「エコ宣言」に参加してください!!

只今の宣言登録数は

  • 0
  • 0
  • 1
  • 7
  • 8
  • 2

人です

(旧エコ宣言登録者数は1,914人)※2012/3/31時点

今すぐ登録!!

  • ログイン
  • 結果の閲覧
くすちゃんスペシャルウォールステッカープレゼント!!
くすちゃん

Twitter くすちゃん

京都大学環境エネルギー管理情報サイト公式Facebookページ

ゴーヤ育て日記ブログ

今日のいちにちいちエコ

トップページ  »  エコ~るど京大

エコ~るど京大

エコ~るど京大

2018年10月29日-30日
京都大学百周年時計台記念館
【参加無料※】一部、事前予約優先(予約サイトをオープンしました)
※国際セッション等の資料集や研究ポスター発表は有料となるものがあります。

リーフレット第二弾はこちら(日本語 English

 

食と持続可能性をテーマに、幅広いテーマで、分野横断的な知見の交換と議論を行うことを目指しています。

p.7 Lang, T., Barling, D., & Caraher, M. (2009). Food policy: integrating health, environment and society. OUP Oxford. (訳:平賀緑)

 

◆基調講演(10/30 9:00~ 1F大ホール)

都市と食~トロントにおける食料政策(仮)

Lori Stahlbrand博士(トロント市食料政策局)

 

 

 

【使用言語:英語】一般市民や自治体の方で、先着100名には同時通訳あり。【申込:エコ~るど京大共通申込サイト(https://goo.gl/forms/eJ4Td8lJtk2DtImQ2)へ】【参加無料】

世界には、もう数十年も、食料政策の歴史・経験を持つ都市があります。その代表例として、今回はトロントから、講師をお呼びします。様々な問題を抽出した上で、できるだけ有機的に問題を解決すべく、行政や市民、生産者、業界関係者、研究者たちが一堂に会して作り上げた食料政策の歴史・経験には、私たちが学ぶべき点がたくさんあります。

 

◆記念シンポジウム(10/30 10:00~ 1F大ホール)【参加無料】

持続可能な食の実現に向けて

【使用言語:英語】一般市民や自治体の方で、先着100名には同時通訳あり。

【申込:エコ~るど京大共通申込サイト(https://goo.gl/forms/eJ4Td8lJtk2DtImQ2)へ】

食は、私たちの基本的営みであると同時に、多くの問題をはらんでいます。例えば、国連の掲げるSDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)17目標においても、全てが食に関連するといっても過言ではありません。本シンポジウムでは、それらの一部を取り上げ、先端の取り組みと課題を共有すると同時に、解決に向けた糸口を見出したいと考えています。

 

登壇予定者(敬称略)

コーディネーター:秋津元輝 京都大学農学研究科

パネリスト

阪口功 学習院大学法学部

スティーブン マックグリービー 総合地球環境学研究所

杉本節子 (公財)奈良屋記念杉本家保存会事務局長/料理研究家

酒井伸一 京都大学環境科学センター

西村公子 (株)エフピコ 取締役

FAO関係者ほか(予定)

 

◆Kyotoフードバンク分科会(10/29 12:00~15:00 2Fホール)【参加無料】

設立から約3年となるセカンドハーベスト京都(2HK)の活動報告と行政や社会福祉協議会と協同で進めている緊急支援の実際の状況、また、食品供給を受ける側の行政や社会福祉協議会からの事例報告を生活困窮者支援の現場の方々と共有し、これからのフードバンクの利用を考えていくきっかけにしたいと考えています。

主催:NPO法人セカンドハーベスト京都

【申込:セカンドハーベスト京都(https://www.2hkyoto.org/)の「KYOTOフードバンク分科会参加申込」ページより必要事項を入力し、送信してください】

★フードドライブ実施!不要な食品をご寄贈ください。

29日12:00~30日12:00  詳しくはこちら(20181029FDチラシ)をご覧ください

 

