「エコ宣言」に参加してください!!

只今の宣言登録数は

  • 0
  • 0
  • 1
  • 6
  • 4
  • 2

人です

(旧エコ宣言登録者数は1,914人)※2012/3/31時点

今すぐ登録!!

  • ログイン
  • 結果の閲覧
くすちゃんスペシャルウォールステッカープレゼント!!
くすちゃん

Twitter くすちゃん

京都大学環境エネルギー管理情報サイト公式Facebookページ

ゴーヤ育て日記ブログ

今日のいちにちいちエコ

トップページ  »  エコ~るど京大

エコ~るど京大

エコ~るど京大

イベント趣旨

古くからの衣装として親しまれている「着物」。明治時代以前はもちろんのこと、大正、昭和の時代でさえも、嫁入り道具としてもたされるなど、どの家でも大切にされてきました。しかしそういった着物も今となっては、成人式や卒業式、結婚式などの特別な儀式で着るなど、非日常で着ることしかなくなっています。そんなこともあり、昔使われていた数多くの着物が今となってはタンスの中で眠ったままになっています。その数、何億枚にも上ると言われています。今回そういった着物を復活させることが、このイベントの目的です!

各家庭のタンスに眠っていた着物を集め、その着物がただ新しい形で使われるだけではなく、昔着ていた人の物語(ストーリー)と思いが、新しく着る人に繋がり、新たな物語(Kistory)が生まれるようなイベントを考えています。

 

 

 

参加者募集

このイベントに参加してくださる方を募集します!今回の参加者には着物と帯(市民の皆さまよりご寄贈頂いたもの)を1セットずつプレゼントいたします。中にはなかなか普通では手に入らないような着物もあります。

・アンティークの着物に興味がある人

・本格的な着物を持ってみたい人

・着物を着てパーティ等に参加してみたい人

・一味違うおしゃれをしてみたい人

・着物自体に興味がある人

・いろんな人と話し合うのが好きな人

・眠っているものがもったいないと思う人

そんな人を大募集します!

 

募集要項

着物を大切にしてくださる方で、次の条件を満たす方でしたら、どなたでも結構です。

・12月23日午後に開催する、寄贈者との交流会に参加できる人

 

開催概要

場所:京都大学百周年時計台記念館2Fホール

日時:12月23日 11:00頃から着付け開始予定(終了は16:00ごろの予定)

・着付けがご自身でできない場合、事前に着付け教室(京都大学にて11月~12月に複数回開催)に参加できる人

・定員:女性50名様

・参加費:無料 ※着物と帯のセットを贈呈させていただきますが、小物類は用意してもらうことになります。一般的に3,000円程度で揃います。小物の購入に関しても、ご相談に乗ります。

 

参加フォームはこちら(まずはお気軽に!)

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScevD9CiszMVnQ8u8-iSeJ0mJzwTrnmquJiz7qO3R4skXHQNQ/viewform

 

問い合わせ等は以下の連絡先までお願いいたします。

ecocheck@eprc.kyoto-u.ac.jp

075-753-5922(エコ~るど京大Kistory 担当 芳井・浅利)

 


This class is a part of GSGES class and COC project in Kyoto University and opened to all students who are interested in ecological lifestyle.

 

●The main purpose of this lecture is to learn deep ecological mind in Kyoto and try some practical activities based on that.

Lectures, field works and presentations are given in English and Japanese (sometimes Kyoto-ben).

●This year, we focus on “waste management”. You can learn and practice appropriate way of separation on campus and at your home (student house).

●Capacity: 15 students

●Language: (mainly in)English

●If you are interested in, please contact Prof. Misuzu ASARI at GSGES (mezase530@gmail.com).

 

 

 


École de Kyodai, whose mission is to build a sustainable campus, is now having a charity flea market. The sales are contributed to some areas which were damaged by disasters. You can have dishes, clothes, furniture, books, and other attractive things at reasonable prices! Don’t miss this good opportunity!

 

Date and time: 11:00~17:00 every weekday in September and October, 2017

Site: Room 709 on the seventh floor of Faculty of Engineering Engineering Science Depts Bldg. (No.57 in the map)

 

サステイナブルキャンパスの構築に向けて活動しているエコ〜るど京大及が主催し、新入生&被災地等の支援企画として、チャリティフリーマーケットを開催しております。食器や衣類、家具など新生活に必要なものから、書籍や趣味雑貨まで、掘り出し物を並べております!是非お立ち寄りください!

