりましたし、「頑張れよ」と背中を推していただいた気がして、これまで以上にやる気が増しました。

 

今後もよりいっそう頑張って活動していきます。

次回をお楽しみに!

 

文責:岡島未奈


1 / 191234...最後 »