◆フードポリシーことはじめワークショップ(10/29 15:10~18:00 2Fホール)【参加無料】

今世界で注目されているFood Policy(フードポリシー)。Food Policyとは直訳すれば「食料政策」ですが、ここでのFood Policyは政府が行う農作物の流通制御ではなく、誰が、何を、いつ、どうやって食べるかを形作る方策を意味します。そして、食にかかわる全ての事象に、横串を指して取り組むことを目指すものです。

今回のワークショップでは(京都)大学と(京都)市の実態を元に、Food Policyを構想します。また、世界で行われているFood Policyの実例を紹介し、理解を深めます。

食品ロスの取り組みに限界や疑問を感じている方、生産者から消費者までをつないで考えてみたいと思っている方、食や食卓にまつわる何かに関心のある方・・・様々な方でグループを作り、実際にどのように連携させていくかを体得して頂けるものと思います。

主催:エコ~るど京大【申込:エコ~るど京大共通申込サイト(https://goo.gl/forms/bq5zHXlJMTktRast1)へ】

 

映画「0円キッチン」(10/29 18:15~ 2Fホール)【参加無料】

世界で生産される食料の3分の1は食べられることなく廃棄されている。その重さは世界で毎年13億トン。「捨てられてしまう食材を救い出し、おいしい料理に変身させよう!」欧州5カ国5週間、廃棄食材しか食べずに旅します。

主催:京都市ごみ減量推進会議

【申込:京都市ごみ減量推進会議(担当・堀)

Tel 075-647-3444 Fax 075-641-2971 2r@kyoto-gomigen.jp】

 

食と持続可能性に関するセッション(10/29 13:00~18:00 2F大ホール)

食と持続可能性に関連する次のようなテーマについて、数名の研究者や関係者による口頭発表と、それを踏まえた議論を予定しています。テーマごとに、部屋と時間帯をわけて、一部並行して行います。

セッションのテーマ

〇食と気候変動 〇食と水問題 〇食料政策 〇食と都市

【申込&問合:ecocheck@eprc.Kyoto-u.ac.jpへメールを】

 

◆食と持続可能性に関する研究ポスター(展示期間:10/29午後~10/30夕方 2Fホール)

食と持続可能性をテーマにした幅広い研究内容を、学生や若手研究者を含む約30名がポスターで発表します。直接、最新の研究について聞けるチャンスです。

コアタイム(研究者から説明が聞ける時間帯):29日15-16:00、30日17-20:00

※30日は懇親会参加者のみ

【発表者を10/9まで募集。下記WEBから募集要項入手可能。】

≪京都大学農学研究科≫

英語サイト:http://www.kais.kyoto-u.ac.jp/english/2018/09/05/call-for-poster-presentations-related-to-food-and-sustainability/

日本語サイト:http://www.kais.kyoto-u.ac.jp/japanese/2018/09/05/%e3%80%90%e9%96%8b%e5%82%ac%e6%a1%88%e5%86%85%e3%80%91%e9%a3%9f%e3%81%a8%e6%8c%81%e7%b6%9a%e5%8f%af%e8%83%bd%e6%80%a7%e3%81%ab%e9%96%a2%e3%81%99%e3%82%8b%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e7%99%ba/

≪京都大学地球環境学堂≫ ポスター発表募集

日本語サイト:http://www2.ges.kyoto-u.ac.jp/news/15615/

英語サイト:http://www2.ges.kyoto-u.ac.jp/en/news/15615/

 

◆食品ロス削減全国大会(主催:京都市)【参加無料】

基調講演「京の食文化の継承・発展」髙橋英一氏(瓢亭第十四代主人)

その他、産学官が連携し、食品ロス削減に係る取組事例の発表や意見交換を行うセッションの開催やパネル展示等【使用言語:日本語】

【申込:名前、住所、メールアドレス、電話番号を記載し 075-256-3717へFAX 】

詳しくは:http://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000242773.html

 

◆エコ~るど京大共通申込サイト

基調講演&記念シンポジウム/Keynote & special symposium

https://goo.gl/forms/eJ4Td8lJtk2DtImQ2

 

フードポリシーことはじめWS(Japanese only)

https://goo.gl/forms/bq5zHXlJMTktRast1

 

※他のイベントについてはリーフレット記載方法に従うか、

ecocheck@eprc.kyoto-u.ac.jpまでお問い合わせください。

 