 

日時:2017年9~10月中の平日 11:00~17:00

場所:本部構内 工学部・物理校舎 北館7階709号室(Mapの57番)

 

 


あっという間に8月が終わりました。暑く長い夏から、まだ脱していない京都ですが、我々も熱い活動を続けています。2チームに分かれて(入り混じりながら)活動している持活プロジェクトメンバーですが、月末に相次いでミーティングを実施。それぞれの進捗や悩み、そして今度の活動方針を議論しました。

 

◆持活生活(じかつせいかつ)チーム

SDGsの17の目標を、それぞれの生活でクリアしていくことを目指して、8月上旬から各自取組をスタート。8月29日のチームミーティングとメールやLINEで、第一クールの取組を共通。個性が出ております。

例えば・・・

 

気づいたときにノートを広げてあれこれメモしている土村さん。

 

エクセルで詳細に記録している小川さん。

 

ビジュアル勝負で、行動の撮影から入った西堀くん。

 

お互いのやり方を共有して、今後どのように高めあっていくのか、楽しみです。

 

◆原点(げんてん)チーム

SGDsそもそもの捉え方について考えているチーム。概念論と実践論、両方に展開中です。概念論は、自然・地球のサイクル(数百年以上単位)と、人のサイクル(数十年単位)の双方から検討する予定です。実践論としては、参加企業の方々の現場を見せていただき、SDGsの表と裏、過去と現在、未来について、根掘り葉掘りお伺いする予定です。

 

◆小学校でも!

予告どおり、京都市内の安朱(あんしゅ)小学校にて、SDGsの取組が始まりました!初回、緊張と興奮の中でしたが、生徒さんたちの発言に、京大メンバーたじたじの場面も・・・給食でパワー回復して、これから、いよいよ頑張りましょう。

 

浅利先生@給食

安朱の自然と環境

環境問題って?

ノートが配られた!

SDGsノート!

岡島さん@給食

 


2017年8月10日

「持活」始めます

いよいよ大学にも夏休みがやってきました!
そして、私たちにとっては、いよいよ活動の本格スタートです。
8月8日は、学生メンバーが朝から夕方まで、具体的な活動の中身について、議論・確認を行いました。しばらく、大きく2つのグループに分かれての活動になりますが、できるだけ両方の話合いに参加し、情報を共有することとしています。

 

◆持活生活(じかつせいかつ)チーム
SDGsの17の目標(何かしら1つの小目標や関連する事項でも良い)を、それぞれの生活でクリアしていくことを目指して、明日から各自取組をスタートすることになりました。といっても、特別な生活に切り替える訳ではなく、日常生活を送りながら、その中で、できることにアプローチし、それを、文章や写真・動画等で記録していくという方針。
まずは8月29日のチームミーティングまでを第一クールと考え、実践することになりました。はてさて、17目標は達成されるのか、3週間後が楽しみです!

 

◆持続可能性を掘り下げるチーム
もう一つのチームは、持続可能性(サステイナビリティ)やSDGsを掘り下げていこうと考えています。できるだけ分野横断的に、幅広くとらえるのが環境・持続可能性課題やSDGsに求められています。ですが、なかなか議論になりません・・・ということで、まずは、各自が関心のある数分野について、掘り下げてみて、共通の論点や、他の問題との関係性について、考えてみることになりました。
関心のある分野として各自が挙げたのは・・・
・福祉と街づくり
・水とエネルギー
・生物多様性と環境保全
・食とあらゆる事項
などで、関心分野も幅広く、うまく分担して深堀が進められそうな予感です。
まずは、書籍等で勉強を始め、夏休み中に、先生方へのヒアリングや企業・団体を訪問しての実態調査を行うこととなりました。

 

◆小学生も持活?!若い仲間が増えます!
本格的に活動をスタートした矢先に、嬉しいニュースが!
なんと、ESD(Education for Sustainable Development)、つまり環境教育に取り組んでおられる京都市立安朱小学校が、私たちと一緒に、SDGsを学びたいとのこと。持活生活チームの経験を活かした体験プログラムを検討し、一緒に進めていくことになりました。9月4日に小学校で授業をさせていただき、子どもたちにも持活を始めてもらう予定です。わくわく♪

 

◆持活ランチ
なお、8月8日の活動の合間の昼休みは、びっくり!エコ新聞主催の夏休みの企画の一環として、子どもたちとSDGsについて話しながらの学食。何かしら環境・持続可能性に配慮した食事をすることに。でも、美味しそうな学食メニューを前に、その目標は??!!ともあれ、全員、食べ残しゼロ!これも大切なSDGsの行動の一つです。
※写真は、そのときの様子です。
  

1 / 191234...最後 »