エコ~るど京大

全員参加型で環境負荷を低減する「持続可能なキャンパス」の実現を目指します

 » 京大SDGs研究会がスタート

京大SDGs研究会がスタート

2019.12.02

SDGs 学び その他

ともにSDGsについて考え、議論し、社会実装を目指すネットワークを広げるための研究会をスタートさせました。京都超SDGsコンソーシアムメンバー以外に、10社限定で募集を行い、年度内に5回程度の研究会を行います。既に次の2回の研究会を実施し、本学のユニークな研究者からの講義を受けて頂くと同意に、施設見学やグループワークなどを行い、参加者間の交流も深まってきました。今後、それぞれの課題を持ちよっての議論や、社会実装に向けたブレインストーミング、SDGsの深い理解に向けた活動を目指していく予定です。

 

◆2019年10月31日 アジア・アフリカとSDGs

ファシリテイター:真常仁志

京都大学地球環境学堂陸域生態系管理分野/農学研究科比較農業論講座 准教授

講師① 小林広英 京都大学地球環境学堂 地球親和技術学廊 教授

「在来建築の可能性」

講師② 新福洋子 京都大学医学研究科人間健康科学系専攻家族看護学 准教授

「アフリカにおける母子保健」

講師③ 大山修一 アジア・アフリカ地域研究研究科アフリカ地域研究専攻 准教授

「自然と人々の関わり」

留学生からの話題提供及び交流会

 

◆2019年11月15日 ごみと持続可能性

ファシリテイター・講師:浅利美鈴(地球環境学堂/環境教育論分野/准教授)

「ごみと持続可能性」、「SDGsの基本的理解について」

 

「さすてな京都」及び施設見学:京都市南部クリーンセンター第二工場は、バイオガス化施設や煙突展望台等を備えた焼却施設として、注目を集める。2019年10月に稼働した施設と併設の環境学習施設「さすてな京都」の見どころを一早く見学。https://sustaina-kyoto.jp/

 

「SDGs自分ごと化」プログラム:各社の活動や製品・サービスについて、他社からの参加者と組みになって、各ゴールのラベリングを実施。

新着情報

【京大!バイオスクープ file10】6月の木 キョウチクトウ

文責・清水 複雑な生態系を少しでも理解し、さまざまな自然を徹底的に究明したい京大!バイオスクープ。今回のご依頼はこちら「北部食堂の前に咲いている花って何?」 その答えはずばり、キョウチクトウ!!   キョウチク […]

学び 京大!バイオスクープ

2023.06.05

【京大!バイオスクープ file9】5月の昆虫 クルミホソガ

文責・近藤陽香 複雑な生態系を少しでも理解し、さまざまな自然を徹底的に究明したい京大!バイオスクープ。今回のご依頼はこちら「クルミの葉っぱについてるジカキムシって何の虫?」 さて、まずは皆さん、ジカキムシとは何かご存知で […]

学び 京大!バイオスクープ

2023.05.29

【6/1~6/24】オープンラボを4年ぶりに対面開催します!

6月の環境月間にちなんで毎年開催している、エコ~るど京大「初夏の陣」。 今年はオープンラボが対面で帰って来ます! 6月1日から数週間、京大生協ルネ1Fの一角にて、様々な分野の研究者が日々入れ替わり滞在!誰でも気軽にお話し […]

初夏の陣

2023年6月1日~2023年6月24日

2023.05.22

【京大!バイオスクープ file8】5月の野草 ヤハズエンドウ(カラスノエンドウ)

複雑な生態系を少しでも理解し、さまざまな自然を徹底的に究明したい京大!バイオスクープ。今回のご依頼はこちら「カラスノエンドウってなんでアブラムシがいっぱいつくのですか?」 確かに道端の野草を見てみると、明らかにカラスノエ […]

学び 京大!バイオスクープ

2023.05.22

ページの先頭へ