◆お問い合わせ

食と持続可能性シンポ事務局:京都大学地球環境学堂 浅利研究室

ecocheck@eprc.Kyoto-u.ac.jp

075-753-5922


2018年10月29日-30日

京都大学百周年時計台記念館

【参加無料】一部、事前予約優先

※国際セッション等の資料集や研究ポスター発表は有料となるものがあります。

リーフレット第一弾はこちら(日本語 English

 

食と持続可能性をテーマに、幅広いテーマで、分野横断的な知見の交換と議論を行うことを目指しています。

p.7 Lang, T., Barling, D., & Caraher, M. (2009). Food policy: integrating health, environment and society. OUP Oxford. (訳:平賀緑)

 

◆基調講演(10/30 9:00~ 1F大ホール)

都市と食~トロントにおける食料政策(仮)

Lori Stahlbrand博士(トロント市食料政策局)

 

 

 

【使用言語:英語】一般市民や自治体の方で、先着100名には同時通訳あり。【申込:エコ~るど京大共通申込サイトへ】

世界には、もう数十年も、食料政策の歴史・経験を持つ都市があります。その代表例として、今回はトロントから、講師をお呼びします。様々な問題を抽出した上で、できるだけ有機的に問題を解決すべく、行政や市民、生産者、業界関係者、研究者たちが一堂に会して作り上げた食料政策の歴史・経験には、私たちが学ぶべき点がたくさんあります。

 

◆記念シンポジウム(10/30 10:00~ 1F大ホール)

持続可能な食の実現に向けて

【使用言語:英語】一般市民や自治体の方で、先着100名には同時通訳あり。

【申込:エコ~るど京大共通申込サイトへ】

食は、私たちの基本的営みであると同時に、多くの問題をはらんでいます。例えば、国連の掲げるSDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)17目標においても、全てが食に関連するといっても過言ではありません。本シンポジウムでは、それらの一部を取り上げ、先端の取り組みと課題を共有すると同時に、解決に向けた糸口を見出したいと考えています。

 

登壇予定者(敬称略)

コーディネーター:秋津元輝 京都大学農学研究科

パネリスト

阪口功 学習院大学法学部

スティーブン マックグリービー 総合地球環境学研究所

杉本節子 (公財)奈良屋記念杉本家保存会事務局長/料理研究家

酒井伸一 京都大学環境科学センター

FAO関係者ほか(予定)

 

◆Kyotoフードバンク分科会(10/29 12:00~15:00 2Fホール)

設立から約3年となるセカンドハーベスト京都(2HK)の活動報告と行政や社会福祉協議会と協同で進めている緊急支援の実際の状況、また、食品供給を受ける側の行政や社会福祉協議会からの事例報告を生活困窮者支援の現場の方々と共有し、これからのフードバンクの利用を考えていくきっかけにしたいと考えています。

主催:NPO法人セカンドハーベスト京都

【申込:セカンドハーベスト京都(https://www.2hkyoto.org/)の「KYOTOフードバンク分科会参加申込」ページより必要事項を入力し、送信してください】

 

◆フードポリシーことはじめワークショップ(10/29 15:10~18:00 2Fホール)

今世界で注目されているFood Policy(フードポリシー)。Food Policyとは直訳すれば「食料政策」ですが、ここでのFood Policyは政府が行う農作物の流通制御ではなく、誰が、何を、いつ、どうやって食べるかを形作る方策を意味します。そして、食にかかわる全ての事象に、横串を指して取り組むことを目指すものです。

今回のワークショップでは(京都)大学と(京都)市の実態を元に、Food Policyを構想します。また、世界で行われているFood Policyの実例を紹介し、理解を深めます。

食品ロスの取り組みに限界や疑問を感じている方、生産者から消費者までをつないで考えてみたいと思っている方、食や食卓にまつわる何かに関心のある方・・・様々な方でグループを作り、実際にどのように連携させていくかを体得して頂けるものと思います。

主催:エコ~るど京大【申込:エコ~るど京大共通申込サイトへ】

 

映画「0円キッチン」(10/29 18:15~ 2Fホール)

