エコ~るど京大

全員参加型で環境負荷を低減する「持続可能なキャンパス」の実現を目指します

 » 日中青少年環境漫画交流プロジェクト

日中青少年環境漫画交流プロジェクト

2020.02.10

プラ

  1. 背景及び目的

気候変動や環境汚染、廃棄物問題など、国内外で地域・地球環境問題の懸念は絶えない。特に次世代は、危機意識を強くし、新たなムーブメントの火付け役となっている。

他方、例えば京都においては、外国人を含む観光客の急増やコミュニケーション不足、高齢化や世代間の断絶などにより、ごみの未分別や散乱、便利/安価な製品等の消費増加などの問題も起こっている。京都市は「始末の心得」として、環境配慮のポイントなどを伝える冊子(多言語版)を作成、配布しているが、十分に認知、浸透していない。本来、京都での滞在や暮らしは、始末の心を体験してもらう良い機会であり、また、文化交流を通じて次世代がつながることは、将来の大きな財産となるはずである。

そこで、次世代による環境漫画作品の募集、それら作品の展覧会を展開し、最初は、京都と北京を重点対象地区として、日中における環境配慮文化の交流や浸透・連携を図るプロジェクトを実施する。キャンペーンのマスコットキャラクターとしては「たぬき」を予定している。

  1. 企画概要

環境問題に関するテーマを毎年設定し、次世代から漫画を募集し、選考した上で、表彰を行う。テーマについて、しっかりと学習、熟考した上で、漫画にすることを奨励とする。作品は、日中の教育施設等で巡回展を行い、そこからの活動の浸透も図る。

なお、京都を中心に発行している「びっくり!エコ新聞」(十数万部発行)などで特集を組むほか、作品集の出版、日中の新聞や雑誌への掲載等も想定している。

 

3. テーマ

・2019-2020年 第一回 プラスチックごみ問題

・2020-2021年 第二回 観光ごみ問題(予定)

・2021-2022年 第三回 食品ごみ問題(予定)

 

4. 体制

◆主催:日中青少年環境漫画交流プロジェクト実行委員会

幹事:京都大学(窓口:浅利美鈴)、北京第二外国語大学(窓口:陶冶)

◆共催:(一社)びっくりエコ発電所、(一社)日中漫画学会 ほか

◆後援:京都市

◆協力・連携:国崎クリーンセンター啓発施設・ゆめほたる、陶冶文創 等

◆連携メデイア:中国教育部《神州学人》雑誌ほか

 

  1. 実施概要など

◆対象:学生(小中高、大学、専門学校等)

◆選考委員会(一部調整中)

日本側:高月紘先生(京都大学名誉教授、環境まんが家)

尾池和夫先生(京都大学第24代総長、京都造形芸術大学学長)

牧野圭一先生(日本漫画家学会常務理事)

竹宮恵子先生(京都精華大学教授)

京都大学の若手環境研究者

京都超SDGsコンソーシアムの専門実務者 等

中国側:陶冶先生(一般社団法人)日中漫画学会会長、漫画学者

北京第二外国語大学教授

楊玲先生(一般社団法人)日中漫画学会理事、

北京第二外国語大学日本語学院長、教授

黄頴先生 北京映画大学漫画研究科長、助教授、漫画家

刘瀟先生 漫画家、北京第二外国語大学客員教授

聶峻先生(一般社団法人)日中漫画学会理事、漫画家

林厚展先生(一般社団法人)日中漫画学会理事、陶冶文創取締役

雲昊先生(一般社団法人)日中漫画学会事務局長、漫画学者

菅田陽平先生 北京第二外国語大学専任講師

アカデミアより専門家、環境系の専門実務者 等

◆展示作品数:120点(中日各60点)

◆WEBサイト:https://eco.kyoto-u.ac.jp/

 

6. 募集要項

  • テーマについて、参考教材やサイト等にて、一定学習、熟考した上で、作品制作すること を推奨(質問なども歓迎)
  • 一コマ / コマ割りあり、新作 / 旧作、カラー / 白黒のいずれも可
  • 作品はデータにて提出ください
  • 画像ファイル形式:JPG、画素DPI=300以上、サイズ=A3
  • 作者の名前(必須)と作品紹介(任意)を明記すること
  • 質問及び投稿先(メール):日中環境漫画展係り中国:zrhbmanhua@163.com
  • 日本:ecocheck@eprc.kyoto-u.ac.jp
  • 問い合わせ(電話):日中環境漫画展係り中国:陶冶文創 雲昊 010-88511680 / 010-88515680
  • 日本:京都大学浅利研究室075-753-5922
  • スケジュール選考期間:2020 年 4月 21日~2020 年5月 15 日
  • 発表:2020年5月下旬
  • 作品募集締切:2020 年4 月 20 日
  • 作品の取り扱いについて、選考された作品の権利は、実行委員会に帰属するものとする。
  • 作品の発信について<参考>          北京第二外国語大学(フォーラムも同時進行)  京都市内各所
  • ★その後、日中それぞれの学校や教育機関等で巡回展示する。
  • 京都展 2020年6月初旬-6 月末(調整中)
  • 北京展 2020 年 6 月1日~6 月10日
  • 日中の教育施設等における巡回展、作品集の出版、SNS等による発信、京都を中心に発行している「びっくり!エコ新聞」(十数万部発行)等への掲載、日中の新聞や雑誌等への掲載、環境教育教材バンク化等を予定している。

新着情報

青稜中学校修学旅行生に講義をさせて頂きました.

2022年11月13日(日)に,京都大学吉田キャンパスにて,修学旅行で来られた青稜中学校(東京都)3年生約180名を対象に講義を実施させて頂きました. エコ〜るど京大成員3人(近藤,角本,島田)に拠る各30分のリレー講義 […]

中高生 学び

2022.11.25

NO PHOTO

京都市立安朱小学校のSDGs学習成果の発表・展示を12月に行います!

 京都市山科区安朱地域において、持続可能なまちづくりを目指して、京都市立安朱小学校(以下安朱小学校)と地域関係者(山科商店会、京都シティ開発(株)、ラクト山科入居事業者)、京都大学、京都超SDGsコンソーシアムらが連携し […]

地域 SDGs 学び

2022年12月1日~2022年12月20日

2022.11.20

SPARKU第3期 さすてな京都実地研修を開催しました!

京都大学SDGsリーダー育成プログラム(SPARKU)第3期の中高生9人が、2022年10月29日にさすてな京都で実地研修を行いました。今回の実地研修は「京の町とSDGs」をテーマに、主に廃棄物に関するSDGsの取組みを […]

中高生 SDGs SDGsリーダーズ育成

2022.11.12

【参加者募集】寄付で集まった着物の譲渡イベント“京北きものdays inことす”を開催します。

12月10日(土)・11日(日) 10:00〜16:00に、京都里山SDGsラボ「ことす」にて、寄付で集まった、家庭のタンスに眠っていた着物を新しい持ち主へと譲渡するイベントを行います。まだまだ着られる素敵な着物が沢山あ […]

暮らし 地域 お知らせ Kistory

2022年12月10日~2022年12月11日

2022.11.09

ページの先頭へ