世界で生産される食料の3分の1は食べられることなく廃棄されている。その重さは世界で毎年13億トン。「捨てられてしまう食材を救い出し、おいしい料理に変身させよう!」欧州5カ国5週間、廃棄食材しか食べずに旅します。

主催:京都市ごみ減量推進会議

【申込:京都市ごみ減量推進会議(担当・堀)Tel 075-647-3444 Fax 075-641-2971 2r@kyoto-gomigen.jp】

 

食と持続可能性に関するセッション(10/29 13:00~18:00 2F大ホール)

食と持続可能性に関連する次のようなテーマについて、数名の研究者や関係者による口頭発表と、それを踏まえた議論を予定しています。テーマごとに、部屋と時間帯をわけて、一部並行して行います。

セッションのテーマ

〇食と気候変動 〇食と水問題 〇食料政策 〇食と都市

【申込&問合:ecocheck@eprc.Kyoto-u.ac.jpへメールを】

 

 

◆食と持続可能性に関する研究ポスター(展示期間:10/29午後~10/30夕方 2Fホール)

食と持続可能性をテーマにした幅広い研究内容を、学生や若手研究者を含む約30名がポスターで発表します。直接、最新の研究について聞けるチャンスです。

【発表者を10/9まで募集。詳しくはお問合せ下さい】

コアタイム(研究者から説明が聞ける時間帯):29日15-16:00、30日17-20:00

※30日は懇親会参加者のみ

 

◆エコ~るど京大共通申込サイト

近日オープン予定(それまではメールでお願いいたします)

食と持続可能性シンポ事務局:京都大学地球環境学堂 浅利研究室

ecocheck@eprc.Kyoto-u.ac.jp

075-753-5922


復興の背中を押す「がんばろう」看板と、HARUのみなさんと一緒に、南浜つなぐ館にて記念撮影

 

私たちは、6月16日から6月18日の三日間、東北研修として宮城県石巻市、南三陸町などを訪れた。この東北研修のきっかけはエコ~るど京大の企画の一つである「ブルーシーフードの缶詰カレー作り」にあたって、缶詰を作って頂く工場を訪ねたいという思いであった。同時に、石巻の復興の象徴でもある工場の訪問に加えて、震災から7年以上が経過した現在の石巻の復興の状況や石巻に住む人々の思いなどをできるだけ近い立場で知り学ぶことも大きな目的の一つとなった。個人的には出身が大阪であることもあり、東日本大震災はテレビのニュース上の出来事で実体験を伴うものではなかった。だからこそ、現在の東北の状況を目で見て、感じたいという目的を持ってこの研修へ参加した。

 

三日間の私たちの行程は次の通りである。

一日目:石巻へ移動。

二日目:徒歩で石巻市内を歩いて状況を見つつ、南浜つなぐ館へ。そこで東北大学地域復興プロジェクト“HARU”の皆さんと合流し、南浜つなぐ館を見学。その後、津波が来たときに石巻に住む多くの人々が逃げたという日和山に登り、昼食。午後は、復興公営住宅に住んでいる方々と交流し、震災のこと、最近の楽しみなど様々なことについてお話を聞いた。その後、缶詰製造を委託する石巻木の屋水産の方々との交流と夕食。

三日目:石巻市の魚市場や市内見学・取材、石巻木の屋水産の缶詰工場の見学を行った。また、南三陸町へも移動し、株式会社アミタの南三陸BIOという地域循環システムの構築を目指した施設の見学を含めた訪問を行った。

大変充実した研修となったが、お世話になった関係者の方や出会った方々に御礼申し上げたい。

 

Study trip to TOHOKU, 16th-18th June

 

From June 16th to June 18th in 2018, we visited Ishinomaki-shi, Minamisanriku-cho, Miyagi prefecture as a part of our Tohoku fieldtrip. During this fieldtrip, we had the chance to visit a factory that can make canned food for “Canned curry of blue sea food” which is one of the projects of Ecole de Kyodai. At the same time, in addition to the factory visit inspection, we were also able to learn about Ishinomaki’s reconstruction. As we know, Ishinomaki had to reconstruct after the earthquake and Tsunami that happened in March 2011. We learned the people’s thought and feeling who lived in Ishinomaki during the earthquake by personally talking to them.

 

On the first day: We arrived in Ishinomaki. On the second day: We walked around Ishinomaki City. We walked to the Minamihama Museum and see the situation there. At the Museum, we joined the people of Tohoku University Regional Reconstruction Project “HARU”, and we visited the Tsunagu Kita – kan. After that, we climbed to the mountain side that many people living in Ishinomaki had escaped during the 2011 tsunami. We sat and took lunch there. In the afternoon, we interacted with the people living in the reconstruction public housing, and we heard stories about various things such as the earthquake disaster and recent enjoyment. After that, we had casual dinner and discussion with the people of the Ishinomaki warehouse who consigned canning production. On the third day: we visited a canning factory in Ishinomaki Fisheries of after observing the fish market. We also moved to Minami Sanriku-cho and visited a facility named Minami Sanriku BIO Co., Ltd. of Amita Corporation. My overall impression (Abiyan Arfani)The field trip was an amazing experience for me. I learned a lot by having discussion with the local people who have experienced the 2011 Tsunami, people who are working in the fisheries industry, and also students from Tohoku University. I really think that it is important for students to have this type of fieldtrip where we all can exchange perspective which will broaden our way of thinking.

 

東北大学の復興サークルHARUさんとともに石巻市南浜町にある

「南浜つなぐ館」を訪問

 

日和山に登って、復興途上の街を眺める

 

訪問の詳細や感想を含むレポートはこちらからダウンロードできます。

 

レポートまとめ/文責:奥野真木保・農学部森林科学科・1回


7月7日に開催された全国大学生環境活動コンテスト様主催の近畿地区大学生SDGsセミナーに、エコ~るど京大より、久保彩乃、奥野真木保、山口真広の3人が参加してきた。今回は、7大学から20人の学生が参加した。セミナーの流れとしては自己紹介の後、基調講演として阪急阪神ホールディングスの相良有希子さん、事例紹介としてNPO法人いけだエコスタッフ理事長の庄田佳保里さんからお話を頂いた。その後、各学生団体間で意見の交換を行い、最後に研修を通して考えたSDGs実現のための各団体の宣言文「SDGs宣言」を作成し、発表した。今回のレポートでは、相良さんと庄田さんのお話をまとめ、我々が作成したSDGs宣言について述べ、最後に感想を記す。

 

 

まず、相良さんのお話について紹介したい。阪急阪神ホールディングスではSDGsの実現のための事業の一環として、「阪急阪神未来のゆめ、まちプロジェクト」という活動を行われている。このプロジェクトは阪急と阪神の電鉄の沿線を中心に、「未来にわたり住みたい街」をつくることを目的に、「地域環境づくり」と「次世代の育成」を柱とした活動である。

このプロジェクトのポイントは3つの協働性にある。この3つの協働性とは「グループ各社との協働」、「地域の市民団体との協働」、「グループの従業員との協働」である。この協働性によって次のような価値が生まれる。それは異なる価値観が出会うこと、参加者の方々の間に共感と信頼が生まれること、関わる人が増えることで影響が倍々に高まって行くことである。以上のコンセプトとポイントを踏まえて、以下に今回紹介された実例のいくつかをまとめていく。

事例の1つとして、「1000000人のキャンドル@OSAKA CITY」がある。これは地域企業との協働のもと、ビルの照明やネオンを消灯して、街にキャンドルの明かりを灯すイベントである。このイベントを通じて、参加者の方々に環境や普段の暮らしを見つめ直すきっかけを作られている。

また、阪急阪神ホールディングスではチャイルド・ケモ・ハウスの支援も行われている。このチャイルド・ケモ・ハウスとは、小児がんをはじめとした医療的ケアが必要な子供や若年成人とその家族のための施設である。阪急阪神ホールディングスでは、系列のホテルのいくつかで「チャイルド・ケモ・ハウス応援プラン」を設けられている。このプランの宿泊代金の一部に「阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト」からのお金を上乗せし、チャイルド・ケモ・ハウスへ寄付を行われている。

その他にも地域団体と共同していくことにより、様々な活動が行われている。ここでの阪急阪神ホールディングスの活動としては、従業員から寄付を募り、「阪急阪神未来のゆめ・まち基金」として市民団体の活動に助成されている。また従業員のボランティアを募ることで、従業員との協働に繋がっている。その他にも、「阪急阪神ええまちつくり隊」として広報を中心にイベントのお手伝いをされている。相良さんのお話については以上である。

 

 

次に、庄田さんのお話についてまとめる。池田市では、エコミュージアムという施設を中心に、環境に関する様々な取り組みが行われている。池田市や「NPO法人いけだエコスタッフ」で行われた取り組みを以下にまとめる。

事例の1つとして、池田市民協働発電所がある。これは池田市の市民の方々から古着の寄付を募り、その古着をエコミュージアムでのフリーマーケットで販売することにより集めた資金をもとに、太陽光発電パネルを設置するというものである。エコミュージアムを通して、市民の方々の協力が、再生可能エネルギーの利用に繋がっている。市民の方々からの協力は大きく、すでに5機の太陽光発電パネルの設置が行われている。

また、池田市では地球温暖化防止のため「COOL CHOICE」の賛同も行われている。この「COOL CHOICE」とは、普段の生活のなかで、よりエコなものを選択していくものである。

その他にもエコミュージアムでは野菜の販売などが行われている。ここで販売されている野菜は、耕作放棄地を活用して作ったものなど地域に根ざしたものである。

また環境学習の一環として、お年寄りの方を対象にフードマイレージをカードゲーム形式で学ぶ取り組みや、小学生を対象に地域の未来を考えるイベントなどを行われているそうである。

 

 

次に我々が作成した「SDGs宣言」についてまとめる。

我々の宣言は以下のようなものである。

これは、地域という微小単位での幸せを地球規模でまとめ、積分することでSDGsを達成できるのではないか、という考えで作成した。簡単にいうとSDGsの達成のために身近なことから取り組んでいこうというものだ。

今回のセミナーを通して、この先取り組みを行っていく上で留意すべき点を知ることができた。それは取り組みの際、SDGsの中の複数の目標を包括的に解決することを考えるべきだということである。それをさらに地球規模で考えると思うと、途方にくれてしまう。しかし地域規模で見れば、相良さん、庄田さん、今回参加されていた団体の皆様方がたくさんの成功例を教えてくださった。今回知ることができたような成功が、地球上のありとあらゆる地域で起これば、その時きっとSDGsは達成されているのではないか。そのため、まずは身の回りの小さな問題の解決から考え、あわよくばこの意識を色々な地域に伝播させていきたいと考えた。こういう経緯でこの宣言が出来上がった。

 

最後に感想を記す。

相良さんのお話の中で、地域団体のお手伝いをされる時に一番喜ばれるのは広報活動であるとというお話があった。この理由として、地域団体の方々によるイベントの知名度が低いことを話された。しかし私はそれ以上に、阪急阪神ホールディングスという情報元の信頼性の高さから大きな貢献に繋がっているのであろうと感じた。SDGsは企業が行動を変えていくべきものであるというお話もいただいたが、企業が今まで築き上げられてきた、信頼を含めた多くのものがSDGsの実現に繋がっていることを感じた。そのため、阪急阪神ホールディングスを始め、多くの企業の方々がSDGsの実現のために取り組みをされていることに、心強く感じた。

庄田さんのお話の中で印象的だったのは、池田市のコンセプトの1つである「地域のつながりをつなぎなおす」というものである。このお話を聞いたときに「滋賀県発!持続可能社会への挑戦」の内容を思い出した。この本の中で、地域住民の方の豊かさを定義するときの指標として「つながり」が用いられていた。池田市、滋賀県の双方においてこの「つながり」がキーワードの1つである。恥ずかしい話私の勉強不足のため、この「つながり」をまだ解釈し切れていない。これから先SDGsについて考える際には、この「つながり」を頭に置いて行動していきたい。

 

最後になりましたが、主催者や関係者の皆様、我々にこのような機会を与えてくださった皆様に、厚くお礼申し上げます。

文責:山口真広(農学部3回)

 


1 / 241234...最後 »